トップページ > フード > フード 惣菜・中食 > コンシューマーレポート230介護における低栄養の実態と食品ニーズを探る(第2弾)―介護度や年齢が低い人にも栄養強化食品の利用ニーズが拡大!―

介護における低栄養の実態と食品ニーズを探る(第2弾)―介護度や年齢が低い人にも栄養強化食品の利用ニーズが拡大!―

コンシューマーレポート230
介護における低栄養の実態と食品ニーズを探る(第2弾)

―介護度や年齢が低い人にも栄養強化食品の利用ニーズが拡大!―

商品番号 cr110160322

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
【調査主旨と結果】
◆今回、2013年2月に続き、同居家族に在宅の被介護者を抱える616人を対象に、被介護者の栄養状態と栄養強化食品に関するアンケート調査を実施した。

◆その結果、“低栄養”の問題は、介護度や年齢が低い人にも広がっており、今後、栄養不足に陥る心配・不安を感じている人も増加傾向にあることがわかった。さらに、これらの層では、前回調査時に比べて、要介護者向け栄養強化食品の利用意向も大幅にアップしている。したがって、今後は、介護度や年齢の低い「要支援1・2」や「65〜79歳」においても、栄養不足の予防・改善を目的とした栄養強化食品の利用が増加するものと予想される。

◆今後利用したい栄養強化食品としては、介護度や年齢を問わず、「栄養強化ゼリー(カップタイプ)」のニーズが高い。また、栄養強化食品で強化したい栄養成分としては、「たんぱく質」、「カルシウム」、「エネルギー」が上位となった。さらに、予防・改善したい症状としては、「免疫力の低下による感染症」や「歩行能力の低下」を挙げた人が多かった。特に、「要支援1・2」では、栄養不足によって「歩行能力が低下」することや「つまづきやすくなる」ことを心配する人が多く、こうした症状の予防・改善を訴求した商品開発が求められる。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象は、同居家族に在宅の要介護者を抱える家族

【調査内容】
1.低栄養の実態と症状
2.栄養強化食品の利用実態
3.栄養強化食品の商品評価
4.今後の栄養強化食品の利用意向
5.被介護者の普段の食事実態


目次
■調査概要
■被験者特性
■分析編
1. 前回(2013年時)よりも介護における低栄養の問題が深刻化!
2. 被介護者が栄養不足だと感じた症状は、「食事面」の変化や「筋力・運動機能」の低下
3. 被介護者の栄養不足を感じる人の中で、栄養強化食品の利用が拡大!
4. 今後の栄養強化食品の利用意向も拡大!
5. 今後の商品ニーズは?
 1)栄養強化食品の種類
 2)訴求ポイント
6. 今後の要介護者向け栄養強化食品の課題は価格!

■集計編
1. 要介護高齢者の栄養不足が問題になっていることを知っているか(SA)
2. 被介護者が栄養不足であると感じたことがあるか(SA)
3. 被介護者が栄養不足だと感じた症状(MA)
4. 被介護者が栄養不足となった理由(MA)
5. 被介護者に不足していると感じる栄養成分(MA)
6. 医師から被介護者の栄養不足を指摘されたことがあるか(SA)
7. 医師から栄養剤を処方されたことがあるか(SA)
8. 調理法やメニューなどで工夫したこと(MA)
9. 介護における栄養情報や介護関連商品の情報をどこから得ているか(MA)
10. 要介護者向け栄養強化食品の認知度(SA)
11. 被介護者に栄養強化食品を利用したことがあるか(SA)
12. 被介護者に利用したことがある栄養強化食品の種類(MA)
13. 最も利用頻度が高い栄養強化食品の種類(SA)
14. 被介護者に利用したことがある栄養強化食品のブランド(MA)
15. 被介護者が好きなフレーバー(MA)
16. 最も利用頻度が高い栄養強化食品はどのような栄養成分が強化されたものか(MA)
17. 栄養強化食品の利用頻度(SA)
18. 栄養強化食品の利用シーン(MA)
19. 栄養強化食品を食べる(飲む)ことに積極的か消極的か(SA)
20. 栄養強化食品の購入先(MA)
21. 被介護者に栄養強化食品を利用したきっかけ(MA)
22. 栄養強化食品の効果度(SA)
23. 栄養強化食品を利用して実感した効果の内容(MA)
24. 栄養強化食品の商品評価(SA)
25. 栄養強化食品の不満点・改善点(MA)
26. 被介護者に栄養強化食品を利用したことがない理由(MA)
27. 今後、被介護者が栄養不足に陥る心配や不安を感じることがあるか(SA)
28. 今後、栄養不足によってどのような状態になることが心配・不安か(MA)
29. 被介護者の栄養不足の予防・改善のために今後対策が必要だと思うか(SA)
30. 被介護者の栄養不足の予防・改善を目的として今後取り組みたいこと(MA)
31. 今後、被介護者に栄養強化食品を利用したいか(SA)
32. 今後、被介護者に利用したい栄養強化食品の種類(MA)
33. 栄養強化食品を利用して強化したい栄養成分(MA)
34. 栄養強化食品を利用したいシーン(MA)
35. 栄養強化食品を利用することで予防・改善したい症状(MA)
36. 栄養強化食品に1 食(1 個)いくらぐらいまでなら費やしてもよいか(SA)
37. 今後、被介護者に栄養強化食品を利用したくない理由(MA)
38. 被介護者の1日あたりの食事回数(SA)
39. 被介護者の最近1ヶ月の食事内容(SA)
40. 被介護者の1 回あたりの食事量(SA)
41. 被介護者の噛む力(咀嚼力)・飲み込む力(嚥下力)の状態(SA)

■調査票


体裁:A4判コピー製本131頁+CD-ROM(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2016年11月25日
頒価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。