トップページ > ヘルス > コンシューマーレポート244「糖質制限」している人の「栄養」ニーズを探る―意外と「苦」だけじゃなかった!「健」「楽」などのポジティブ思考に向けた商品開発へ―

コンシューマーレポート244「糖質制限」している人の「栄養」ニーズを探る―意外と「苦」だけじゃなかった!「健」「楽」などのポジティブ思考に向けた商品開発へ―

コンシューマーレポート244
「糖質制限」している人の「栄養」ニーズを探る

―意外と「苦」だけじゃなかった!「健」「楽」などのポジティブ思考に向けた商品開発へ―

新刊

商品番号 cr220170348

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨と結果】
◆今回、食事(ごはんやおかず)の糖質が気になり、糖質の多い食品の摂取を意識的に週の半分以上控えている20〜60代の男女620名を対象に、“糖質制限”に関するアンケート調査を実施した。10,000人の事前調査の結果によると、普段「糖質」が気になる人は2人に1人と多く、より「女性」「高年層」で意識されている。

◆本調査の結果によると、糖質の替わりに野菜やきのこ類から「食物繊維」、豆腐や納豆から「たんぱく質」を積極的に摂取している人が多い。また、対象者全員に糖質制限中に不足を感じる栄養素を聞くと、@鉄、A食物繊維、B亜鉛、Cビタミン全般、D葉酸が上位に挙げられた。すなわち、糖質制限している人はこうした栄養のニーズが高いといえる。

◆さらに、調査データから分かったことは、「制限している食品」が必ずしも「我慢度が高い」というわけではないということである。例えば、「ごはん」は全体の約9割の人が制限しているのに対し、我慢度は比較的低かった。我慢度が高い食品としては「ピザ」や「和・洋菓子」「嗜好飲料」などが挙げられる。こうした食品は食べたい意向が強いため、糖質を気にせず摂取できる商品の開発が望まれる。

◆また、糖質制限によって「空腹感」を感じたり「満腹感」が得られていない人や、栄養に対する知識がない人が比較的多い。糖質に依存している人のためにも、“これなら食べても大丈夫”といった「安心感」や「満足感」が得られる低糖質商品が求められる。

◆当レポートでは、糖質制限の実態や考え方について調査・分析しているほか、「糖質制限の不満」や「糖質制限中の栄養の問題点」などから求められる商品像や今後のニーズを明らかにしている。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:食事(ごはんやおかず)の糖質が気になり、糖質の多い食品の摂取を意識的に週の半分以上控えている20〜60代の男女620名

【調査内容】
1. 糖質制限の実態
2. 糖質制限に対する考え方
3. 糖質に関する知識
4. 食事と栄養の実態
5. 商品像と今後のニーズ

【調査実査日】
2017年7月4日〜7月8日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1 糖質制限の実態
2 制限している食品と我慢度
3 糖質制限の不満
4 糖質制限中の食事と栄養
5 栄養の問題点
6 商品像と今後のニーズ

■集計編
1 糖質制限の継続期間(SA)
2 糖質制限を始めたきっかけ(MA)
3-1 糖質制限の目的(MA)
3-2 糖質制限の1 番の目的(SA)
4 糖質制限のタイプ(SA)
5 糖質制限に対する考え方(SA)
6 糖質制限に対する行動(SA)
7 制限している食品(MA)
8 糖質制限に対する我慢度(SA)
9 糖質の制限方法(MA)
10 「ごはん」を制限する理由(MA)
11-1 糖質制限しているシーン(MA)
11-2 特に糖質制限を意識するシーン(SA)
12 糖質制限による身体的・精神的影響(MA)
13 身体的・精神的影響の対処法(SA)
14 糖質以外に制限しているもの(SA)
15 糖質制限の情報源(MA)
16 糖質摂取の問題点(MA)
17 糖質が多い食品の知識(SA)
18 関連ワードの認知度(SA)
19 食品のイメージ(MA)
20 食事面で気をつけていること(MA)
21 積極的に摂取している食品(MA)
22 よく摂取する野菜(MA)
23 野菜をよく摂取する理由(MA)
24 野菜の摂取方法(MA)
25 摂取したい栄養素(MA)
26 たんぱく質の摂取源(MA)
27 食事・メニュー選びでの重視点(MA)
28 糖質制限中の食事で困っていること(MA)
29 糖質制限中の栄養バランス(SA)
30 栄養バランスが良くない理由(MA)
31 糖質制限中に不足している栄養素(MA)
32-1 「糖」対策商品の利用経験(MA)
32-2 糖質ゼロ・オフ商品の利用経験(MA)
33 糖質制限を表す漢字1 文字(FA)
34 糖質制限の今後の続け方(SA)
35 今後積極的に行いたい行動(MA)
36 今後積極的に摂取したい食品(MA)
37 糖質関連商品が増えていほしい場所(MA)
38 楽しく続けるために必要なモノ・コト(MA)
39 健康食品の利用意向(MA)
40 健康食品で補いたい栄養素(MA)
41 食事選択(SA)

■調査票


体裁:A4判カラーコピー製本127頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2017年7月31日
頒価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。