トップページ > ドリンク・デザート > 飲料 > 2015年 炭酸飲料市場マーケティングデータ―刺激を強めたストロング訴求が活発化!―

2015年 炭酸飲料市場マーケティングデータ―刺激を強めたストロング訴求が活発化!―

2015年 炭酸飲料市場マーケティングデータ

―刺激を強めたストロング訴求が活発化!―

商品番号 mr120150252

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆当資料では炭酸飲料として、コーラ炭酸、透明炭酸、果汁炭酸(果汁入炭酸・果汁着色炭酸)、食系栄養炭酸、機能系炭酸、乳性炭酸、その他炭酸をまとめている。

◆炭酸飲料の総市場は、2014年度で前年比3.9%減の6,350億円となり、2012年度から続くプラス成長に歯止めがかかった。主な要因としては、消費税の引き上げや夏場の天候不順による需要の低迷、主要メーカーの変則決算による影響などが挙げられる。

◆2015年度は前年比6.2%増の6,746億円となり、前年を上回る見込み。主要カテゴリーにおいて大型新製品の投入が活発で、市場は活性化すると見られる。具体的には、コーラ炭酸の「コカ・コーラ ゼロ」(日本コカ・コーラ)、「ペプシストロング(ゼロ)」(サントリー食品インターナショナル、果汁炭酸の「メッツ」(キリンビバレッジ)、「レモンジーナ」(サントリー食品インターナショナル)が、発売当初から好調に推移しており、炭酸飲料市場を牽引すると見られる。

◆これら新製品の共通点としては、炭酸の刺激に訴求ポイントを見出している点が挙げられる。すなわち、“強炭酸”や“微炭酸”、“強カフェイン”、“アルギニン配合”といったように、炭酸の独自価値ともいえる刺激に着目。とくに、“強炭酸”を訴求した新製品の投入が顕著となっている。そこで、当資料では、“強炭酸”、“強カフェイン”、“アルギニン”といった刺激を強めた商品を「ストロングタイプ」、“微炭酸”で刺激を和らげた商品を「ソフトタイプ」、それ以外を「スタンダードタイプ」に分類。これら3つの市場を分析したところ、2015年度はストロングタイプにおいて前年比57.2%増の伸長が見込まれる。

◆このほか、当資料では炭酸飲料の種類別販売規模やポジショニング、種類別の商品傾向などを調査・分析。加えて、主要8社の新製品展開状況や商品政策などをまとめて、今後の炭酸飲料市場の動向を分析している。

目次
【調査概要】
【総市場編】
1.調査範囲
2.主要参入企業一覧
3.アイテム集計
 1)主要メーカーの商品展開状況
  @メーカー別種類別
  Aメーカー別訴求ポイント別
 2)新製品展開状況(2014年6月〜2015年6月)
4.炭酸飲料の総市場規模
 1)清涼飲料市場に占める位置づけ
 2)炭酸飲料の種類別マーケット
 3)炭酸飲料の訴求ポイント別マーケット
 4)炭酸飲料のブランド別マーケット
5.炭酸飲料のポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング
6.炭酸飲料の種類別市場規模予測
7.炭酸飲料における商品政策
 1)炭酸飲料全体
 2)種類別

【市場編】
◆ コーラ炭酸
1.参入企業
2.コーラ炭酸の発売経緯
3.コーラ炭酸種類別販売規模分析
 1)コーラ炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.コーラ炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング

◆ 透明炭酸
1.参入企業
2.透明炭酸の発売経緯
3.透明炭酸種類別販売規模分析
 1)透明炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.透明炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング

◆ 果汁炭酸
1.参入企業
2.果汁炭酸の発売経緯
3.果汁炭酸種類別販売規模分析
 1)果汁炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.果汁炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング

◆ 食系栄養炭酸
1.参入企業
2.食系栄養炭酸の発売経緯
3.食系栄養炭酸種類別販売規模分析
 1)食系栄養炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.食系栄養炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング

◆ 機能系炭酸
1.参入企業
2.機能系炭酸の発売経緯
3.機能系炭酸種類別販売規模分析
 1)機能系炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.機能系炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング
   
◆ (参考)エナジードリンク
1.参入企業
2.市場概況
3.エナジードリンクの市場規模
4.メーカー別シェア
5.ブランド別シェア
6.メーカー別ポジショニング
7.主要メーカーのブランド特性

◆ その他炭酸
1.参入企業
2.その他炭酸の発売経緯
3.その他炭酸種類別販売規模分析
 1)その他炭酸の市場規模
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
4.その他炭酸におけるポジショニング
 1)メーカー別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング

【個別企業編】
◆日本コカ・コーラ
◆サントリー食品インターナショナル
◆アサヒグループホールディングス
◆大塚ホールディングス
◆キリンビバレッジ
◆ポッカサッポロフード&ビバレッジ
◆活ノ藤園
◆ダイドードリンコ

―個別企業の調査項目(各社共通)―
1.企業概要
2.事業概要  
3.炭酸飲料の発売経緯  
4.炭酸飲料の商品展開状況  
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
 3)新製品の投入動向  
5.炭酸飲料種類別販売規模分析  
 1)種類別販売規模推移
 2)訴求ポイント別販売動向
 3)ブランド別販売動向
6.炭酸飲料におけるポジショニング
 1)種類別ポジショニング
 2)ブランド別ポジショニング
 3)訴求ポイント別ポジショニング
7.販促活動
8.炭酸飲料における商品政策
 1)炭酸飲料全体
 2)主要ブランド別

資料体裁:A4判 128頁
発 刊 日:2015年8月12日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。