トップページ > ドリンク・デザート > コンシューマーレポートNo.272FF店の利用実態とコーヒーの受容性調査―フードメニューによって異なるコーヒーニーズへの対応がポイント!―

コンシューマーレポートNo.272FF店の利用実態とコーヒーの受容性調査―フードメニューによって異なるコーヒーニーズへの対応がポイント!―

コンシューマーレポートNo.272
FF店の利用実態とコーヒーの受容性調査

―フードメニューによって異なるコーヒーニーズへの対応がポイント!―

商品番号 cr120180386

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


>>>サンプルデータ


概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、1年以内に「マクドナルド」「ミスタードーナツ」「ケンタッキー・フライド・チキン」「ロッテリア」のうち、いずれかのファーストフード店(以下、FF店)を利用し、かつコーヒーメニューを飲んだことがある20代〜60代の男女625人を対象に、FF店の利用実態とコーヒーの飲用実態についてアンケート調査を実施した。

◆調査の結果、FF店のコーヒーは数年前に比べて“味覚面の向上”を感じる人が多いほか、“手頃な価格設定”が高評価を得ていることがわかった。また、購入している人のほとんどが一緒にフードメニューを購入しており、“フードメニューとの相性の良さ”でコーヒーを注文している人も少なくない。

◆さらに、コーヒーに求められる味わいはフードメニューの種類によって異なっている。つまり、今後はフードメニューの種類ごとに相性が良い味わいを実現することがコーヒーの注文頻度の増加につながっていくと考えられる。

◆この他、FF店のコーヒーの評価を男女別、年代別、FF店のユーザー別に分析しているほか、他のコーヒーの飲用実態やFF店のコーヒーへのスイッチ状況を探ることでFF店のコーヒーの位置づけをレポートしている。当レポートは、FF店向けの商品開発や営業開拓、競合状況の把握など様々なコーヒーのマーケティングの一助となるデータとして提案する。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:この1年間でFF店を利用し、かつコーヒーメニューを飲んだことがある20〜60代の男女625サンプル

【調査内容】
1.FF店の利用実態、FF店のコーヒーの飲用実態
2.FF店のコーヒーと他のコーヒーの競合状況
3.FF店のコーヒーの評価
4.FF店のコーヒーの今後の飲用意向
5.コーヒー全体の飲用実態

【調査実査日】
2018年12月4日〜12月9日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
【分析結果】
1 FF店のコーヒーの強み
2 “外食コーヒー”の位置づけ
3 “外食コーヒー”におけるFF店のコーヒーの位置づけ
4 FF店のコーヒーとカフェチェーン店のコーヒーの比較
5 FF店のコーヒーの購入状況
6 FF店を利用した際のコーヒーの注文頻度
7 コーヒーの注文頻度を高めるための付加価値提案
8 フードメニューと相性が良いコーヒーの提案
9 ≪補足≫他のコーヒーからFF店のコーヒーへのスイッチ状況

■集計編
1 FF 店のイメージ(MA)
2 FF 店のコーヒーのイメージ(MA)
3 FF 店の利用頻度(SA)
4 コーヒーの注文頻度(SA)
5 FF 店を利用する時間帯(SA)
6 FF 店を誰と利用することが多いか(SA)
7 最もよく利用する店舗の立地(SA)
8 FF 店の利用目的(MA)
9 FF 店の平均滞在時間(SA)
10-1 この1 年間で飲用したFF 店のコーヒーメニュー(MA)
10-2 この1 年間で最もよく飲用したFF 店のコーヒーメニュー(SA)
11 FF 店のコーヒーの飲用目的・理由(MA)
12 FF 店のコーヒーの飲用シーン(MA)
13 FF 店のコーヒーの飲み方(SA)
14 FF 店でコーヒーを購入する時の状況(SA)
15 FF 店のコーヒーの購入価格(SA)
16 コーヒーと一緒に購入するフードメニュー(MA)
17 FF 店でコーヒーを飲用し始めてからの期間(SA)
18 FF 店のコーヒーの飲用頻度の増減(SA)
19 FF 店のコーヒーの飲用頻度が増えた理由(MA)
20 飲用機会が減ったコーヒーの種類(MA)
21 飲用機会が減った理由(MA)
22 飲用機会が減ったコーヒー以外の飲料(MA)
23 FF 店のコーヒーを飲用するようになったきっかけ(MA)
24 FF 店の店舗に対する満足点(MA)
25 FF 店の店舗に対する不満点(MA)
26 FF 店のコーヒーに対する満足点(MA)
27 FF 店のコーヒーに対する不満点(MA)
28 今後のFF 店のコーヒーの飲用意向(SA)
29 今後FF 店のコーヒーを飲みたいと思うシーン(MA)
30 今後FF 店で飲みたいコーヒーのタイプ(SA)
31 今後のFF 店のコーヒーの値頃感【ホットコーヒー】(SA)
32 今後のFF 店のコーヒーの値頃感【アイスコーヒー】(SA)
33 今後のFF 店のコーヒーの値頃感【カフェオレ・カフェラテ】(SA)
34 今後FF 店のコーヒーに望むこと(MA)
35 FF 店のコーヒーに対する考え方(SA)
36 マックカフェバイバリスタでの購入実態(SA)
37 本格派コーヒーを展開するFF 店の今後の利用意向(SA)
38-1 FF 店のコーヒー以外にこの1 年間で飲んだことがあるコーヒー(MA)
38-2 この1 年間で最もよく飲んだコーヒー(SA)
39 1 年以内のコーヒーの飲用頻度(SA)
40 今後のコーヒーの飲用機会の増減(SA)

■調査票


体裁:A4判カラーコピー製本104頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年12月27日
頒価:360,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。