トップページ > ドリンク・デザート > 飲料 > コンシューマーレポートNo.207スムージーの飲用実態と商品ニーズを探る―ターゲットは「20・30代」、求める効果は「野菜不足の解消」「美肌」「ダイエット」―

スムージーの飲用実態と商品ニーズを探る―ターゲットは「20・30代」、求める効果は「野菜不足の解消」「美肌」「ダイエット」―

コンシューマーレポートNo.207
スムージーの飲用実態と商品ニーズを探る

―ターゲットは「20・30代」、求める効果は「野菜不足の解消」「美肌」「ダイエット」―

商品番号 cr110150274

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨と結果】
◆今回、スムージーの飲用実態と商品ニーズを探るべく、20〜50代の男女622人を対象に、手作りおよび市販のスムージーについてのアンケート調査を実施した。

◆調査の結果、スムージーの飲用目的や求める効果については、性別、年代で大きく違いがあることがわかった。具体的には、男性は「デザート」「リラックス・気分転換」、女性は「美肌」「ダイエット」、20・30代は「野菜不足の解消」、40・50代は「アンチエイジング」「生活習慣病予防」といった効果を求めてスムージーを飲用する傾向が見られた。

◆今後の市販のスムージーの飲用意向としては、78.8%の人が「飲用したい」との意向を示しており、なかでも「20・30代」の若者世代の意向が高かった。さらに、今後の商品像としては、添加物を使用しない“自然派”のスムージーを求める人が多く、飲用したい素材では「アサイー」「ブルーベリー」「アセロラ」といったスーパーフルーツへのニーズが強かった。

◆一方、今後「飲用したくない」人の意見としては、「価格が高い」「購入が不便」「興味がない」などが挙がっており、新たな需要の獲得に向けては、こうした課題への対応も必須となっている。

◆このほか、「青汁」「野菜飲料」「豆乳」「サプリメント」との比較によるスムージーの強みや、スムージーに続く次世代飲料として注目が集まる「コールドプレスジュース」に対する認知度・飲用経験などについても明らかにしている。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリア:全国
対象:20〜50代の男女622人(飲用者518人、飲用中止者26人、非飲用者78人)

【調査内容】
1 スムージーの飲用状況
  ・スムージーの飲用目的
  ・スムージーの飲用頻度・期間
  ・スムージーの飲用シーン
  ・スムージーに費やす金額
  ・スムージーの購入先
  ・飲用経験のあるスムージーのタイプ・ブランド
2 スムージー(手作り・市販)の評価
  ・スムージー(手作り・市販)の満足度
  ・スムージー(手作り・市販)のメリット、デメリット
3 市販のスムージーの今後の商品像
  ・市販のスムージーの今後の飲用意向
  ・飲用したい理由/飲用したくない理由
  ・飲用したい素材(野菜・果物・その他)
  ・魅力を感じる栄養素
  ・求める健康・美容効果
  ・スムージーに対する考え方
4 青汁、野菜飲料、豆乳、サプリメントとのイメージ比較
5 コールドプレスジュースの認知度・飲用経験・飲用意向

目次
■調査概要
■調査票
■被験者特性
■分析編
1. スムージーの飲用実態
2. スムージーの魅力と飲用目的
3. 今後の市販のスムージーの需要性
4. 市販のスムージーのターゲット層
5. 今後、求められるスムージーの商品像−栄養素、健康・美容効果−
6. 今後、求められるスムージーの商品像−素材(野菜・果物)−
7. スムージーの飲用シーンと今後の展開

■集計編
1. スムージーのイメージ(MA)
2. スムージーの飲用期間(SA)
3. スムージーの飲用頻度(SA)
4. スムージーに費やす金額(SA)
5. スムージーを飲用するようになったきっかけ(MA)
6. スムージーの飲用目的(MA)
7. スムージーで魅力を感じる点(MA)
8. 普段飲用するスムージーに入っている野菜(MA)
9. 普段飲用するスムージーに入っている果物(MA)
10. 普段飲用するスムージーに入っている野菜・果物以外の素材(MA)
11. スムージーで好きな食感(MA)
12. スムージーの飲用経験−手作り・市販・外食−(SA)
13. 手作りスムージーの満足度(SA)
14. 手作りスムージーのメリット(MA)
15. 手作りスムージーのデメリット(MA)
16. 手作りスムージーの飲用シーン(MA)
17. 市販のスムージーの満足度(SA)
18. 市販のスムージーのメリット(MA)
19. 市販のスムージーのデメリット(MA)
20. 市販のスムージーの金額イメージ(SA)
21. 市販のスムージーで飲用したことのあるタイプ(MA)
22. 市販のスムージーで最もよく飲用するタイプ(SA)
23. 市販のスムージーの飲用シーン(MA)
24. 市販のスムージーで飲用したことのあるブランド【チルドカップ、紙パック】(MA)
25. 市販のスムージーで最もよく飲用するブランド【チルドカップ、紙パック】(SA)
26.市販のスムージーの購入先【チルドカップ、紙パック】(MA)
27.市販のスムージーの飲用タイミング【チルドカップ、紙パック】(SA)
28.市販のスムージーで飲用したことのあるブランド【粉末タイプ】(MA)
29.市販のスムージーで最もよく飲用するブランド【粉末タイプ】(SA)
30.市販のスムージーで飲用したことのあるブランド【冷凍タイプ】(MA)
31.市販のスムージーで最もよく飲用するブランド【冷凍タイプ】(SA)
32.市販のスムージーで飲用したことのあるブランド【缶・瓶・PET ボトル】(MA)
33.市販のスムージーで最もよく飲用するブランド【缶・瓶・PET ボトル】(SA)
34.市販のスムージーの購入先【粉末タイプ、冷凍タイプ、缶・瓶・PET ボトル】(MA)
35.最もよく飲用する商品の飲用理由(MA)
36.市販のスムージーのブランドスイッチ状況(SA)
37.市販のスムージーのブランドスイッチ理由(MA)
38.市販のスムージーを購入する際に重視する点(SA)
39.スムージーを飲用しない理由(MA)
40.今後の市販のスムージーの飲用意向(SA)
41.今後市販のスムージーを飲用したい理由(MA)
42.今後市販のスムージーを飲用したくない理由(MA)
43.今後最も飲用したい市販のスムージーのタイプ(SA)
44.タイプ別の飲用したい理由(MA)
45.スムージーで魅力を感じる栄養素(MA)
46.今後スムージーに期待する健康・美容効果(MA)
47.今後スムージーで飲用したい野菜(MA)
48.今後スムージーで飲用したい果物(MA)
49.今後スムージーで飲用したい野菜・果物以外の素材(MA)
50.スムージーに対する考え方(SA)
51.コールドプレスジュースの認知度(SA)
52.コールドプレスジュースの飲用経験(SA)
53.今後のコールドプレスジュースの飲用意向(SA)
54.各健康飲料・健康食品のイメージ(SA)

体裁:A4判カラーコピー製本約203頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2015年2月20日
頒 価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。