トップページ > ドリンク・デザート > 飲料 > 果汁飲料の飲用実態と今後のニーズ(第9弾)―“飲用の習慣化”と“休眠顧客の復活”が需要拡大ポイント!―

果汁飲料の飲用実態と今後のニーズ(第9弾)―“飲用の習慣化”と“休眠顧客の復活”が需要拡大ポイント!―

【マルチクライアント調査企画】
果汁飲料の飲用実態と今後のニーズ(第9弾)

―“飲用の習慣化”と“休眠顧客の復活”が需要拡大ポイント!―

実査確定

商品番号 cr120180377

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


>>>サンプルデータ


【調査ポイント】
◆果汁飲料をより一層習慣的に飲んでもらうためには?
◆果汁飲料を飲まなくなった人に再び果汁飲料を手に取ってもらうためには?
◆時系列でニーズの変化はあるのか?
◆今後の果汁飲料のトレンドとは?

【調査方法】
WEBアンケート調査

【調査エリア】
全国

【調査対象・サンプル数】
20〜60代の男女 620サンプル

【要項】
レポート発刊予定日:2018年6月27日
頒価:360,000円+税
納品物:A4版カラーコピー製本+CD-ROM版(データ※)
    ※データ:ローデータ、クロス集計、FAリスト、本文PDF・PPTなど


【調査趣旨】
★果汁飲料市場を復調させるポイントを見出すための調査企画
◆近年、果汁飲料市場は減少傾向が続いている。また、弊社で2010年より毎年行っている果汁飲料の消費者調査から果汁飲料の飲用経験率は毎年減少している結果がみられた。すなわち、果汁飲料市場は窮地に立たされているといっても過言ではなく、何らかのテコ入れが必要であるといえる。

◆ただ、苦戦する果汁飲料市場においても吉報はある。具体的には、前回調査時(2017年6月)に、果汁飲料を「週に1回以上」飲用するユーザーが2016年に比べて、増加していることがわかった。つまり、果汁飲料は飲用の習慣化の兆しがみられる。

◆そこで、今回は“飲用の習慣化”と“休眠顧客の復活”をキーワードに、消費者調査の結果から果汁飲料の市場拡大ポイントを明らかにしていく。また、これまで8回にわたり実施してきた果汁飲料の飲用実態や商品評価などの結果との時系列の傾向も分析することで、今後の果汁飲料の商品開発やマーケティングの一助となるデータとして提案する。


【調査項目】
◆被験者特性
 ・男女
 ・年代
◆果汁飲料の飲用・購入実態
 ・果汁飲料の飲用経験
 ・果汁飲料の飲用機会の増減
 ・果汁飲料の飲用頻度
 ・習慣的に果汁飲料を飲むようになったきっかけ
 ・継続して果汁飲料を飲用している理由
 ・果汁飲料の飲用シーン
 ・果汁飲料の飲用目的・理由
 ・半年間で飲用したフルーツの種類
 ・半年間で飲用した商品
 ・果汁飲料の購入先
 ・果汁飲料の購入ポイント
 など
◆果汁飲料飲用中止者の実態
 ・どれくらいの期間果汁飲料の飲用を止めているか
 ・果汁飲料の代わりに飲むようになった飲料はあるのか
 ・代わりに飲むようになった具体的な飲料の種類
 ・代わりに飲料以外で果汁を摂取しているのか
 ・果汁飲料の代わりに飲んでいる飲料の飲用目的・理由
 ・その他果汁飲料の飲用を止めた理由
 など
◆健康・美容系果汁飲料の飲用実態
 ・「健康・美容系」果汁飲料の飲用状況
 ・「健康・美容系」果汁飲料に期待する健康効果
 ・今後の「健康・美容系」果汁飲料の飲用機会の増減
 など
◆果汁飲料の商品評価
 ・果汁飲料の気に入っている点
 ・果汁飲料の不満点
 など
◆今後の飲用意向と商品ニーズ
 ・今後の果汁飲料の飲用意向
 ・どれくらいの果汁率の果汁飲料を飲みたいか
 ・今後果汁飲料で飲用したいフルーツの種類
 ・今後果汁飲料に強化配合してほしい機能成分
 ・今後飲用したい果汁飲料の容量
 ・今後飲用したい果汁飲料の容器
 ・継続して飲用したいと思う果汁飲料の条件
 ・今後果汁飲料を飲用したくない理由
 ・今後の果汁飲料に望むこと
 ・今後の果汁飲料の飲用機会の増減
 ・果汁飲料に対する考え方
 など
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。