トップページ > ドリンク・デザート > チャネル > 2013年 牛乳類の市場分析調査―地域別・チャネル別特性と乳業メーカーの牛乳事業を探る―

2013年 牛乳類の市場分析調査―地域別・チャネル別特性と乳業メーカーの牛乳事業を探る―

2013年 牛乳類の市場分析調査

―地域別・チャネル別特性と乳業メーカーの牛乳事業を探る―

商品番号 mr120130131

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆今回調査した牛乳類の市場規模は、2012年度で前年比0.8%減の7,547億円となった。市場規模は、飲料市場の多様化や少子高齢化、食生活の変化などに伴う消費減少で年々縮小している。さらに、量販店での安売りの常態化やPB商品の台頭などでNB商品の収益性も低下しており、牛乳類を展開するメーカーにとって厳しい状況が続いている。

◆市場環境が厳しい中で、大手乳業メーカーは牛乳のおいしさを追求したものや機能成分を付加した商品の積極的な展開で需要喚起を行っている。一方、地域の中小乳業メーカーでは、存在感が高まっているPB商品の受託製造により事業基盤の維持を図っているケースも多くなっている。

◆チャネル別に見ると、量販店ルートは前記したように価格競争の激化で苦戦。これに対して、“スーパー化”が進むドラッグストアでは、取扱いが拡大しつつある。この他、業務用は学校給食向けが少子化による児童数の減少で縮小しているが、ホテルや飲食店などでは料理用途などもあり根強い需要を獲得している。

◆当該資料では、牛乳類市場をNB・PB別、チャネル別、地域別など様々な視点で調査・分析し、地域別やチャネル別の市場特性を明らかにしている。また、全国規模で展開する乳業メーカーに加え、地域の有力乳業メーカーの商品展開状況と販売動向、販売システムなどをまとめ、各社の牛乳事業の展開も探っている。

目次
【調査概要】
【集計・分析編】
1.調査範囲
 1)牛乳類の調査範囲
 2)調査対象企業
2.対象企業20社における牛乳類のアイテム集計
 1)種類別アイテム集計
 2)企業別・種類別アイテム集計
 3)容量帯別アイテム集計
 4)容器別アイテム集計
 5)機能訴求別アイテム集計
 6)対象企業20社の牛乳類商品一覧
3.PB牛乳のアイテム集計
 1)製造者別・種類別アイテム集計
 2)チェーン別PB牛乳一覧(確認できたもののみを記載)
4.牛乳類の市場分析
 1)牛乳類の市場概況と市場規模推移
 2)牛乳類の種類別市場規模推移
 3)牛乳類の企業別売上高推移(NB牛乳の売上のみ)
 4)種類別企業別シェア(2012年度※NB牛乳の売上のみ)
 5)牛乳類(NB牛乳)のチャネル別売上高推移
 6)対象企業20社におけるチャネル別売上構成比(2012年度※NB牛乳の売上のみ)
 7)チャネル別企業別シェア(2012年度※NB牛乳の売上のみ)
 8)牛乳類の地域別売上構成(2012年度※NB牛乳の売上のみ)
 9)対象企業20社における地域別売上構成比(2012年度※NB牛乳の売上のみ)
5.対象企業20社における牛乳類の生産拠点
6.対象企業20社における牛乳宅配事業
<参考>都道府県別主要乳業メーカー一覧

【個別企業編】
◎ 明治
◎ 雪印メグミルク
◎ 森永乳業
◎ タカナシ乳業
◎ よつ葉乳業
◎ グリコ乳業
◎ 南日本酪農協同
◎ 協同乳業
◎ 日本酪農協同
◎ トモヱ乳業
◎ 四国乳業
◎ 北海道乳業
◎ オハヨー乳業
◎ 小岩井乳業
◎ 共進牧場
◎ 古谷乳業
◎ 中央製乳
◎ いかるが牛乳
◎ チチヤス
◎ 湯田牛乳公社

―調査項目(共通)―
1.企業概要
2.主要商品一覧
3.売上高
 1)種類別売上高 
 2)地域別・チャネル別売上高 
4.販売システム
 1)生産・物流体制 
 2)販売体制 
5.PB製造受託状況(確認できたもののみを記載)
6.今後の展開と見通し

資料体裁:A4判 101頁
発 刊 日:2013年10月31日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。