トップページ > フード > コンシューマーレポート136食卓向け冷凍惣菜の需要性調査

コンシューマーレポート136 食卓向け冷凍惣菜の需要性調査

30-40歳代に、「安全」で「手作りと変わらないおいしさ」の商品の提供を!
コンシューマーレポート136
食卓向け冷凍惣菜の需要性調査

商品番号 cr0100136

価格230,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
今回、夕食での冷凍惣菜の摂取実態と今後の需要性を探るため、20歳代〜50歳代の既婚女性を対象にアンケート調査を実施した。その結果、全体の5割超が今後夕食に冷凍惣菜を「利用したい」と考えていることがわかった。特に、これまで夕食に冷凍惣菜を利用したことがある人が引き続き利用したいとする傾向が強い。年代としては「30-40歳代」の利用意向が高かった。
冷凍惣菜は、「簡単」「手軽」に調理でき、「調理時間が短縮」できるため、「忙しくて調理時間がない時」に利用する人が多く、『簡便性』が高く評価されている。また、「手間がかかるメニュー」「自分で作れないメニュー」を手軽に作れるニーズも強まっている。
一方、冷凍惣菜を「利用したくない」とする人も少なくない。「罪悪感がある」といった心理的な理由の他、『安全面』『健康面』に対する不満が大きい。加えて、手作りメニューに比べて「脂っこい」「味が画一的」といった『味』に関する問題点も挙げられており、今後「手作りと変わらないおいしさ」の実現が課題であるといえる。

調査方法
インターネットによるアンケート調査(A4判・9枚)
調査エリア:全国
対象者:20〜50歳代の既婚女性
有効サンプル:600人

目次
調査概要
 
被験者特性     

分析編     
1.夕食での冷凍惣菜の利用意向
2.夕食での冷凍惣菜の利用理由
3.冷凍惣菜の問題点
4.求められる食卓向け冷凍惣菜の内容
(1)利用方法・調理方法について
(2)商品の種類と内容について

集計編     
1.夕食を作る頻度(SA)
2.夕食の品数(SA)
3.夕食を作る際の調理時間(SA)
4.夕食の調理時間の増減について(SA)
5.夕食を作る際に気をつけている点(MA)
1)全体
2)年代別
6.夕食を作る際に困る点(MA)
7.冷凍食品を購入するタイミング(MA)
8.夕食での冷凍惣菜の利用経験の有無(SA)
9.夕食での冷凍惣菜の利用方法(MA)
10.夕食に利用したことのある冷凍惣菜の種類(MA)
1)全体
2)年代別
11.よく利用している冷凍惣菜のメーカー(MA)
12.夕食での冷凍惣菜の利用頻度(SA)
13.夕食での冷凍惣菜の利用頻度の増減について(SA)
14.夕食での冷凍惣菜の調理方法(MA)
15.夕食のおかずとして冷凍惣菜を調理する際、家族に後ろめたさを感じるか(SA)
16.夕食に冷凍惣菜を利用するシーン(MA)
17.夕食に冷凍惣菜を利用する理由(MA)
1)全体
2)年代別
18.夕食に利用している冷凍惣菜の満足点(MA)
1)全体
2)年代別
19.夕食に利用する冷凍惣菜の不満点(MA)
1)全体
2)年代別
20.冷凍惣菜の問題点(MA)
21.夕食に利用する冷凍惣菜を購入するタイミング(MA)
22.夕食に利用する冷凍惣菜を購入する際に重視する点(MA)
1)全体
2)年代別
23.価格が高くても冷凍惣菜を購入したいと思うポイント(MA)
1)全体
2)年代別
24.冷凍惣菜の用途(MA)
25.夕食に冷凍惣菜を利用しない理由(MA)
1)全体
2)年代別
26.夕食での冷凍惣菜の利用意向(SA)
27.夕食のおかずとして冷凍惣菜を利用したい理由(MA)
1)全体
2)年代別
28.今後、夕食に利用したい冷凍惣菜の種類(MA)
1)全体
2)年代別
29.どのような商品であれば夕食に冷凍惣菜を利用したいか(MA)
1)全体
2)年代別
30.冷凍惣菜に対する要望(FA)

調査票
データ編…基本クロス集計(CD-ROM)

体裁:A4判カラーコピー製本82頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2010年10月15日
頒 価:230,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。