トップページ > ヘルス > コンシューマーレポートNo.204脳老化の実態とブレインフーズのニーズを探る―“認知症”の予防・対策ニーズは強く、サプリメントへの関心も高い―

コンシューマーレポートNo.204脳老化の実態とブレインフーズのニーズを探る―“認知症”の予防・対策ニーズは強く、サプリメントへの関心も高い―

コンシューマーレポートNo.204

脳老化の実態とブレインフーズのニーズを探る

―“認知症”の予防・対策ニーズは強く、サプリメントへの関心も高い―

商品番号 cr110150269

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨と結果】
◆近年、65歳以上の高齢者人口の増加と同時に、認知症患者数も増加している。厚生労働省によると、日常生活自立度U以降の認知症高齢者数が280万人(2010年)に上るとしている。こうした急速な高齢化もあって、“認知症”への不安を持っている人が多く、「認知症」や「もの忘れ」への関心が高まっている。

◆当該調査では、「最近、脳の老化や物忘れがひどくなった」と感じる50代以上の男女618人を対象に調査を実施した。その結果、50歳以上になると、6割弱の人が「もの忘れ」や「脳の衰え」を気にするようになり、将来、自分が「ボケる可能性がある」と考えている人も半数を超えている。

◆こうした背景から、「脳老化」や「認知症」の「予防・対策」に取り組んでいる人が多く、特に年代が高いほど予防・対策を行っているという傾向が示されている。今後、こうした予防・対策のニーズは強く、サプリメントの利用意向も高い。なお、「脳によいサプリメント」の認知度も過去調査と比較して向上している。

◆当資料では、こうした50代以上の「脳の衰え」や「もの忘れ」の実態や今後の「脳老化」「認知症」対策ニーズを探っている。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリア:全国
対象:50代以上の男女618人
(脳の衰えやもの忘れがひどくなったと感じる人)

【調査内容】
1 「脳の老化」と「もの忘れ」の実態
2 「脳の老化」や「もの忘れ」に対する関心度
3  将来「ボケ」る可能性について
4 「脳老化」や「認知症」の予防・対策
5 「脳によい食品」の摂取実態
6 「脳によいサプリメント」の認知度と摂取実態
7 「脳によいサプリメント」の摂取意向
8 「脳によいサプリメント」の商品像
9 「脳によいサプリメント」の今後の課題

目次
■調査概要
■調査票
■被験者特性
■分析編
1. 「脳の老化」と「もの忘れ」の実態
2. 「脳の老化」や「もの忘れ」に対する関心度
3. 将来「ボケ」る可能性について
4. 「脳老化」や「認知症」の予防・対策
5. 「脳によい食品」の摂取実態
6. 「脳によいサプリメント」の認知度と摂取実態
7. 「脳によいサプリメント」の摂取意向
8. 「脳によいサプリメント」の商品像
9. 「脳によいサプリメント」の今後の課題

■集計編
1. 脳の衰えに関する自覚症状(MA)
2. 「もの忘れ」の内容(MA)
3. 脳の衰えや「もの忘れ」の日常生活への影響度(SA)
4. 脳の衰えや「もの忘れ」がひどくなったと感じ始めた年齢(SA)
5. 脳の衰えや「もの忘れ」がひどくなってからの期間(SA)
6. 普段の生活で思い当たること(SA)
7. もの忘れや脳の衰えが気になる度合い(SA)
8. もの忘れや脳の衰えの指摘の有無(SA)
9. もの忘れや脳の衰えについて医者への相談経験があるか(SA)
10. 医師の診断内容(MA)
11. もの忘れの原因(MA)
12. 脳の衰えの原因(MA)
13. 脳の衰えや認知症の予防・対策内容(MA)
14. 脳によいとして摂取している食品(MA)
15. 脳の衰えや認知症の予防・対策の効果実感(SA)
16. 脳によいサプリメントの認知度(SA)
17. 脳によいサプリメントの摂取経験(SA)
18. 摂取経験のあるサプリメント成分(MA)
19. 脳によいサプリメントの摂取頻度(SA)
20. 脳によいサプリメントの摂取期間(SA)
21. 脳によいサプリメントの効果実感度(SA)
22. 脳によいサプリメントで実感した効果の内容(MA)
23. 最もよく摂取している(いた)サプリメントのメーカー(SA)
24. 最もよく摂取している(いた)サプリメントの商品名(SA)
25. 脳によいサプリメントの商品評価
26.脳によいサプリメントの不満点(MA)
27.脳によいサプリメントの満足点(MA)
28.ブランドスイッチ状況(SA)
29.商品を買い替えた理由(MA)
30.脳によいサプリメントの購入先(MA)
31.脳によいサプリメントを購入したきっかけ(MA)
32.脳によいサプリメントを摂取したことがない理由(MA)
33.今後、「ボケ」る可能性があると思うか(SA)
34.「ボケ」る可能性があると思う理由(MA)
35.「ボケ」る可能性がないと思う理由(MA)
36.「もの忘れ」や「脳老化」の予防・対策に対する関心度(SA)
37.「もの忘れ」や「脳老化」の予防のために取り組みたいこと(MA)
38.「もの忘れ」や「脳老化」の予防・対策に関心がない理由(MA)
39.脳によいサプリメントの摂取意向(SA)
40.脳によいサプリメントを利用したい理由(MA)
41.脳によいサプリメントで予防・改善したい症状(MA)
42.脳によいサプリメントを利用したくない理由(MA)
43.脳によいサプリメントで摂取したい成分(MA)
44.脳によいサプリメントで興味を引かれる文言(MA)
45.脳によいサプリメントで1 か月に費やしてもよい金額(SA)
46.「脳の老化」や「もの忘れ」予防として食習慣で気を付けたいこと(MA)
47.普段の運動習慣(SA)
48.趣味に費やす時間(SA)
49.人と会う機会(SA)


体裁:A4判カラーコピー製本約147頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2014年12月25日
頒 価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。