トップページ > ビューティー > コンシューマーレポートNo.2832019年女性の美容に関する意識・実態調査―平成から令和へ、女性の美容意識・実態はどう変化するのか?―

コンシューマーレポートNo.2832019年女性の美容に関する意識・実態調査―平成から令和へ、女性の美容意識・実態はどう変化するのか?―

コンシューマーレポートNo.283
2019年女性の美容に関する意識・実態調査

―平成から令和へ、女性の美容意識・実態はどう変化するのか?―

新刊

商品番号 cr220190399

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、女性の美容に関する意識と実態を明らかにすべく、20〜70代の女性618人(スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人)を対象にアンケート調査を実施した。

◆調査の結果、年代別に美容に関する意識・実態の違いが明らかとなり、特に20代には大きな特徴がみられた。具体的には、肌に(どちらかといえば)自信がない人は30代が約7割と最も多く、20代と比べて17.5ptと大きく差が開いている(30代以降は、年代が上がるにつれて割合が少なくなっている)。また、現在気になっている肌悩みについては、20代が「乾燥」、30代〜50代が「シミ・そばかす」、60代・70代が「たるみ」となったほか、髪や頭皮の悩みについては、20代が「傷み」、30代以降が「白髪」という違いがみられた。

◆また、美容に関する情報源として、「SNS」の利用率は20代が唯一半数以上を占めており、「アプリ」の利用率も高い。クラスター別にみると、「コスメ好きタイプ」の利用率が高く、美容に関する情報を多く集めていると言える。「プチプラタイプ」は、「SNS」のほか「口コミ・比較サイト」の利用率も高く、これらの情報を積極的に活用している。

◆さらに、化粧品の使用実態についてみると、スキンケアを購入する時の選定ポイントはどの年代も「自分の肌に合っている」「肌へのやさしさ」が上位にあがっている。20代はこれらに加えて、「価格と品質のバランスがよい」という点も重視している。また、購入金額の平均(すべてそろえた総額)については、スキンケアが13,117円、メイクアップが10,961円と全般的にスキンケアにかける金額が高い一方で、年代別にみると20代はそれぞれ7,539円、10,589円と、スキンケアよりメイクアップにかける金額が高いことがわかった。

◆このほか、インナービューティー(美容を目的とした健康食品やOTC医薬品)の摂取率は全体では約3割となっているが、20代に限っては4割を超えている。また、購入金額の平均(すべてそろえた総額)は4,277円で、年代別にみると70代が6,025円と最も高くなっている。

◆当レポートでは、女性の美容に対する考え方や、化粧品およびインナービューティーの利用実態、化粧品以外の取り組み、活用している情報源やアプリなどを調査。年代別に加えて、「コスメ好きタイプ」「保守派タイプ」「プチプラタイプ」「無関心層タイプ」の4つのクラスターでも分析している。また、今回(2019年)より毎年調査を行い、女性の美容意識・実態の変化を探っていく。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人
(20〜70代女性10,000名から抽出)

【調査内容】
◆美容に関する情報源
◆肌悩みの意識
◆スキンケア、メイクアップの使用実態
◆髪・頭皮のケア実態
◆インナービューティーの利用実態
◆化粧品以外の取り組み など

【調査実査日】
2019年3月26日


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1.美容に関する成分・キーワード
2.美容に関する情報源
3.肌悩みの意識
4.スキンケアの使用実態
5.メイクアップの使用実態
6.髪・頭髪のケア実態
7.インナービューティーの利用実態
8.化粧品以外の取り組み
9-1.クラスター別分析:コスメ好きタイプ
9-2.クラスター別分析:保守派タイプ
9-3.クラスター別分析:プチプラタイプ
9-4.クラスター別分析:無関心層タイプ

■集計編
1.現在興味関心があるもの(MA)
2.以前と比べて気になる「見た目」(MA)
3.「美容」について以前と変わったこと(SA)
4.「美容」に取り組む目的(MA)
5.化粧品以外の取り組み(MA)
6.美容に関する「キーワード」(SA)
7.自宅以外でのケア(SA)
8.肌(顔)の自信(SA)
9.理想とする/最も理想とする「肌」(MA/SA)
10.現在気になっている/最も気になっている「肌」悩み(MA/SA)
11.将来不安に思う/最も不安に思う「肌」悩み(MA/SA)
12.敏感肌の意識(SA)
13.肌が敏感と感じる時(MA)
14.「化粧品」の購入場所(MA)
15.参考とする情報源(MA)
16.スキンケアの使用アイテム/こだわっているアイテム(MA)
17.オールインワンのメリット(魅力)(SA)
18.オールインワンのデメリット(不満)(SA)
19.メイクアップの使用アイテム/こだわっているアイテム(MA)
20-1.すべてそろえた時の総額(スキンケア)(SA)
20-2.すべてそろえた時の総額(メイクアップ)(SA)
21.メイクアップの悩み(MA)
22.スキンケアで意識していること(MA)
23.スキンケアを選ぶ際に重視すること(MA)
24.安心・安全の判断基準(MA)
25-1.スキンケアで知っている成分(MA)
25-2.スキンケアで取り入れたことがある成分(MA)
25-3.スキンケアで現在取り入れている成分(MA)
26-1.スキンケアで知っているブランド(MA)
26-2.スキンケアで現在使用しているブランド(MA)
26-3.スキンケアで今後(も)使用したいブランド(MA)
27.現在気になっている/最も気になっている「髪」「頭皮」の悩み(MA/SA)
28.ヘアケアの使用アイテム(MA)
29.髪のお手入れの頻度(SA)
30.男性が美容に取り組むことへの関心度合い(SA)
31.インナービューティーの摂取アイテム(MA)
32.インナービューティーの摂取理由(MA)
33.インナービューティーの摂取するタイミング(MA)
34.インナービューティーに期待する効果(MA)
35-1.インナービューティーで知っているブランド(MA)
35-2.インナービューティーで摂取したことがあるブランド(MA)
35-3.インナービューティーで現在摂取しているブランド(MA)
36-1.インナービューティーで知っている成分(MA)
36-2.インナービューティーで取り入れたことがある成分(MA)
36-3.インナービューティーで現在取り入れている成分(MA)
37.インナービューティーの摂取頻度(SA)
38.インナービューティーを選ぶ際に重視すること(MA)
39.インナービューティーの総額(SA)
40.読んでいる雑誌(MA)
41-1.知っているアプリ(MA)
41-2.ダウンロードしたことがある/現在使用しているアプリ(MA)
42.ライフスタイルに関する意識と実態(SA)

■調査票


体裁:A4判カラーコピー製本281頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2019年5月30日
頒価:360,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。