トップページ > ヘルス > コンシューマーレポート9アトピー性皮膚炎の治療とケア実態

コンシューマーレポート9 アトピー性皮膚炎の治療とケア実態

乳幼児から成人までの
治療とケア内容を探る
コンシューマーレポート9
アトピー性皮膚炎の治療とケア実態

商品番号 K-084

価格230,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
皮膚アレルギーであるアトピー性皮膚炎は0〜3歳の乳幼児はもちろん、小中学生から最近は20歳以上の成人型アトピー性皮膚炎の患者が増加している。厚労省のデータによれば、0〜4歳時で3割強、5〜9歳で26%、10〜14歳で2割強と、成長とともに徐々に解消する傾向はみられるものの、そのままアトピー症状が思秋期、成人になっても解消されない人も多い。
一方で小さいことに何の症状もなかった人が20歳をすぎて突然アトピー性皮膚炎を発症するケースも増えている。こうした発症の原因のひとつとして、学校や会社のストレス、食生活の欧米化、加工食品を摂取する機会が増えたことが関係しているとの意見もある。
当該資料では、乳幼児から成人までのアトピー性皮膚炎の経験者400人に対して、(1)現状の疾患状況、(2)治療とケアの実態等を探ることで今後のマーケティングデータとして刊行する。

調査方法
アンケート用紙による留置・自記入
弊社モニターより抽出
サンプル数400(アトピー性皮膚炎疾患者)
エリアは近畿在住者



目次

調査概要
 
被験者特性

分析編
1.アトピー疾患の実態
1)発症部位と重症部位
2)症 状
3)発症シーズン
4)症状悪化の原因
5)発症年齢と期間
2.アトピーの治療と予防
1)治療経験
2)処方薬の治療
3)処方薬名
3.治療の効果
4.処方薬の副作用
5.普段のアトピー対策
6.今後のアトピー対策

集計編
1.アトピー発症の部位
1)全 体
2)男女・通院状況別
3)世代別
2.重疾患の部位
1)全 体
2)世代別
3.アトピー部位の症状
1)全 体
2)部位別
3)男女別
4)世代別
4.かゆみの状態
1)全 体
2)男女別
3)世代別
5.アトピー発症年齢
1)全 体
2)男女別
3)世代別
6.疾患期間
1)全 体
2)男女別
3)世代別
7.発症期間
1)全 体
2)世代別
8.症状悪化の要因
1)全 体
2)世代別
3)男女別
9.通院状況
1)全 体
2)世代別
10.処方薬の種類
1)全 体
2)部位別
3)症状別
11.病院の処方薬名(塗り薬)
1)全 体
2)世代別
3)男女別・通院状況別
12.病院の処方薬(飲み薬)
1)全 体
13.処方薬の使用期間
1)塗り薬
2)飲み薬
14.処方薬の効果
1)全 体
15.処方薬の発現日数
1)全 体
16.処方薬の副作用の有無
1)全 体
17.処方薬の副作用内容
1)全 体
18.処方薬使用上の心配事
1)全 体
19.市販薬(漢方薬)の使用経験
1)全 体
2)世代別
3)通院状況別
20.使用経験のある市販薬
1)全 体
21.市販薬の効果
1)全 体
22.健康食品の使用経験
1)全 体
2)世代別
23.摂取したことのある健康食品
1)全 体
24.健康食品の効果
1)全 体
25.アトピー対策の有無
1)全 体
2)世代別
26.アトピー対策用品
1)全 体
27.アトピー対策品の商品名
1)全 体
28.アトピー対策品の使用期間
1)全 体
29.アトピー対策品の使用頻度
1)全 体
30.今後のアトピー疾患への対応
1)全 体
2)男女別
3)世代別
4)通院状況別


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2005年5月30日
頒価:230,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。