トップページ > ケミカル > アグリ・バイオ > 2020年 アジアの農薬市場動向分析調査―急成長のインド、農薬大国の中国を含むアジア7ヶ国の市場性を探る―

2020年 アジアの農薬市場動向分析調査―急成長のインド、農薬大国の中国を含むアジア7ヶ国の市場性を探る―

2020年 アジアの農薬市場動向分析調査

―急成長のインド、農薬大国の中国を含むアジア7ヶ国の市場性を探る―

商品番号 mr410200508

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆世界的な人口増加が続く中、作物の生産効率向上を目的として、世界的にも農薬のニーズはますます高まってきている。近年では、蝗害(バッタが数億匹以上大量発生し、農地を襲来。農作物を食い荒らし、深刻な食糧不足を引き起こすこと)などが問題となっており、農薬および農薬メーカーの使命は今後、一層大きくなっていくものとみられる。

◆アジア対象7ヶ国(インド、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、韓国、中国)における2018年度の農薬市場規模は、前年度比1.2%増の約1兆2,800億円で推移した。特に成長著しいインドや市場規模の大きい中国が市場を牽引している。今後もアジアの農薬市場は、人口増加による食料需要増を背景に成長していくことが予想される。

◆そうした中、大手農薬メーカーはアジア事業を積極的に展開している。例えば、日本農薬は、2017年にベトナムのホーチミンに現地法人「Nichino Vietnam Co., Ltd.」を設立し、アジア基盤の強化を図った。また、住友化学は、2018年にインドの子会社2社(住友化学インド社、Excel Crop Care)の合併を行った。同社は、インドを高成長する農薬市場と捉え、同社が持つ豊富な製品群や販売網を駆使し、インド国内の農薬リーディングカンパニーを目指していく方針である。

◆当資料では、アジア7ヶ国(インド、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、韓国、中国)を対象に、各国の農薬市場動向を調査・分析。また、主要企業の製品展開、主要拠点、農薬売上規模、事業推進体制、今後の方向性などについてレポートしている。今後のアジア農薬事業における事業戦略データの一助となれば幸いである。

【調査対象地域】
インド、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、韓国、中国

【調査対象商品】
殺虫剤、殺菌剤、除草剤

【調査期間】
2019年11月〜2020年4月


目次
【調査概要】
【総市場編】
1.調査対象概要
 1)調査対象国
 2)製品定義
 3)調査対象企業
 4)調査方法
 5)為替レート
2.アジア対象地域における農薬市場規模推移
 1)国別市場規模
 2)国別ポジショニング
 3)種類別市場規模
 4)今後の市場予測

【国別市場編】
◆インド
1.インドの農薬市場概況
 1)インドの基礎概要
 2)インドにおける農薬登録制度
2.主要企業のインドにおける製品展開状況
3.インドでの農薬登録状況
4.インドにおける流通形態
5.インドの農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.インドにおける参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測
 2)主要各社の今後の戦略

◆タイ
1.タイの農薬市場概況
 1)タイの基礎概要
 2)タイにおける農薬登録制度
2.主要企業のタイにおける製品展開状況
3.タイでの農薬登録状況
4.タイにおける流通形態
5.タイの農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.タイにおける参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測

◆ベトナム
1.ベトナムの農薬市場概況
 1)ベトナムの基礎概要
 2)ベトナムにおける農薬登録制度
2.主要企業のベトナムにおける製品展開状況
3.ベトナムでの農薬登録状況
4.ベトナムにおける流通形態
5.ベトナムの農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.ベトナムにおける参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測

◆インドネシア
1.インドネシアの農薬市場概況
 1)インドネシアの基礎概要
 2)インドネシアにおける農薬登録制度
2.主要企業のインドネシアにおける製品展開状況
3.インドネシアでの農薬登録状況
4.インドネシアにおける流通形態
5.インドネシアの農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.インドネシアにおける参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測

◆マレーシア
1.マレーシアの農薬市場概況
 1)マレーシアの基礎概要
 2)マレーシアにおける農薬登録制度
2.主要企業のマレーシアにおける製品展開状況
3.マレーシアでの農薬登録状況
4.マレーシアにおける流通形態
5.マレーシアの農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.マレーシアにおける参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測

◆韓国
1.韓国の農薬市場概況
 1)韓国の基礎概要
 2)韓国における農薬登録制度
2.主要企業の韓国における製品展開状況
3.韓国での農薬登録状況
4.韓国における流通形態
5.韓国の農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.韓国における参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測

◆中国
1.中国の農薬市場概況
 1)中国の基礎概要
 2)中国における農薬登録制度
2.主要企業の中国における製品展開状況
3.中国での農薬登録状況
4.中国における流通形態
5.中国の農薬市場規模
 1)総市場規模・種類別市場規模
 2)メーカー別シェア(個別対象企業に限る)
6.農薬市場の主な参入企業
7.主要参入企業における農薬市場の主な沿革
8.中国における参入企業の概況
9.今後の市場性
 1)今後の市場予測
 2)主要各社の今後の戦略

【個別企業編】
<国内企業編>
◆石原産業
◆エス・ディー・エスバイオテック
◆クミアイ化学工業
◆住友化学
◆日産化学
◆日本曹達
◆日本農薬
◆三井化学アグロ

<グローバル企業編>
◆シンジェンタ
◆バイエルクロップサイエンス
◆BASF
◆コルテバ・アグリサイエンス

―調査項目〈各社共通〉―
1.企業概要
2.沿革(アジア)
3.アジア対象7ヶ国での主要製品展開
4.アジア対象7ヶ国での主要拠点
5.アジア対象7ヶ国における農薬売上高推移
6.アジア対象7ヶ国における事業推進体制
7.今後の方向性


資料体裁:A4判233頁
発刊日:2020年4月22日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。