トップページ > ビューティー > その他 > コンシューマーレポート84「顔の疲れ」の実態と対策化粧品のニーズ探索

コンシューマーレポート84 「顔の疲れ」の実態と対策化粧品のニーズ探索

「顔の疲れ」に悩む女性は7割!
予防・対策化粧品とは!?
コンシューマーレポート84
「顔の疲れ」の実態と対策化粧品のニーズ探索

商品番号 UR-001

価格230,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
最近、ストレスや慢性的な疲れなどから「顔の疲れ」を感じる女性が増えている。「顔の疲れ」は「目の下のクマ」や「くすみ」、「シワ」といった肌トラブルとしてあらわれるだけでなく、「顔色がさえない」「笑顔に元気がない」とみられるなど、相手に悪い印象を与えてしまう場合がある。
当該調査では、20歳以上の女性を対象に(1)「顔の疲れ」の実態(2)「顔の疲れ」対策化粧品の使用実態と評価(3)「顔の疲れ」の予防や対策方法(4)「顔の疲れ」対策化粧品に今後期待する効果、などを実査・分析し、今後の「顔の疲れ」対策化粧品のニーズを探っている。

調査方法
Webアンケート調査
アンケート用紙(A4判7枚)による調査
調査エリア 全国
対象年齢  20歳代〜50歳代の女性
有効サンプル 600人

目次
被験者特性
     
分析編     
1.「顔の疲れ」の実態と症状
2.「顔の疲れ」を感じる部位および「顔の疲れ」からくる肌トラブル
3.他人からみた「疲れ顔」
4.「顔の疲れ」を感じる時間帯・シーンおよび解消日数
5.「顔の疲れ」の原因
6.「顔の疲れ」の予防や対策
1)スキンケア商品による対策とその効果
2)メイクアップ商品による対策とその効果
7.「顔の疲れ」の今後の予防や対策
1)スキンケア商品による今後の対策意向
2)メイクアップ商品による今後の対策意向
8.今後「顔の疲れ」対策化粧品で改善したい症状および期待する効果

集計編     
1.「顔の疲れ」を感じることがあるか(SA)
2.「顔の疲れ」を感じる症状(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
3.「顔の疲れ」を感じる部位(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
4.「顔の疲れ」からくる肌トラブル(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
5.「顔の疲れ」を感じる時間帯(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
6.「顔の疲れ」に気づくシーン(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
7.「顔の疲れ」の原因(その1)(MA)
1)全体
2)年代別
3)職業別
8.「顔の疲れ」の原因(その2)(MA)
1)全体
2)年代別
3)職業別
9.「顔の疲れ」の症状の解消日数(SA)
10.「顔の疲れ」を感じる頻度(SA)
11.「顔の疲れ」を感じるようになった年代(SA)
12.「顔の疲れ」の予防や対策の有無(SA)
13.「顔の疲れ」に対する予防や対策の内容(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
14.「顔の疲れ」対策として使用経験のあるスキンケア商品(MA)
1)全体
2)年代別
15.使用経験のあるスキンケア商品(MA)
16.「顔の疲れ」対策として使用経験のあるメイクアップ商品(MA)
1)全体
2)年代別
17.使用経験のあるメイクアップ商品(MA)
18.「顔の疲れ」に対するスキンケアやメイクの頻度(SA)
19.「顔の疲れ」の症状に対するスキンケアの効果(SA)
20.スキンケアの具体的な効果内容(MA)
21.「顔の疲れ」の症状に対するメイクの効果(SA)
22.メイクの具体的な効果内容(MA)
23.「顔の疲れ」の症状と肌トラブルとの相関(SA)
24.他人から「疲れた顔をしている」と言われたことがあるか(SA)
25.他人を見て「疲れた顔をしている」と感じたことがあるか(SA)
26.他人を見て「疲れた顔をしている」と感じる点(MA)
1)全体
2)年代別
3)職業別
27.今後「顔の疲れ」を気にするか(SA)
28.「顔の疲れ」に対する今後の予防や対策意向(SA)
29.「顔の疲れ」に対する今後の予防や対策内容(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
30.「顔の疲れ」対策スキンケア商品への今後の興味(SA)
31.「顔の疲れ」対策メイクアップ商品への今後の興味(SA)
32.「顔の疲れ」対策スキンケア商品への今後の使用意向(SA)
33.今後「顔の疲れ」対策スキンケア商品を試したくない理由(MA)
1)全体
2)年代別
34.「顔の疲れ」のために試したいスキンケア商品(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
35.「顔の疲れ」対策メイクアップ商品への今後の使用意向(SA)
36.今後「顔の疲れ」対策のメイクアップ商品を試したくない理由(MA)
1)全体
2)年代別
37.「顔の疲れ」のために試したいメイクアップ商品(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
38.今後、化粧品で改善したい「顔の疲れ」の症状(MA)
1)全体
2)年代別
3)肌質別
39.化粧品に期待する「顔の疲れ」への効果作用(MA)
1)全体
2)年代別
3)職業別

調査票


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2008年10月28日
頒価:230,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。