トップページ > ビューティ > 2014年 化粧品素材の市場動向分析調査―サンスクリーン・抗老化素材を中心に高・多機能化が進行―

2014年 化粧品素材の市場動向分析調査―サンスクリーン・抗老化素材を中心に高・多機能化が進行―

2014年 化粧品素材の市場動向分析調査

―サンスクリーン・抗老化素材を中心に高・多機能化が進行―

商品番号 mr410140171

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆2013年度の化粧品素材市場は、前年度比3.2%増で拡大している。主力メーカーが化粧品素材事業を強化していることに加え、海外での展開も加速させたことで前年度を上回っている。2014年度(見込)も、需要が拡大する新興国を中心とした海外市場の開拓に加え、インフラを整えることで増加推移を維持する見通し。

◆同市場は、化粧品市場での安全・安心志向の高まりを背景に、天然由来の原料、特に植物由来の製品が人気を集めている。また、化学合成の製品についても、低刺激な洗浄成分などが増加している。

◆機能面では、引き続き抗老化素材が増加。“幹細胞コスメ”をはじめとする肌再生を謳った化粧品ブームで、細胞そのものに働きかける素材の開発が進んでいる。

◆また、紫外線の有害性に対する意識の深化やPA値の基準拡大を受けて、高SPF・PA値の紫外線防御剤が増加。このほか、近年のノンシリコンブームで、シリコン代替品が注目を集めている。

◆当資料では、主力メーカーが強化する化粧品素材市場について、販売高を由来別、分野別に算出するとともに、新素材の開発を中心とした近年の開発動向を明らかにしている。


★調査対象:化粧品・医薬部外品原料
★調査対象分野:スキンケア(UV、ボディケア含)、ヘア関連、ベースメイク、ポイントメイク


目次
【調査概要】
【市場編】
1.化粧品素材の調査対象範囲
2.化粧品素材の市場規模
 1)総市場規模推移
 2)由来別市場規模推移
 3)分野別市場規模推移
 4)企業別市場規模推移
 5)主要素材の市場規模推移
3.配合製品の市場規模推移
4.注目新素材の開発動向
 1)新規化粧品素材の由来別開発動向
 2)新規化粧品素材の機能別開発動向
5.美白素材分析
 1)メラニン生成のプロセスと美白アプローチ
 2)主な美白素材のアプローチ分析
 3)美白素材の開発経緯
 4)主な美白訴求素材一覧
 5)配合ブランド分析
6.抗老化・保湿素材分析
 1)老化(エイジング)要因と抗老化アプローチ
 2)主な抗老化素材のアプローチ分析
 3)抗老化素材の開発経緯
 4)主な抗老化・保湿訴求素材一覧
 5)配合ブランド分析
7.ヘア関連素材分析
 1)化粧品素材のヘアケアアプローチ
 2)主なヘアケア素材のアプローチ分析
 3)主なヘアケア素材一覧
 4)配合ブランド分析
8.日焼け止め素材分析
 1)日焼けのメカニズムと紫外線防御アプローチ
 2)紫外線防御剤の分類
 3)主な日焼け止め素材一覧
 4)配合ブランド分析
9.今後の展開
 1)化粧品素材の今後の市場性
 2)主要18社の今後の展開

【個別企業編】
◆日油株式会社
◆高砂香料工業株式会社
◆BASFジャパン株式会社
◆日本精化株式会社
◆日清オイリオグループ株式会社
◆一丸ファルコス株式会社
◆丸善製薬株式会社
◆クローダジャパン株式会社
◆エボニック ジャパン株式会社
◆堺化学工業株式会社
◆昭和電工株式会社
◆オリザ油化株式会社
◆片倉チッカリン株式会社
◆東洋紡株式会社
◆株式会社ADEKA
◆川研ファインケミカル株式会社
◆東邦化学工業株式会社
◆テイカ株式会社

―調査項目〈各社共通〉―
1.企業概要
2.製品展開状況
3.化粧品素材の売上高
 1)由来別売上高推移
 2)分野別売上構成
4.新素材の開発動向
5.今後の展開

資料体裁:A4判 144頁
発 刊 日:2014年7月24日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。