トップページ > ビューティー > コンシューマーレポートNo.2932020年女性の美容に関する意識・実態調査(第2弾)―令和最初の調査!この1年で美容への意識は何が変わった?―

コンシューマーレポートNo.2932020年女性の美容に関する意識・実態調査(第2弾)―令和最初の調査!この1年で美容への意識は何が変わった?―

コンシューマーレポートNo.293
2020年女性の美容に関する意識・実態調査(第2弾)

―令和最初の調査!この1年で美容への意識は何が変わった?―

商品番号 cr210200425

価格390,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、女性の美容に関する意識と実態を明らかにすべく、 20〜70代の女性1,236人(スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人)を対象にアンケート調査を実施した。今回は2019年に続き、2回目の調査となる。

◆調査の結果、2019年と比べて、以下の違いがみられた。まず、敏感肌の意識については、「(やや)そう思う」が半数を占め、特に20代・30代が7割弱となっている。この1年でみても、全体では4pt増加しており、特に20代が7pt増、30代が15pt増となっていることから、若年層の敏感肌への意識が高くなっていることが分かった。

◆また、化粧品を購入する際に決め手とする情報源については、20代を中心に、「SNS」や、「YouTubeなどの動画サイト」を利用する人が増えている。具体的には、化粧品を購入する際に「SNS」を決め手とする割合は全体で約2割(前年比4pt)。年代でみると、20代が67%となっており、この1年で14pt増加している。また、「YouTubeなどの動画サイト」の割合は9%(前年比5pt)。年代にみると、20代が30%で、この1年で10pt増加している。クラスター別にみるとそれぞれ「プチプラタイプ」「コスメ好きタイプ」の利用率が高くなっている。

◆このほか、化粧品の使用実態についてみると、スキンケアを購入する時の選定ポイントは、「自分の肌に合う」が6割以上で、最も高い。この1年でみると7pt増えており、“自分に合ったものを使いたい”というニーズが高まっていると言える。

◆また、オールインワンやシワ改善コスメについても調査している。このうちオールインワンについては、この1年で、デメリットについて「そう思う」割合がすべての項目で増えており、特に「浸透力の不足」「保湿力の不足」が9pt増加し、オールインワンに対して不満に感じる人が増えている。また、シワ改善コスメについては使用率が5%。使用しているブランドは「エリクシールシュペリエル」が最も多かった。

◆当レポートでは、女性の美容に対する考え方や、化粧品の利用実態、肌や髪、体の悩み、化粧品以外の取り組み、活用している情報源やアプリなどを調査。年代別に加えて、「こだわりタイプ」「価格重視タイプ」「無関心タイプ」「なんとなくタイプ」「プチプラタイプ」「コスメ好きタイプ」「保守派タイプ」の7つのクラスターでも分析している。なお、2019年より毎年調査を行っており、今後も女性の美容意識・実態の変化を探っていく。


【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人
   (20〜70代女性10,000名から抽出)

【調査内容】
◆美容に関するキーワードの認知度
◆美容に関する情報源
◆検索するワード
◆肌悩み、体の悩みの意識
◆スキンケア、メイクアップの使用実態
◆取り入れている成分
◆オールインワン、シワ改善コスメの使用実態
◆化粧品以外の取り組みなど

【調査実査日】
2020年3月24日


目次
■調査概要
■被験者特性
■事前調査編
■分析編
1.美容に関する成分・キーワード
2.美容に関する情報
 補足:SNS・動画サイトの検索ワード
3.肌悩みの意識
4.スキンケアの使用実態
 4-1.スキンケアの使用実態:使用ブランド
 4-2.スキンケアの使用実態:敏感肌
 4-3.スキンケアの使用実態:オールインワン
5.メイクアップの使用実態
6.インナービューティーの利用実態
7.髪・体のケア実態
8.化粧品以外の取り組み
9.クラスター分析
 9-1.クラスター:こだわりタイプ
 9-2.クラスター:価格重視タイプ
 9-3.クラスター:無関心タイプ
 9-4.クラスター:なんとなくタイプ
 9-5.クラスター:プチプラタイプ
 9-6.クラスター:コスメ好きタイプ
 9-7.クラスター:保守派タイプ

■集計編
1.現在興味関心があるもの(MA)
2.以前と比べて気になる「見た目」(MA)
3.「美容」について以前と変わったこと(SA)
4.「美容」に取り組む目的(MA)
5.化粧品以外の取り組み(MA)
6.意識的に摂取しているもの(MA)
7.美容に関する「キーワード」
 7-1.美容に関する「キーワード」認知度(MA)
 7-2.美容に関する「キーワード」理解度(MA)
8.皮膚科・美容皮膚科に通う頻度(SA)
9.美容医療の利用
 9-1.美容医療で利用したことがあるもの(MA)
 9-2.美容医療で今後(も)利用したいもの(MA)
10.自宅以外でのケア(SA)
11.肌(顔)の自信(SA)
12.理想とする/最も理想とする肌(MA/SA)
13.現在気になっている/最も気になっている肌悩み(MA/SA)
14.将来不安に思う/最も不安に思う肌悩み(MA/SA)
15.敏感肌の意識(SA)
16.肌が敏感と感じる時(MA)
17.現在気になる「体」の悩み/対策しているもの(MA)
18.カウンセリングを受けた回数(SA)
19.決め手となる情報源(MA)
20.検索ワード(FA)
21.参考にしているインフルエンサー(MA)
22.「化粧品」の購入場所(MA)
23.スキンケアの使用アイテム/重要視しているアイテム(MA/SA)
24.オールインワンのメリット(魅力)(SA)
25.オールインワンのデメリット(不満)(SA)
26.スキンケアで意識していること(MA)
27.スキンケアを選ぶ際に重視すること(MA)
28.安心・安全の判断基準(MA)
29.スキンケアの成分
 29-1.スキンケアで知っている成分(MA)
 29-2.スキンケアで現在取り入れている成分(MA)
 29-3.スキンケアで今後(も)取り入れたい成分(MA)
30.スキンケアのブランド
 30-1.スキンケアで知っているブランド(MA)
 30-2.スキンケアで現在使用しているブランド(MA)
 30-3.スキンケアで今後(も)使用したいブランド(MA)
31.使用したことのある/現在使用しているシワ改善コスメ(MA)
32.メイクアップの使用アイテム/重要視しているアイテム(MA/SA)
33.選ぶ際に参考としていること(メイクアップ)(MA)
35.選ぶ際に重視すること(ベースメイク)(MA)
36.選ぶ際に重視すること(ポイントメイク)(MA)
37.現在気になっている/最も気になっている「髪」「頭皮」の悩み(MA/SA)
38.ヘアケアの使用アイテム(MA)
39.髪のお手入れの頻度(SA)
40.男性が美容に取り組むことへの関心度合い(SA)
41.インナービューティーの摂取アイテム(MA)
42.インナービューティーの成分
 42-1.インナービューティーで知っている成分(MA)
 42-2.インナービューティーで現在取り入れている成分(MA)
 42-3.インナービューティーで今後(も)取り入れたい成分(MA)
43.すべてそろえた時の総額
 43-1.すべてそろえた時の総額(スキンケア)(SA)
 43-2.すべてそろえた時の総額(メイクアップ)(SA)
 43-3.すべてそろえた時の総額(インナービューティー)(SA)
44.読んでいる雑誌(MA)
45.美容に関するアプリ
 45-1.知っているアプリ(MA)
 45-2.ダウンロードしたことがあるアプリ(MA)
 45-3.現在使用しているアプリ(MA)
46.ライフスタイルに関する意識と実態(SA)

■調査票


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2020年5月11日
頒価:390,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。