トップページ > ヘルス > コンシューマーレポートNo.2992020年健康と栄養に関する意識・実態調査―新型コロナウイルスの影響により、半数の人が新たな健康習慣を実践!―

コンシューマーレポートNo.2992020年健康と栄養に関する意識・実態調査―新型コロナウイルスの影響により、半数の人が新たな健康習慣を実践!―

コンシューマーレポートNo.299
2020年健康と栄養に関する意識・実態調査

―新型コロナウイルスの影響により、半数の人が新たな健康習慣を実践!―

新刊

商品番号 cr220200435

価格390,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨と結果】
◆今回、消費者の健康と栄養に関する意識と実態を明らかにすべく、20〜70代の男女1,236人(健康や栄養を意識して健康食品〈サプリメント、青汁、プロテインのいずれか〉を週に1回以上摂取している人)を対象にアンケート調査を実施した。なお、今回は2019年に続き、2回目の調査となる。

◆2020年は「新型コロナウイルス」の感染拡大が消費者の健康意識や行動に大きく影響を及ぼす1年となった。具体的には、調査対象者の7割強が「新型コロナウイルスによって心身に何かしらの影響があった」と回答。症状としては、「ストレスを感じる」(38.0%)、「不安感が増した」(36.3%)、「気分が落ち込むことが増えた」(19.6%)などが多く挙げられ、精神的な影響を受けたとする人が多かった。また、「新型コロナウイルスがきっかけで健康に関心を持つようになった」人は全体の約3割で、同層においては精神的な症状に加えて、「体力の低下」(30.9%)、「体重の増加」(28.0%)、「筋力の低下」(27.1%)といった身体的な影響を感じている人も少なくなかった。

◆また、「新型コロナウイルス」をきっかけに何らかの健康習慣を新たに始めた人は約5割(マスク、手洗い・うがいを除く)。運動習慣では「散歩・ウォーキング」「自宅でのストレッチ・筋トレ」、食習慣では「栄養バランスを考えて食べる」「野菜を多く食べる」、生活習慣では「マスクの着用」「手洗い・うがい」のほか、「十分な睡眠を摂る」「基礎体温を測る」といった取り組みを始めた人が多かった。

◆さらに、「新型コロナウイルス」の影響は「免疫力」に関する結果にも表れている。具体的には、『関心がある健康キーワード』において、「免疫力」の出現率が2019年から8.1pt増加し、順位が2位から1位にランクアップ。『食事の際に意識する健康効果』においても、「免疫力向上」の出現率が2019年比で4.7pt増加し、11位から6位に順位がアップした。さらに、栄養成分に関しては「乳酸菌・ビフィズス菌」 「ビタミンD」「ビタミンA」において、「免疫力向上」の効果を期待する人がそれぞれ5.0pt以上増えていた。

◆このほか、「新型コロナウイルス」以外の動きでは、健康に関する情報源において変化が見られた。具体的には、ネット媒体の利用率がアップしており、若年層を中心に「ネット記事」「SNS」「動画サイト」を利用する人が増えている。また、小規模ではあるものの、「健康アプリ」や「オンライン健康相談サービス」などのデジタルヘルスケアサービスを利用する人も増加傾向にあった(6.9%:2019年比+2.0pt)。使用アプリについては男女で違いがあり、男性は「dヘルスケア」 「LINEヘルスケア」「FiNC」、女性は「ルナルナ」「FinC」「あすけんダイエット」を使用している人が多くなっている。

◆当レポートでは、20〜70代男女の健康に対する考え方や、健康のための取り組み、栄養の摂取状況、健康食品の利用実態などを調査。性別、年齢層別に加えて、「健康オタクタイプ」「スポーツ重視タイプ」「食生活重視タイプ」「価格重視タイプ」「安心安全タイプ」「なんとなくタイプ」の6つのクラスターでも分析している。なお、当調査は2019年より行っており、今後も毎年調査を継続し、消費者の健康や栄養に対する意識・実態の変化を探っていく。



【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:健康や栄養を意識して健康食品(サプリメント、青汁、プロテインのいずれか)を週に1回以上摂取している人
   (20〜70代男女10,000人から抽出)
   ※今回の調査では、事前調査の結果を基にしたウエイトバック集計を行っているため、N数や出現率に誤差が生じている。

【調査内容】
◆健康に対する意識・考え方
◆健康面で悩んでいる症状
◆新型コロナウイルスの影響
◆健康のための取り組み(運動・食事・生活)
◆不足している・魅力を感じる栄養成分
◆健康食品の利用実態

【調査実査日】
2020年7月21日


目次
■調査概要
■被験者特性
■事前調査
■分析編
1. 健康に対する意識
2. 健康面の悩み
3. 健康に関する情報源
4-1. 健康のための取り組み(運動習慣)
4-2. 健康のための取り組み(食習慣)
4-3. 健康のための取り組み(生活習慣)
5-1. 新型コロナウイルスの影響@
5-2. 新型コロナウイルスの影響A
5-3. 新型コロナウイルスの影響B
5-4. 新型コロナウイルスの影響C
6-1. 栄養摂取の意識と実態@
6-2. 栄養摂取の意識と実態A
6-3. 栄養摂取の意識と実態B
6-4. 栄養摂取の意識と実態C
7-1. 健康食品の利用実態@
7-2. 健康食品の利用実態A
8-1. クラスター別分析:健康オタクタイプ
8-2. クラスター別分析:スポーツ重視タイプ
8-3. クラスター別分析:食生活重視タイプ
8-4. クラスター別分析:価格重視タイプ
8-5. クラスター別分析:安心安全タイプ
8-6. クラスター別分析:なんとなくタイプ

■集計編
1 健康に対する意識・考え方(SA)
2-1 健康に関心を持つようになったきっかけ(MA)
2-2 健康に関心を持つようになった最大のきっかけ(SA)
3-1 将来の健康について不安に思うこと(MA)
3-2 将来の健康について最も不安に思うこと(SA)
4 現在の健康度(SA)
5 健康の定義(MA)
6-1 健康面で悩んでいる症状(MA)
6-2 健康面で最も悩んでいる症状(SA)
7 新型コロナによる心身への影響(MA)
8-1 定期的に行っている運動(MA)
8-2 新型コロナをきっかけに始めた運動(MA)
9-1 食習慣で実践していること(MA)
9-2 食習慣で実践したいができていないこと(MA)
9-3 食習慣で新型コロナをきっかけに実践するようになったこと(MA)
10-1 生活習慣で実践していること(MA)
10-2 生活習慣で実践したいができていないこと(MA)
10-3 生活習慣で新型コロナをきっかけに実践するようになったこと(MA)
11-1 参考にする情報源(MA)
11-2 信頼できる情報源(MA)
12-1 よく見る健康情報番組(MA)
12-2 最もよく見る健康情報番組(SA)
13 よく見る健康雑誌(MA)
14-1 利用したことがあるヘルスケアアプリ(MA)
14-2 現在利用しているヘルスケアアプリ(MA)
15 検索ワード(FA)
16-1 聞いたことがある健康キーワード(MA)
16-2 関心がある健康キーワード(MA)
17 食事の際に意識する健康効果(MA)
18 意識的に摂取している野菜・果物(MA)
19 意識的に摂取している肉・魚介類・海藻類・卵・乳製品(MA)
20 意識的に摂取している飲料(MA)
21 意識的に摂取している穀物類・油・加工食品(MA)
22-1 知っている栄養成分(MA)
22-2 魅力的だと思う栄養成分(MA)
22-3 必要だが不足していると思う栄養成分(MA)
23 不足している栄養成分の補填方法(MA)
24 魅力的だと思う栄養成分の摂取方法(MA)
25 魅力的だと思う栄養成分に期待する健康効果(MA)
26 現在摂取している健康食品の種類(SA)
27 健康食品に費やす1 ヶ月あたりの金額(SA)
28 健康食品に期待する健康効果(MA)
29 健康食品の利用目的(MA)
30-1 利用している健康食品のメーカー(MA)
30-2 最も愛飲している健康食品のメーカー(SA)
31-1 普段利用している購入先(MA)
31-2 最もよく利用している購入先(SA)
31-3 新型コロナの感染拡大後に利用機会が増えた購入先(MA)
32 健康食品の摂取期間(SA)
33 健康食品を選ぶ際に重視すること(MA)
34-1 健康食品で摂取したい栄養成分(MA)
34-2 健康食品で最も摂取したい栄養成分(SA)
35-1 現役年齢(SA)
35-2 希望寿命(SA)
36 普段の生活習慣(MA)
37 ライフスタイルに関する意識と実態(SA)

■調査票


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2020年9月9日
頒価:390,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。