トップページ > ビューティー > 戦略 > 2011年 化粧品企業のアジア戦略調査生き残りを賭けたアジア進出、富裕層・中間層の獲得競争が激化

2011年 化粧品企業のアジア戦略調査

2011年 化粧品企業のアジア戦略調査

生き残りを賭けたアジア進出、富裕層・中間層の獲得競争が激化

商品番号 mr0100046

この資料は、製本版完売のためPDF版となります。

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
アジア地区(対象国・地域)の化粧品市場は、2009年度で2兆7,946億円となっている。同地区では高い経済成長を背景に、多くの国々が現地通貨ベースで2桁増の好成長を遂げている。
なかでも、中国は沿岸地域における富裕層や地方小都市・農村部における中間所得者層が増加しており、資生堂やコーセー、カネボウ化粧品などの大手各社がこれらの層の開拓と獲得に一層注力している。
具体的には、高〜低価格帯の製品を展開することに加え、生産能力・R&Dの強化や現地専用ブランドの導入など積極的な投資が盛んである。また、生き残りを賭けてジュジュ化粧品やちふれ化粧品などの中小企業も中国に相次いで参入している。さらに、L’OrealやP&Gなどの欧米企業がネット通販に注力するなか、2010年にはコーセーやJIMOS、富士フィルムなども中国のネット通販に参入している。
このほか、現在の市場規模は小さいものの、若年層が多いベトナムやインドネシアなどが有望市場として注目されている。ベトナムでは、資生堂が2008年に工場を設け、コーセーも工場新設を計画。また、インドネシアではロート製薬が2009年にスキンケア製品生産ラインを新設するなど、同国と他のアジア地区で高まる需要に対応した動きが見られる。
当資料では、アジア地区における化粧品の市場分析のほか、日系企業および欧米企業の展開ブランド、生産・販売状況などの事業戦略について調査・分析し、今後のアジア市場攻略の一助とする。

目次
総市場編
1.対象地域の概況
1)地域定義
2)商品定義
3)参入企業の特性
4)対象国・地域の為替レート推移
2.化粧品市場の市場規模
1)国別市場規模
2)分野別市場規模
3)企業別売上高
4)ブランド別売上高
3.事業拠点

市場編・中国
1.中国の化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

市場編・台湾
1.台湾の化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

市場編・韓国
1.韓国の化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性44

市場編・タイ
1.タイの化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

市場編・インドネシア
1.インドネシアの化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

市場編・ベトナム
1.ベトナムの化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3)ブランド別売上高
3.各社の拠点
1)参入経緯
2)事業拠点地域および拠点内容
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

市場編・ミャンマー
1.ミャンマーの化粧品市場概況
2.化粧品市場の市場規模
1)分野別市場規模
2)企業別売上高
3.各社の参入経緯
4.ブランド展開
1)最近の動向
2)ブランド一覧
5.販売方法
6.今後の市場性

個別企業編
<日系企業>
株式会社資生堂
株式会社コーセー
花王株式会社
株式会社カネボウ化粧品
ライオン株式会社
株式会社ファンケル
株式会社マンダム
ロート製薬株式会社
株式会社ドクターシーラボ
株式会社ノエビア
株式会社ディーエイチシー
日本メナード化粧品株式会社
株式会社ミルボン
株式会社ポーラ
オルビス株式会社
その他のアジア進出企業
(JIMOS、富士フィルム、新日本製薬、ウテナ、ハーバー研究所、ジュジュ化粧品、山田養蜂場、
ちふれ化粧品、桃谷順天館、長瀬産業、ココカラファイン・ホールディングス)

<欧米企業>
TheProcter&GambleCompany
L’Oreal
UnileverPLCLondon

個別企業の調査項目
(各企業共通) ※一部異なる
1.アジア地区での事業展開
1)拠点地
2)関連企業
2.アジアでの主な展開ブランド
3.アジア地区の売上高
1)国別売上高
2)分野別・ブランド別売上高
4.販売方法
5.今後の方向性

資料体裁:コピー製本A4判195頁+CD-ROM版(PDF収録)
発刊日:2011年01月11日
頒 価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。