トップページ > ビューティー > 美容食品・飲料 > 2016年 ビューティーケアドリンクマーケティングデータ―女性を狙え!美肌訴求に次ぐキーワードは“ストレス対策”“アンチエイジング”!!―

2016年 ビューティーケアドリンクマーケティングデータ―女性を狙え!美肌訴求に次ぐキーワードは“ストレス対策”“アンチエイジング”!!―

2016年 ビューティーケアドリンクマーケティングデータ

―女性を狙え!美肌訴求に次ぐキーワードは“ストレス対策”“アンチエイジング”!!―

商品番号 mr120160301

価格55,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
※本資料では、郵送による試読を受け付けておりません。予めご了承ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

>>>市場編サンプル

>>>消費者調査編サンプル

>>>商品データサンプル

>>>売上データサンプル

概要
【調査主旨】
◆“ビューティーケアドリンク”とは、女性をメインターゲットとし、美肌などの美容効果が期待できる清涼飲料、薬系栄養ドリンクのことを指している。近年、ビューティーケアドリンク市場は、高まる美容志向と商品の多様化により年々拡大傾向にある。2015年度の同市場は、前年比5.7%増の1,468億円となった。機能素材系の商品を中心に清涼飲料が伸長しており、薬系栄養ドリンクのマイナスをカバーした。

◆同市場を効果・目的別にみると、美肌カテゴリーが半数以上を占めており、年々規模は拡大傾向にある。同カテゴリーは、主要成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などの認知度が上がっており、高品質タイプの商品を中心に好調に推移した。また、老化防止カテゴリーも天然由来系の商品が好調に推移して、年々増加している。具体的には、ここ数年アサイーやアーモンドの抗酸化作用が浸透しており、これらを使用した商品の投入が活発化していることが要因として挙げられる。

◆2016年度のビューティーケアドリンクの市場規模は、前年比3.5%増の1,519億5,000万円となる見込み。機能素材系の商品を中心に清涼飲料から、新商品と新ブランドが多数上市されており、引き続き清涼飲料が市場全体を牽引すると見られる。効果・目的別にみると、ほとんどのカテゴリーが伸長する見通しである。特に、2015年12月に施行された「ストレスチェック制度」により、ストレスに対する関心度が高まっており、関連性のある抗疲労とリラックスカテゴリーの規模が拡大すると見られる。また、高まるアンチエイジング志向との相乗効果で、老化防止カテゴリーも好調であると予測される。

◆当資料では、今後も拡大が期待されるビューティーケアドリンク市場に注目。飲料メーカーと乳業メーカーを中心に清涼飲料にスポットを当て、種類別、効果・目的別、ブランド別などに細かく分類し調査・分析を行っている。合わせて、ビューティーケアドリンクに関する消費者調査を実施。ここ1年での消費者の具体的な商品の飲用実態と購入チャネルを分析している。今後の市場性や商品開発、新規参入の一助となるデータとして提案する。

【調査対象企業】
<飲料メーカー>
 ☆サントリー食品インターナショナル
 ☆ポッカサッポロフード&ビバレッジ
 ☆伊藤園
 ☆アサヒ飲料
 ☆キリンビバレッジ
 ☆カゴメ
 ☆ヤクルト本社
<乳業メーカー>
 ☆明治
 ☆森永乳業
 ☆江崎グリコ
<食品メーカー>
 ☆ハウスウェルネスフーズ
<製薬メーカー>
 ☆大塚ホールディングス

【納品形態】 PDFデータ納品


目次
【調査概要】
【市場編】
1.ビューティーケアドリンクの調査範囲
 1)種類別分類
 2)効果・目的別分類
 3)ビューティーケアドリンクの主要成分別分類
 4)調査対象企業
2.主要参入企業一覧
3.調査対象企業の商品展開状況
 1)種類別アイテム数
 2)効果・目的別アイテム数
 3)成分別アイテム数
 4)メーカー別アイテム数
4.調査対象企業における新商品発売状況(2015 年4 月以降に発売した商品)
 1)種類別アイテム数
 2)効果・目的別アイテム数
 3)成分別アイテム数
 4)メーカー別アイテム数
5.ビューティーケアドリンクの市場規模
 1)全体の市場規模推移
 2)種類別市場規模推移
 3)効果・目的別市場規模推移
 4)ブランド別市場規模推移
6.調査対象企業の種類別シェア
 1)全体
 2)機能素材系
 3)天然由来系
 4)高機能系
7.調査対象企業の効果・目的別シェア
 1)全体
 2)美肌
 3)抗疲労
 4)整腸
 5)老化防止
 6)血行促進
 7)リラックス
 8)ダイエット
8.調査対象企業の容器・容量別売上高
 1)容器別売上高推移
 2)容量別売上高推移
9.今後の市場規模予測と展開
 1)種類別市場規模予測
 2)効果・目的別市場規模予測
 3)商品化の方向性
 4)調査対象企業の今後の展開

【消費者調査編】
<調査方法>
<サンプル構成>
<質問項目>
<調査結果>
1.1 年以内に美容を意識して飲んだ清涼飲料(MA)
2.どのような効果を期待して飲用したのか(MA)
3.ビューティーケアドリンクの購入場所(SA)


資料体裁:PDFデータ
発 刊 日:2016年5月18日
頒  価:55,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。