トップページ > ヘルス > コンシューマーレポート256オーラルケア食品の「機能」ニーズ調査―口臭対策以外に求めている効果と今後の商品像を分析―

オーラルケア食品の「機能」ニーズ調査―口臭対策以外に求めている効果と今後の商品像を分析―

コンシューマーレポート256
オーラルケア食品の「機能」ニーズ調査

―口臭対策以外に求めている効果と今後の商品像を分析―

新刊

商品番号 cr220180362

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、1年以内に歯や歯ぐき、舌などの口内で口臭以外に気になっていることがあり、自分自身の口内の健康に不安を抱えている30〜70代男女620名を対象にオーラルケアに関するアンケート調査を実施した。10,000人の事前調査の結果によると、「女性」の方がより口内への不安を抱えている結果となった。

◆本調査では、気になっているトラブルとして“歯”のトラブルが気になっている人が多い。また、現在オーラルケア食品として「ガム」が最もよく利用されている。なお、オーラルケア食品を利用しようと思ったきっかけは、「手軽にケアできるから」とした人が最も多く、気にいっている点においても「持ち運びしやすい」「どこでも利用できる」「手間がかからない」など、“手軽さ”や“利便性”が上位に挙がっており、これらがオーラルケア食品の強みといえる。

◆その他に、「唾液量の減少」「口の乾燥」「口のネバつき」など“乾燥・唾液”に関する効果については、現在と今後のギャップが大きくなっていることから潜在的なニーズが高いと考えられる。属性別では、「30代女性」の利用意向が高く、同属性はオーラルケアにより“人前で口を大きく開けられることや笑うこと”をうれしく思っているなど、オーラルケアに情緒的ベネフィットを感じている。このことから、機能性ベネフィットと情緒的ベネフィットを併せて訴求することが同属性向けの商品展開に有効である。

◆また、オーラルケア食品のコンセプト評価としては、認知度が低い「森永オーラバリア」「潤いキープタブレット」などの商品コンセプトも「安心感がある」、「最先端である」といった評価を受けていることから、評価されたコンセプトに沿った商品展開を行うことで需要獲得に繋がるとみられる。

◆当レポートでは、オーラルケア食品の利用実態や求めている効果、今後の摂取意向、今後求められる商品像などを男女別、年代別に加えて、普段のオーラルケア別に分析している。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:この1年以内に歯や歯ぐき、舌などの口内で口臭以外に気になっていることがあり、自分自身の口内の健康に不安がある30〜70代の男女620名(30〜70代男女10,000名から抽出)

【調査内容】
1. 口内トラブルの実態
2. オーラルケアの実態
3. オーラルケア食品の評価
4. 今後の利用意向
5. これまでのオーラルケアについて

【調査実査日】
2017年12月20日〜12月24日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1.口内トラブルの実態
2.オーラルケア商品(食品除く)の利用実態
3.オーラルケア食品の利用実態
4.オーラルケア食品の商品評価
5.オーラルケア食品の種類の評価
6.オーラルケア食品の利用意向
7.オーラルケア食品の今後のニーズ

■集計編
1-1.気になる口内のトラブル(MA)
1-2. 最も気になる口内のトラブル(SA)
2. 口内トラブルの原因(MA)
3.口内トラブルが気になり始めた時期(SA)
4.口内トラブルの深刻度(症状・悩みの種類)(SA)
5.普段使用しているオーラルケア商品(MA)
6.オーラルケア商品の利用頻度(SA)
7.オーラルケア商品の不満点(MA)
8.普段利用しているオーラルケア食品の種類(MA)
9.利用しているオーラルケア食品でケアしたいトラブル(MA)
10.オーラルケア食品を利用し始めたきっかけ(MA)
11.オーラルケア食品の利用頻度(SA)
12.オーラルケア食品の利用シーン(MA)
13.具体的なオーラルケア食品の認知度(MA)
14.具体的なオーラルケア食品の利用経験(MA)
15.トラブルの改善度合い(SA)
16.気に入っているところ(MA)
17.今後の利用意向(SA)
18.今後、利用したいと思う理由(MA)
19.今後、オーラルケア食品に求める効果(MA)
20.今後、利用したい種類(MA)
21.今後、利用したいポイント(MA)
22.今後、重視したい表示制度(SA)
23.今後、オーラルケア食品にかけられる費用(SA)
24.今後、オーラルケア食品を利用する頻度(SA)
25.今後、オーラルケア食品を利用したくない理由(MA)
26.今後、オーラルケアができた時にうれしく思うこと(MA)
27.オーラルケアへの考え方(SA)
28.知っている成分(MA)
29.摂取したい成分(MA)
30.オーラルケア食品のコンセプト分析(MA)
31.普段の歯磨きの頻度(SA)
32.普段、歯磨きにかける時間(SA)
33-1.オーラルケアのための通院(これまでに)(MA)
33-2.オーラルケアのための通院(この1 年間)(MA)



体裁:A4判カラーコピー製本96頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年1月31日
頒価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。