トップページ > ケミカル > 戦略 > 2015年 環境ビジネスにおける注目企業の事業戦略調査―独自のターゲット戦略で成長市場に挑む主要各社の動向を探る―

2015年 環境ビジネスにおける注目企業の事業戦略調査―独自のターゲット戦略で成長市場に挑む主要各社の動向を探る―

2015年 環境ビジネスにおける注目企業の事業戦略調査

―独自のターゲット戦略で成長市場に挑む主要各社の動向を探る―

商品番号 mr410150260

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆2014年度の環境ビジネスは、26兆4,350億円となった。今回、対象とした13社の同ビジネスの総売上は、前年度比8.3%増の7,629億円となった。1社当たりは、約587億円の売上となる。領域別内訳では水処理が53.6%、廃棄物・リサイクルが35.2%、クリーンエネルギーが8.0%、土壌・大気浄化が2.2%、その他が0.9%となっている。

◆最近の環境ビジネスの動きとしては、新製品の販売や海外展開強化、新規プラント・設備の受注等の動きが活発である。オルガノでは、新規非塩素系酸化剤含有スライムコントロール剤の販売を開始。栗田工業については、中国現地の子会社を通じた周辺アジア国への水処理装置の製品出荷を開始した。また、JFEエンジニアリングは、バイオマス発電プラント設計・建設・調整及びバイオマス資源利活用施設の運営・整備事業を受注している。

◆2015年度では、各社商品の受注を軸に環境ビジネスの拡大を推進中。具体的には、タクマが国内企業向けのバイオマス発電設備を受注、神鋼環境ソリューションが基幹的設備改良工事の受注等を行い、更なる受注拡大に向け、取り組みを図っている。

◆本調査レポートでは、環境ビジネスを展開している注目メーカー13社を取り上げ、各社の環境ビジネス(土壌・大気浄化、水処理、廃棄物・リサイクル、クリーンエネルギー等)事業戦略について調査・分析を行っている。

【調査対象】
環境ビジネス(土壌・大気浄化、水処理、廃棄物・リサイクル、クリーンエネルギー等)


目次
【調査概要】
【総括編】
1.調査概要
 1)環境ビジネスの調査対象範囲
 2)環境ビジネスの概況
  @水処理関連
  A廃棄物・リサイクル関連
  Bクリーンエネルギー関連
 3)環境ビジネスに関連する主な法規制
2.製品・技術展開状況
3.環境ビジネスの市場規模
 1)全体
 2)領域別
4.調査対象企業の環境ビジネス売上高
 1)企業別売上構成
 2)領域別売上構成
  @全体
  A土壌・大気浄化
  B水処理
  C廃棄物・リサイクル
  Dクリーンエネルギー
5.事業ドキュメント動向
6.研究開発費
 1)全体
 2)領域別内訳
 3)環境ビジネス関連研究開発費ランキング
7.設備投資状況
 1)調査対象企業13社の設備投資額
 2)領域別内訳
8.今後の方向性

【個別企業編】
◆オルガノ
◆栗田工業
◆ササクラ
◆JFEエンジニアリング
◆神鋼環境ソリューション
◆水道機工
◆タクマ
◆タケエイ
◆月島機械
◆DOWAホールディングス
◆野村マイクロサイエンス
◆フジコー
◆前澤工業

―調査項目〈各社共通〉―
1.企業概要
2. 製品・技術展開状況
3. 事業推進体制
4. 売上高
 1)事業別売上構成
 2)領域別売上構成
 3)地域別売上構成
5. 事業展開
 1)近年の動き(2013年〜2015年)
 2)研究開発費
 3)設備の新設(2014年度決定済み案件に関する)
6. 今後の方向性

資料体裁:A4判 106頁
発 刊 日:2015年10月22日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。