トップページ > ドリンク・デザート > > 2016年 酒類総市場データベース―ビールが19年ぶりに増加、低アルコール飲料、ワイン、ウイスキーは引き続き好調―

2016年 通販化粧品の市場分析調査―停滞打開に向けて主要各社が仕掛ける次の一手とは?―

2016年 酒類総市場データベース

―ビールが19年ぶりに増加、低アルコール飲料、ワイン、ウイスキーは引き続き好調―

商品番号 mr120160307

価格55,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
≪体裁≫
CD-ROM(収録内容:本文PDF版、Excelデータ)

※本資料では、郵送による試読を受け付けておりません。予めご了承ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


>>>エクセルデータサンプル

>>>金額データサンプル

>>>パワーポイントサンプル

>>>低アルコールサンプル


概要
【調査目的】
酒類市場を分野別に調査・分析するとともに、メーカー別、ブランド別のシェアをレポートすることで、今後の各酒類市場の動向を明らかにしている。

【調査内容】
〈レポート編〉
 ・市場規模推移
 ・メーカー別/ブランド別シェア
 ・市場概況
 ・商品動向
 ・2016年度見込
〈データ編〉
 ・メーカー別カテゴリー別売上高(金額)
 ・メーカー別カテゴリー別売上高(数量)
 ※データ編は2006年〜2015年度までのデータを記載している

【納品形態】
納品形態はCD-ROMになります(中にパワーポイントとそのPDF、エクセルデータを収録)

【調査期間】
2015年4月


【目次】
1.ビール
2.発泡酒
3.新ジャンル
4.低アルコール
5.ワイン
6.清酒
7.焼酎
8.ウイスキー
9.ノンアルコール
10.梅酒

資料体裁:CD-ROM(収録内容:本文PDF、Excelデータ)
発 刊 日:2016年4月20日
頒  価:55,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。