トップページ > ビューティー > 美容食品・飲料 > 2013年 美容食品の市場分析調査―内外美容戦略が高度化する美容食品市場―

2013年 美容食品の市場分析調査

2013年 美容食品の市場分析調査

―内外美容戦略が高度化する美容食品市場―

商品番号 mr110130107

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆美容食品市場は、“内外美容”の浸透や“アンチエイジング”意識の高まりに伴い、ここ数年右肩上がりで成長を続けている。2012年度もサプリメント分野が牽引する形で、引き続き堅調に推移する結果となった。

◆主要各社の商品開発については、女性の多岐にわたる美容ニーズを受け、サプリメントからスティックゼリー、菓子類にまで広がりを見せている。成分としては、コラーゲンやプラセンタなどの美肌成分を中心にレスベラトロールなどの老化防止成分の開発が活発化。また、ブランノール(ポーラ)やパセノール(森永製菓)など、独自成分の開発に乗り出す企業も多く見られるなど、成分の多様化が進んでいる。

◆販売面では、通販や薬系ルートでの展開が主体となっている。各社においては、カウンセリングによる化粧品と美容食品の併用を促すなどの“内外美容戦略”に注力するメーカーが増加している。

◆当資料は、こうした背景を受けて女性の美容を訴求した食品をサプリメント、スティックゼリー、菓子・加工食品に分類。さらに美肌、老化防止、美白、冷え改善の4種類の効果・目的別に分類し、今後拡大が予想される成分についても実査。美容食品市場を多角的な視点から調査・分析を行っている。

目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査対象範囲
 1)美容食品の分野別分類
 2)美容食品の効果・目的別分類
 3)美容食品の主要成分別分類
 4)調査対象企業
2.美容食品の市場概要
3.主要各社の参入動向
 1)主要各社の参入時期
 2)主要各社の参入動向
4.美容食品の商品展開状況
 1)分野別アイテム数
 2)効果・目的別アイテム数
 3)成分別アイテム数
 4)新商品の展開状況
5.美容食品の市場分析
 1)分野別市場規模
 2)成分別市場規模
 3)効果・目的別市場規模
 4)メーカー別市場構成
 5)ブランド別市場構成
 6)チャネル別市場構成
6.美容食品の販売方法及び販促活動
 1)美容食品の販売チャネル
 2)主要各社の販促策
7.主要企業の内外美容戦略
 1)内外美容ブランドの展開状況
 2)内外美容ブランドの売上内訳
8.美容食品の商品政策
 1)商品化の方向性
 2)メーカー別商品展開状況
9.新素材の開発動向
10.今後の市場見通しと展開
 1)分野別
 2)主要メーカーの今後の展開

【個別企業編】
1.HRK
2.アサヒフードアンドヘルスケア
3.オルビス
4.カネボウ化粧品
5.キューサイ
6.協和
7.サニーヘルス
8.資生堂
9.ディーエイチシー
10.ナリスアップコスメティックス
11.ノエビア
12.ファンケル
13.富士フイルム
14.ポーラ
15.明治

個別企業編調査内容(各社共通)
1.企業概要
2.美容食品事業の変遷
3.商品分析
 1)商品一覧
 2)分野別アイテム数
 3)効果・目的別アイテム数
 4)成分別アイテム数
4.売上分析
 1)分野別売上高
 2)主要成分別売上高
 3)効果・目的別売上高
 4)チャネル別売上高
5.商品政策
 1)美容食品の商品特性
 2)内外美容ブランドの展開状況
6.販売方法と販売促進策
 1)販売方法
 2)販売促進策
7.今後の市場見通しと展開

【簡易個表編】
1.アース・バイオケミカル
2.エーザイ
3.興和
4.日本メナード化粧品
5.ロッテ健康産業

資料体裁:A4判 120頁
発 刊 日:2013年6月28日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。