トップページ > ケミカル > 2017年 界面活性剤の市場分析と各社の事業戦略―高機能・高付加価値製品が今後の需要開拓の鍵を握る―

2017年 界面活性剤の市場分析と各社の事業戦略―高機能・高付加価値製品が今後の需要開拓の鍵を握る―

2017年 界面活性剤の市場分析と各社の事業戦略

―高機能・高付加価値製品が今後の需要開拓の鍵を握る―

商品番号 mr410170345

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆2015年度の国内の界面活性剤市場は、前年度比2.0%減の2,364億円となった。市場が縮小した要因は、インバウンド需要といったプラス要因もあるものの、ナフサ価格下落や建材市場の市況悪化、需要先メーカーの海外生産移転が進行中といった点があげられる。その結果、主要各社の売上が減少推移したことが響いている。

◆2016年度(見込)は、引き続きインバウンド需要による香粧・生活関連の需要拡大が見込まれる。さらに高機能・高付加価値製品の展開が進んでいることから、増加推移する見通しとなっている。

◆高機能・高付加価値製品としては、複数の機能を両立した製品(抗菌機能のあるシャンプー・香粧品用の増粘剤)、従来機能を強化した製品(低刺激性のシャンプー・ボディソープ成分)、環境汚染物質を含んでいない製品の引き合いが活発。各社もこうした製品を積極的に展開している。

◆当資料では、界面活性剤の市場動向および種類別市場分析のみならず、国内主要企業の事業規模を用途別、種類別に算出している。さらに各社の研究開発動向や今後の展開なども明らかにしている。

【調査対象】
界面活性剤
◆陰イオン界面活性剤
◆陽イオン界面活性剤
◆両性界面活性剤
◆非イオン界面活性剤
◆その他界面活性剤

【調査期間】
2016年12月〜2017年3月


目次
【調査概要】
【市場編】
1.市場概要
 1)界面活性剤の調査対象範囲
 2)種類別界面活性剤の概要
 3)界面活性剤の機能・用途
2.主要参入企業概要
3. 主要各社の製品展開状況
4. 界面活性剤の市場規模
 1)総市場規模推移
 2)種類別市場規模推移
5. 企業別シェア
 1)全体
 2)種類別
6. 事業推進体制
 1)研究開発・生産体制
 2)海外展開状況
7. 研究開発動向
8. 今後の市場性
 1)今後の市場予測
 2)主な企業の今後の展開

【個別企業編】
◆日油株式会社
◆三洋化成工業株式会社
◆第一工業製薬株式会社
◆花王株式会社
◆東邦化学工業株式会社
◆新日本理化株式会社
◆ミヨシ油脂株式会社
◆ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ株式会社
◆株式会社ADEKA
◆日華化学株式会社
◆松本油脂製薬株式会社

―調査項目〈各社共通〉―
1.企業概要
2.製品の展開状況・製品概要
3.界面活性剤の売上高
 1)用途別売上高
 2)種類別売上高
4.研究開発・生産体制
 1)界面活性剤事業の推進体制
 2)研究開発動向
5.海外展開状況
6.今後の方向性

【個別企業編(簡易版)】
◆竹本油脂株式会社
◆青木油脂工業株式会社
◆センカ株式会社
◆泰光油脂化学工業株式会社
◆大和化学工業株式会社
◆高松油脂株式会社
◆日本乳化剤株式会社
◆丸菱油化工業株式会社
◆モーリン化学工業株式会社
◆ユシロ化学工業株式会社
◆吉村油化学株式会社
◆共栄社化学株式会社

―調査項目〈各社共通〉(簡易版)―
1.企業概要
2.製品の展開状況・製品概要


資料体裁:A4判 107頁
発刊日:2017年3月24日
頒価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。