トップページ > フード > チャネル > 2013年 東南アジアの外食産業調査―海外における外食向け食材の拡販に向けて―

2013年 東南アジアの外食産業調査―海外における外食向け食材の拡販に向けて―

2013年 東南アジアの外食産業調査

―海外における外食向け食材の拡販に向けて―

商品番号 mr130130104

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆東南アジアの外食市場は、急速な経済発展に伴う所得水準の向上、消費意欲の高まり、人口増加などを背景に、全般的に拡大傾向にある。そのため、日系の外食企業は東南アジアを新たな成長市場と位置づけ、店舗網拡充を進めている。

◆同地域では中間層の拡大とともに、健康的な食生活や食の品質に対する意識が高まっており、日本食の健康イメージや品質の良さ、日本式サービスへの支持拡大が日系企業の追い風となっている。さらに日本食への理解の深まりとともに、ラーメンやうどん、とんかつといった料理ごとの専門店、日本オリジナルの味を提供する店舗が広がりをみせている。

◆今後も、中間層の拡大や消費の中核となる若年層の増加に伴い、外食需要は拡大するとみられ、参入各社は新規出店による店舗網拡充、新たな国への進出、ローカル層の獲得に向けたメニュー開発などに注力する方向にある。

◆こうした状況を踏まえ、当資料では、東南アジア各国の外食産業の分析に加え、日系の外食企業を中心に、出店状況、メニュー展開と原材料の仕入れ状況、国別売上高、今後の方向性などをレポートしている。

目次
【総括編】
1.調査対象範囲
 1)対象国・対象企業
 2)為替レート
2.各国の外食産業分析
 1)国別外食産業の特徴
 2)外食産業の市場規模比較
 3)業態別比較
3.日系企業の国別参入状況
4.日系企業の店舗展開状況
 1)全体
 2)国別
 3)業態別
5.日系企業の東南アジア売上高推移
 1)全体
 2)国別
6.東南アジアにおける今後の方向性

【国別編】
〈タイ〉
1.タイの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

〈シンガポール〉
1.シンガポールの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

〈インドネシア〉
1.インドネシアの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

〈マレーシア〉
1.マレーシアの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

〈フィリピン〉
1.フィリピンの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

〈ベトナム〉
1.ベトナムの概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向(2011年以降)
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業種
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

【個別企業編】
◆株式会社プレナス
◆株式会社ハチバン
◆株式会社ペッパーフードサービス
◆株式会社大戸屋ホールディングス
◆株式会社壱番屋
◆ワタミ株式会社
◆株式会社吉野家ホールディングス
◆株式会社レインズインターナショナル
◆ワイエスフード株式会社
◆株式会社家族亭
◆株式会社トリドール
◆株式会社WDI
◆株式会社アブ・アウト
◆株式会社リンガーハット
◆イートアンド株式会社

調査項目(各社共通)
1.東南アジアでの事業展開
 1)進出状況
 2)進出国
2.年次別・国別出店状況
3.東南アジアでのメニュー展開状況
4.東南アジアにおける売上高
5.今後の方向性

資料体裁:A4判135頁
発 刊 日:2013年7月19日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

おすすめ商品

2015年 アジアの外食産業調査

―アジアの外食市場と参入企業の動向を探る―

価格 87,000円(+税)

この資料は、製本版完売のためPDF版となります。


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。