トップページ > フード > チャネル > 2015年 スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向総調査―女性・シニア層の取り込みが本格化!拡大を続ける惣菜・FF市場―

2015年 スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向総調査―女性・シニア層の取り込みが本格化!拡大を続ける惣菜・FF市場―

2015年 スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向総調査

―女性・シニア層の取り込みが本格化!拡大を続ける惣菜・FF市場―

商品番号 mr110150188

価格90,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆中食市場(調理済み食品・持ち帰り弁当など)は、有職女性やシニア層、単身世帯の増加等から拡大を続けている。2013年度のスーパー惣菜/CVS・FF市場は、前年比2.3%増の3兆5,500億円となった。特に、CVS・FFは同3.0%増で推移。CVSの積極的な出店戦略と小商圏化への対応が進み、市場成長に繋がっている。

◆商品面では、働く女性やシニア層、単身世帯をターゲットとした商品開発が活発化。CVSでは、働く女性や主婦、シニア層を取り込むべく、カウンターFFの揚げ物惣菜や店内調理の強化が進んだ。さらに、消費者のプチ贅沢ニーズに対応するプレミアム商品、地元の特産品を使用した地域密着商品、コラボ商品なども活発に上市されている。スーパーでは、CVSとの競争激化から、スーパーならではの強みを活かした差別化が進んでいる。具体的には、生鮮部門の食材を活用した惣菜開発や適量ニーズに対応するバイキングアイテムの強化が挙げられる。

◆当資料では、スーパー惣菜/CVS・FFの市場動向を分析するとともに、スーパー・CVSの米飯・惣菜事業の商品戦略・開発動向を明らかにしている。さらに、関西圏の主要スーパー9社の店舗調査を実施。現状のスーパー惣菜の店頭販売実態を明らかにし、今後の惣菜商品開発に役立つデータとしてまとめている。

【調査概要】
【総括編】
1.スーパー惣菜/CVS・FFの現況
2.スーパー惣菜/CVS・FFの総市場
 1)全体
 2)スーパー惣菜/CVS・FFにおける企業別売上ランキング
 3)スーパー惣菜/CVS・FFにおける企業別売上成長率
3.今後の市場予測

【集計・分析編】
<スーパー惣菜市場>
1.市場概況
2.スーパー惣菜市場の種類別マーケット
3.スーパー惣菜市場のチェーン別シェア動向
 1)スーパー惣菜全体
 2)惣菜類
  @ 惣菜類全体
  A 和惣菜
  B サラダ
  C 揚げ物
 3)米飯類
  @ 米飯類全体
  A 弁当
  B 寿司
4.スーパーの店舗数および1店舗あたりの売上高
5.スーパー惣菜商品展開状況
 1)スーパー別商品展開状況
 2)種類別商品展開状況
  @惣菜類
  A米飯類
 3)店内調理品の割合
 4)価格帯別商品展開状況
  @惣菜類
  A米飯類
   @)米飯類全体
   A)おにぎり
   B)寿司
   C)弁当
6.スーパー惣菜における商品開発ポイント分析
7.各スーパーの惣菜事業政策

<CVS・FF市場>
1.市場概況
2.CVS・FF市場の種類別マーケット
3.CVS・FF市場のチェーン別シェア動向
 1)CVS・FF全体
 2)米飯類
  @ 米飯類全体
  A 弁当
  B おにぎり
 3)調理パン
 4)調理麺
 5)惣菜
 6)その他(カウンターFF)
4.CVSの店舗数および1店舗あたりの売上高
5.CVS・FF商品展開状況
 1)CVS別新商品の種類別商品展開状況
 2)訴求カテゴリー別商品展開状況
6.CVS・FFにおける商品開発ポイント分析
7.訴求カテゴリー別CVS・FF主要新商品一覧
8.主要チェーンのFF事業の取り組み実態
<ベンダー集計>
1.各ベンダーのスーパーとの取引状況
2.各ベンダーの製造品目
3.種類別ベンダーランキング
 1)米飯類
  @ おにぎり
  A 寿司
  B 弁当
 2)惣菜類
  @ 和惣菜
  A サラダ
4.ベンダー(工場・営業所)住所一覧
5. 各CVSにおける取引ベンダーと仕入品目

【個別企業編】
<スーパー編>
◆イオンリテール株式会社
◆株式会社イトーヨーカ堂
◆株式会社ダイエー
◆合同会社西友
◆株式会社ライフコーポレーション
◆イズミヤ株式会社
◆株式会社平和堂
◆株式会社関西スーパーマーケット
◆株式会社阪食

―調査項目(スーパー編)―
1.企業概要
 1)売上構成
 2)店舗展開状況
2.店舗調査による惣菜の展開状況
 1)店舗概要
 2)種類別商品一覧
 3)種類別商品展開状況
4)注目商品分析
 5)価格帯別・種類別展開状況
 6)仕入れ商品の製造業者別内訳
3.惣菜売上高
 1)惣菜種類別売上高
 2)店内調理品売上高
4.惣菜事業の事業政策
 1)惣菜の事業体制
 2)販売戦略・商品展開
※平和堂〜阪食は、「1.企業概要」から「2.店舗調査による惣菜の展開状況」まで調査を実施
     
<CVS編>
◆株式会社セブン−イレブン・ジャパン
◆株式会社ローソン
◆株式会社ファミリーマート
◆株式会社サークルKサンクス
◆株式会社ミニストップ
◆株式会社スリーエフ
◆株式会社ポプラ

―調査項目(CVS編)―
1.企業概要
 1)売上構成
 2)店舗展開状況
2.2014年FF商品展開状況
3.地域別種類別主要ベンダー
4.FF商品種類別売上高
5.FF事業の取り組み実態および今後の方向性

資料体裁:A4判 210頁
発 刊 日:2014年11月28日
頒  価:90,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。