トップページ > ドリンク・デザート > チャネル > コンシューマーレポートNo.192ホットドリンクの飲用実態とニーズ探索調査(第6弾)―CVSカウンターコーヒーとの相乗効果で活性化!―

コンシューマーレポートNo.192ホットドリンクの飲用実態とニーズ探索調査(第6弾)―CVSカウンターコーヒーとの相乗効果で活性化!―

コンシューマーレポートNo.192
ホットドリンクの飲用実態とニーズ探索調査(第6弾)

―CVSカウンターコーヒーとの相乗効果で活性化!―

商品番号 cr610140245

価格230,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨と結果】
◆今回、10代から60代の男女624人を対象に、ペットボトルや缶入りのホットドリンクに関する消費者調査を実施した。新たに「50代」「60代」を追加して、中高年層の実態についても明らかにしている。

◆調査の結果、ホットドリンクを飲んだ人は昨年より増加し、かつ飲用頻度も高まっていることがわかった。また、「おいしさ」や「香り」「温かさ」を重視する傾向が強まっており、今後こうした価値提案を一層強化していくことが更なる需要促進に繋がるといえる。

◆また、ホットドリンクの購入先において大きな特徴が見られた。具体的には、「CVS」での購入率が増加したのに対し、「自動販売機」は減少しているというもの。「CVS」では、カウンターコーヒーを利用する人が大幅に増えており、「CVS」への来店率・頻度の高まりによる相乗効果からホットドリンクの購入も増えていると考えられる。

◆この他、年代別では「60代」の特徴が顕著に表れている。具体的な傾向を示すために「10〜50代」との比較を行い、今後有効な提案策を提示している。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:10代(高校生以上)〜60代の男女

【調査内容】
1.ホットドリンクの飲用実態
2.ホットドリンクの購入実態
3.コンビニエンスストアの手作りコーヒーの利用実態と競合状況
4.ホットドリンクの評価
5.今後のホットドリンクの飲用意向・求める商品像

目次
■調査概要
■調査票
■被験者特性
■分析編
1. ホットドリンクの飲用状況
 1) 飲用経験と頻度
 2) この冬に飲んだホットドリンクの種類
2. ホットドリンクのトレンド
 1) おいしさ・温もり・香りニーズ
 2) 気分的効果のニーズ
3. CVSカウンターコーヒーの影響
 1) 利用状況と競合商品
 2) ホットドリンクの購入先の変化
4. 今後のホットドリンクの飲用意向
5. 今後ホットドリンクに期待すること
6. 60代におけるホットドリンクの飲用実態(10代〜50代との比較)

■集計編
1. ホットドリンクの摂取状況(SA)
2. ホットドリンクの摂取頻度(SA)
3. ホットドリンクを飲む場所(MA)
4. この冬にホットとコールドのどちらを多く飲んだか(SA)
5-1 この冬に飲んだホットドリンクの種類(MA)
5-2 1)昨年までの冬と比べて飲用機会が増えたホットドリンクの有無(SA)
2)昨年までの冬と比べて飲用機会が増えたホットドリンクの種類(MA)
5-3 1)昨年までの冬と比べて飲用機会が減ったホットドリンクの有無(SA)
2)昨年までの冬と比べて飲用機会が減ったホットドリンクの種類(MA)
6 飲用機会が増えた理由(MA)
7 飲用機会が減った理由(MA)
8 この冬に飲んだホットドリンクのブランド(MA)
9 最もよく飲んだホットドリンクのブランド(SA)
10 最もよく飲んだホットドリンクの容器(SA)
11 ホットドリンクを飲んだ時間帯(SA)
12 ホットドリンクの飲用シーン(MA)
13 ホットドリンクの飲用目的(MA)
14 ホットドリンクの購入先(SA)
15 ホットドリンクの内容量(SA)
16 ホットドリンクの購入価格(SA)
17 ホットドリンクの購入ポイント(MA)
18 ホットドリンクの購入機会の増減(SA)
19 ホットドリンクの購入機会が増えた理由(MA)
20 ホットドリンクの購入機会が減った理由(MA)
21 ホットドリンクのスイッチ状況(SA)
22. 普段とは別のホットドリンクを購入する際の変更点(MA)
23. ホットドリンクの商品スイッチ理由(MA)
24. ホットドリンクの気に入っている点(MA)
25. ホットドリンクの不満点(MA)
26. コンビニエンスストアの手作りコーヒーの利用経験(SA)
27. コンビニエンスストアの手作りコーヒーを利用するようになって利用機会が減ったホットドリンク(MA)
28. ホットドリンクの飲用機会の減少度合(SA)
29. 今後のホットドリンクの飲用意向(SA)
30. 今後充実してほしいホットドリンクの種類(MA)
31-1. ホットドリンクの品揃え強化を望むチャネル(SA)
31-2. 店頭で品揃えを強化してほしいホットドリンクの種類(MA)
32. ホットドリンクを飲みたくない理由(MA)
33. 今後ホットドリンクに望むこと(MA)
34. ホットドリンクの改良点・今後希望する商品(FA)

体裁:A4判カラーコピー製本128頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編
(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2014年2月28日
頒 価:230,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。