トップページ > ドリンク・デザート > コンシューマーレポートNo.273シリーズ第6弾飲料自販機の需要拡大ポイントを探る―「オフィスビル・職場」の開拓は“午後の休憩時”への品揃えと“電子マネー対応”がポイント―

コンシューマーレポートNo.273シリーズ第6弾飲料自販機の需要拡大ポイントを探る―「オフィスビル・職場」の開拓は“午後の休憩時”への品揃えと“電子マネー対応”がポイント―

コンシューマーレポートNo.273
シリーズ第6弾
飲料自販機の需要拡大ポイントを探る

―「オフィスビル・職場」の開拓は“午後の休憩時”への品揃えと“電子マネー対応”がポイント―

商品番号 cr120190394

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、飲料自販機の需要拡大ポイントを探るため、「月に1回以上」飲料自販機を利用する10代(中学生以上)〜60代の男女623人を対象に、利用実態や今後のニーズについてのアンケート調査を実施した。なお、同調査は今回で6回目となっており、時系列での分析も交えてレポートしている。

◆その結果、自動販売機の利用機会が増加した割合は「女性」を中心にさらに上昇しており、“低価格”のほか“電子マネー対応”や“自動販売機の清潔感”への高評価が利用機会の増加に繋がっているケースが多い。

◆また、今回自動販売機の有望な設置ロケーションである「オフィスビル・職場」における自動販売機の利用状況を聞いた結果、“午後の休憩時”に自動販売機を利用するケースが多く、今後は“ラインアップの多様化”や“電子マネー対応”をより求めていることがわかった。

◆このほか、自動販売機の利用時にメーカーを意識する人には、メーカー自体の魅力度を高めることが重要となっている。

◆今後の自動販売機には、引き続き定番のコーヒー飲料に加えて多彩な品揃えが求められているほか、サービス面の充実化も不可欠となっている。

◆当レポートでは、上記で挙げた内容以外に飲料自販機に対する強みや弱みなども明らかにしており、今後自販機の価値を高める上で有効なデータとなっている。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:月に1回以上自動販売機を利用する10代(中学生以上)〜60代の男女623人

【調査内容】
1.普段の飲料の購入状況
2.自動販売機の利用状況
3.「オフィスビル・職場」での自動販売機の利用状況
4.自動販売機の評価・イメージ
5.自動販売機向けスマホアプリの利用状況
6.自動販売機における商品の買い方
7.「自動販売機専用商品」の購入状況・考え方
8.今後の自動販売機の利用意向

【調査実査日】
2018年12月12日〜12月13日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1.分析結果
2.自動販売機の利用頻度
3.自動販売機の利用機会
4-1.「オフィスビル・職場」での自動販売機利用実態(利用シーン)
4-2.「オフィスビル・職場」での自動販売機利用実態(購入飲料)
4-3.「オフィスビル・職場」での自動販売機利用実態(今後のニーズ)
5-1.自動販売機利用時のメーカー意識(意識、普段利用している自動販売機のメーカー)
5-2.自動販売機利用時のメーカー意識(メーカー別購入の決め手)
6-1.今後の自動販売機の利用意向(自動販売機に求められていること)
6-2.今後の自動販売機の利用意向(品揃え)
6-3.今後の自動販売機の利用意向(ロケーション開拓)
(参考)時系列比較(自動販売機の満足点/不満点)

■集計編
1-1.飲料を購入するチャネル(MA)
1-2.最もよく飲料を購入するチャネル(SA)
2-1.各チャネルでの飲料の購入頻度(SA)
2-2.自動販売機での飲料の購入頻度(SA)【属性別】
3.各チャネルで飲料を購入する理由(MA)
4.購入することが多い自動販売機の立地(SA)
5-1.利用した自動販売機の設置場所(MA)
5-2.最もよく利用した自動販売機の設置場所(SA)
6-1.自動販売機の利用シーン(MA)
6-2.自動販売機を最もよく利用したシーン(SA)
7-1.自動販売機の利用時間帯(MA)
7-2.自動販売機を最もよく利用した利用時間帯(SA)
8.「オフィスビル・職場」の自動販売機を最もよく利用する理由(MA)
9.「オフィスビル・職場」の自動販売機を利用するシーン(MA/SA)
10.今後「オフィスビル・職場」の自動販売機で購入したい飲料の温度帯(SA)
11.今後「オフィスビル・職場」の自動販売機で飲料を購入する際にあわせて購入したい食べ物・嗜好品(MA)
12.1 日あたりの自動販売機での購入本数(SA)
13.自動販売機での購入機会の増減(SA)
14.自動販売機で購入する機会が増えた理由(MA)
15-1.飲料の購入機会が減少したチャネルの有無(SA)
15-2.飲料の購入機会が減少したチャネル(MA)
16.自動販売機で購入する機会が減った理由(MA)
17-1.飲料の購入機会が増加したチャネルの有無(SA)
17-2.飲料の購入機会が増加したチャネル(MA)
18.自動販売機とコンビニエンスストアの選択(MA)【自動販売機】
19.自動販売機とコンビニエンスストアの選択(MA)【コンビニエンスストア】
20.自動販売機を利用する時の気分的状況(MA)
21.自動販売機で購入する飲料はいつ決めているか(SA)
22.自動販売機で購入する飲料を迷った時の購入ポイント(MA)
23-1.自動販売機で購入した飲料(MA)
23-2.自動販売機で最もよく購入した飲料(SA)
24.自動販売機で購入した飲料の容器・容量(SA)
25.自動販売機で購入した飲料の価格(SA)
26.自動販売機で購入した飲料の飲用場所(MA)
27.自動販売機でどちらの商品を選ぶか(SA)
28.「新型自動販売機」の認知・利用状況(MA)
29.利用したことのある自動販売機向けスマホアプリ(MA/SA)
30.自動販売機向けスマホアプリの利用による自動販売機の利用頻度の変化(SA)
31.自動販売機向けスマホアプリの利用で自動販売機の利用が増えた理由(MA)
32.「電子マネー対応自動販売機」で対応してほしい電子マネー(MA)
33.今後の自動販売機向けスマホアプリに求める機能(MA)
34.自動販売機の満足点(MA)
35.自動販売機の不満点(MA)
36.自動販売機を利用する際に不満に思いながらしていること(MA)
37.自動販売機のメーカーを意識しているか(SA)
38.普段(最もよく)利用している自動販売機のメーカー(MA/SA)
39.普段利用しているメーカーの自動販売機で購入した飲料(MA)
40.自動販売機で購入した飲料のブランド(MA)
41.自動販売機のメーカーに対するイメージ(MA)
42.特定のメーカー機への他社製品ラインアップについての認知度(SA)
43.他社製品をラインアップしている特定メーカー機の認知・利用状況(MA)
44-1.各チャネルにおける今後の飲料の購入機会の増減(SA)
44-2.今後の自動販売機での飲料の購入機会の増減(SA)【属性別】
45.今後自動販売機がないと困る・あると助かる場所(MA)
46.今後自動販売機で品揃えを充実させてほしい飲料(MA)
47.今後自動販売機で充実させてほしい飲料の容器・容量(SA)
48.今後自動販売機に期待すること(MA)
49.今後あったら良いと思う自動販売機(FA)
50.自動販売機に対する考え方(SA)
51-1.「自動販売機専用商品」の購入経験(SA)
51-2.今後の「自動販売機専用商品」の購入意向(SA)
52.「自動販売機専用商品」に対する考え方(SA)

■調査票


体裁:A4判カラーコピー製本158頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年12月27日
頒価:360,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。