トップページ > フード > チャネル > 2010年 業務用食品の市場分析調査<調味料編>

2010年 業務用食品の市場分析調査<調味料編>

メニュー提案・チャネル開拓が活発化する業務用調味料市場
2010年 業務用食品の市場分析調査<調味料編>

商品番号 mr0090066

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
2008年度の業務用調味料市場は、2008年1月に発生した中国製冷凍ぎょうざが原因と疑われる健康被害の問題や世界的な不況による消費悪化の影響に伴い、マイナスで推移する結果となった。
このような市場環境において、メーカー各社はメニュー提案の強化や新規チャネルの開拓を積極的に行い、売上げの維持・拡大に努めている。なかでも、中食分野の拡大に取り組む動きが活発化している。
市場全体が落ち込む中、品目別ではマヨネーズ・ドレッシング、マーガリン類、つゆの素が順調に規模を拡大。マヨネーズは「ハーフ」、ドレッシングでは「ノンオイル」が好調。これら調味料は原料コスト面からユーザーへの価格訴求力が高く、さらに健康志向とも相まって需要が伸びている。
当資料では、業務用調味料として26品目を採り上げ、市場動向や参入各社の取り組み、さらには、業務用卸の動向を調査・分析することによって、多面的・多角的な視点から当該市場の全貌を明らかにしている。

目次
調査概要

市場編 
1.調査対象範囲
2.調味料の市場概況
1)調味料市場の変遷
2)参入各社の動向
3)外食・中食産業の変遷
3.市場規模分析
1)品目別市場規模
2)業態別市場規模
(1)業態別市場規模推移
(2)品目別業態市場規模
4.品目別メーカーシェア
5.主要各社の商品展開状況
1)業務用調味料の展開一覧
2)新商品発売状況(2009年1月以降)
6.業務用卸の取引状況
1)主要仕入先・得意先一覧
2)主要外食・中食業者の取引一覧
7.今後の市場性
1)今後の市場展望
2)主要各社の今後の展開

品目編 
みそ
しょうゆ
食酢
マヨネーズ類(マヨネーズ・ドレッシング)
マーガリン類
風味調味料(だしの素類)
つゆの素
ソース類
各種たれ類
みりん風調味料類

調査項目
1.市場概況
2 市場規模分析
1)市場規模推移
2)業態別売上規模
3.メーカー別シェア
4.主要参入各社の動向
5.今後の市場性

個別企業編 
味の素
イチビキ
エバラ食品工業
オタフクソース
キッコーマン
キユーピー
コーミ
タケサン
永谷園
日本食研
にんべん
ブルドックソース
マルサンアイ
丸善食品工業
ミツカン
理研ビタミン
ヤマキ
ヤマサ醤油

調査項目
1.企業概要
2.商品展開
3.売上高分析
1)業務用食品売上高
2)販路別売上高
4.販売方法と販促活動
5.今後の事業展開

資料体裁:A4判 126頁
発刊日 :2009年11月30日
頒 価 :87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。