トップページ > ケミカル > アグリ・バイオ > 2014年 植物工場の実態と市場予測―新規参入が活発化する植物工場ビジネスの現状と将来性を探る―

2014年 植物工場の実態と市場予測―新規参入が活発化する植物工場ビジネスの現状と将来性を探る―

2014年 植物工場の実態と市場予測

―新規参入が活発化する植物工場ビジネスの現状と将来性を探る―

商品番号 mr410140174

Output Image

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆植物工場ビジネスは成長産業である。2009年に経済産業省及び農林水産省による予算面での支援を契機として2014年現在も注目を浴びている。中でも大手・中小含む様々な業種・業界からの参入が顕著となっている。こうした背景から、ここ数年市場規模も好調に拡大しており、植物工場システムの市場規模は2013年度で前年比60.2%増の288億2,300万円となった。

◆参入各社は三菱化学や三菱樹脂アグリドリームを筆頭に丸紅、昭和電工、大和ハウス工業、みらい等電機、化学、住宅・建設、商社、ベンチャーなど多業界にわたる。また、富士通、日清紡ホールディングス、東芝、キユーピー、日立製作所、シャープ等の大手企業も大学や企業間での連携を図りながら、植物工場ビジネスに取り組んでいる。さらに、資生堂や田辺三菱製薬のように各主力事業(化粧品、製薬)での効率的な推進に向けて植物工場を活用する例も見られる。

◆今後も植物工場ビジネスは、安全・安心や栄養面、効率面での意識を踏まえた食に対する価値観の多様性の変化を受け、成長が望まれる。

◆本調査レポートでは植物工場ビジネスの中でもシステム(装置、施設等)を対象としている企業に焦点を当てた調査・分析を行っている。さらに、同ビジネスの市場や将来予測、新規参入企業の動向も記載している。


【調査対象】
植物工場システム(完全人工光型、太陽光利用型)


目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査対象範囲
2.市場概況
3.主要各社の植物工場システム一覧
4.主要各社の植物工場資材の調達状況
5.市場規模分析
 1)全体
 2)タイプ別
 3)メーカー別
6.主要各社の販売実態
 1)販売ルート
 2)導入企業一覧
7.植物工場に関するR&D推進状況
 1)研究開発成果一覧
 2)特許公開一覧
 3)外部連携状況
8.主要各社の海外展開状況
 1)地域別展開状況
 2)形態別展開状況
9.今後の市場予測
 1)市場規模推移
 2)各社の今後の取り組み

【個別企業編】
◆アグリウェーブ
◆アルミス
◆ifD
◆エスペックミック
◆キーストーンテクノロジー
◆昭和電工
◆大和ハウス工業
◆西松建設
◆日本アドバンストアグリ
◆日本グリーンファーム
◆丸紅
◆三菱化学
◆三菱樹脂アグリドリーム
◆みらい

―調査項目〈各社共通〉―
1.企業概要
2.植物工場市場への参入変遷
3.植物工場システム一覧
4.植物工場システムの資材調達状況
5.植物工場事業売上高
 1)全体
 2)タイプ別
 3)業種・業態別
 4)導入企業一覧
6.植物工場に関するR&D推進状況
 1)研究開発成果
 2)特許公開状況
 3)外部との連携状況
7.海外展開状況
8.今後の事業戦略

【簡易個表編(企業)】
◆富士通
◆日清紡ホールディングス
◆東芝
◆キユーピー
◆日立製作所
◆シャープ
◆スプレッド
◆大戸屋ホールディングス
◆井関農機
◆村上農園
◆王子グリーンリソース
◆オリックス
◆JFEエンジニアリング
◆岩崎電気
◆東神電気
◆OATアグリオ
◆スタンレー電気
◆リバネス
◆菱江化学

【簡易個表編(企業)】
◆田辺三菱製薬
◆ローム
◆資生堂
◆インターナショナリー・ローカル
◆JRとまとランドいわきファーム
◆オリンピア照明
◆山善
◆旭化成ホームズ
◆奈良交通
◆センコー

【簡易個表編(大学・自治体)】
◆大阪府立大学
◆千葉大学
◆愛媛大学
◆信州大学
◆東京農工大学
◆明治大学
◆琉球大学
◆島根大学
◆石巻市
◆地方独立行政法人青森県産業技術センター


資料体裁:A4判 100頁
発 刊 日:2014年9月26日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。