トップページ > ビューティー > その他 > コンシューマーレポートNo.263顔の疲れのインナーニーズ調査―メイクではカバーできない「顔の疲れ」は仕事にも影響!今後のニーズはインナーケア商品にあり―

コンシューマーレポートNo.263顔の疲れのインナーニーズ調査―メイクではカバーできない「顔の疲れ」は仕事にも影響!今後のニーズはインナーケア商品にあり―

コンシューマーレポートNo.263
顔の疲れのインナーニーズ調査

―メイクではカバーできない「顔の疲れ」は仕事にも影響!今後のニーズはインナーケア商品にあり―

商品番号 cr220180373

価格360,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、働く女性を対象にした「顔の疲れ」のインナーニーズを探るアンケート調査を実施した。対象は、「現在働いており(パート・アルバイト、派遣社員のぞく)『顔の疲れ』を感じることがあり、美容・健康関連商品を摂取している」30代〜50代女性620名である。なお、上記対象者を抽出するにあたり、事前に2万人を対象とした予備調査を行い、人口構成比で回収している。

◆「顔の疲れ」を周囲から指摘されたことのある女性の9割以上が、自分自身の「顔の疲れ」を自覚していた。自分自身で「顔の疲れ」を感じる症状としては、“目周辺”や“顔色”、“老化”などが上位に挙がっている。また、「顔の疲れ」の原因としては、「精神的ストレス」、「睡眠不足」が大きく、“肉体的”な原因よりも“精神的”な原因が「顔の疲れ」を引き起こしていると考えている女性が多い。

◆「顔の疲れ」を感じるシーンとしては、「仕事終わりの夕方」が最も多かった。さらに、顔に疲れがあると仕事に影響するという女性が7割、人にみられたくないという女性が9割いることから、「顔の疲れ」は“仕事”への影響が大きいといえる。

◆実際の「顔の疲れ」対策としては、「顔の疲れ」を意識した対策を行っている女性は3割強と「体の疲れ」を意識した対策を行っている人に比べ少なかった。「顔の疲れ」対策としては、“化粧品”や“サプリメント”を使用している人が多く、その効果度合いも6割前後と高くなっている。ただし、“化粧品”は「顔の疲れをメイクでカバーするのは難しい」との不満も強くなっている。

◆今後のニーズとしては、「睡眠」の次に「サプリメント摂取」の意向が高くなっている。また、商品コンセプトとしては「肌のハリ・ツヤを上げる」、「血流をよくする」ことを訴求した“添加物無添加”サプリメントなどのインナーケア商品が求められており、「『顔の疲れ』はメイクではカバーできない」と感じている女性に特に有効であるといえる。

◆当レポートでは、「顔の疲れ」の実態やインナーケア、スキンケアの評価、さらに、今後のスキンケア、インナーケアのコンセプトなどを詳細に分析している。また、「ワーキングシングル」や「DINKS」などタイプ別、さらに、「管理職」、「営業職」など職種についても分析している。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:現在働いており(パート・アルバイト、派遣社員のぞく)『顔の疲れ』を感じることがあり、美容・健康関連商品を摂取している30〜50代女性620名
   (30〜50代女性20,000名から抽出)

【調査内容】
1. 「顔の疲れ」の実態
2. 「顔の疲れ」の対策
3. 「顔の疲れ」対策の評価
4. 今後のニーズ

【調査実査日】
2018年5月24日〜5月26日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1 「顔の疲れ」の実態
2 「顔の疲れ」対策と不満点
3 「顔の疲れ」対策商品の商品像

■集計編
1 「顔の疲れ」の指摘度合(SA)
2 「顔の疲れ」の自覚度合(SA)
3 周囲の女性の「顔の疲れ」有無(SA)
4 「顔の疲れ」を感じる表情(MA+SA)
5 「顔の疲れ」を感じる症状(MA+SA)
6 「顔の疲れ」の印象(MA+SA)
7 「顔の疲れ」と体や見た目の関連(SA)
8 自身の「顔の疲れ」の気づき(MA)
9 自身の「顔の疲れ」を感じる症状(MA)
10 「顔の疲れ」の原因(MA)
11 「顔の疲れ」「体の疲れ」の頻度(SA)
12-1 「顔の疲れ」「体の疲れ」のシーン(MA)
12-2 「顔の疲れ」のシーン(MA)
12-3 「体の疲れ」のシーン(MA)
13 「顔の疲れ」が出やすい時(MA)
14 「顔の疲れ」「体の疲れ」対策(SA)
15-1 対策内容(MA)
15-2 「顔の疲れ」の対策内容(MA)
15-3 「体の疲れ」の対策内容(MA)
16-1 対策商品の成分(MA)
16-2 「顔の疲れ」の対策成分(MA)
16-3 「体の疲れ」の対策成分(MA)
17 「顔の疲れ」の化粧品対策(MA)
18 「顔の疲れ」対策化粧品のタイプ(MA)
19 「疲れ」対策の効果度合(SA)
20 「顔の疲れ」対策の不満点(MA)
21 「顔の疲れ」の対策意向(MA)
22 「顔の疲れ」対策の頻度(SA)
23 今後のインナーケアの摂取シーン(MA)
24 魅力的なインナーケアの訴求(MA+SA)
25 摂取したいインナーケアの成分(MA)
26 インナーケアのコンセプト(MA)
27 スキンケアの魅力的な成分(MA)
28 スキンケアのコンセプト(MA)
29 顔の疲れがない時の印象(MA+SA)
30 憧れの自分(MA+SA)
31-1 使用しているスキンケアアイテム
31-2 使用しているメイクアイテム
32 インナービューティの摂取経験・意向

■調査票


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2018年6月29日
頒価:360,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。