トップページ > フード > フード 惣菜・中食 > 2015年 アジアの外食産業調査―アジアの外食市場と参入企業の動向を探る―

2015年 アジアの外食産業調査―アジアの外食市場と参入企業の動向を探る―

2015年 アジアの外食産業調査

―アジアの外食市場と参入企業の動向を探る―

商品番号 mr110150229

この資料は、製本版完売のためPDF版となります。

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆アジアの各国の外食市場は、伸び率に差があるものの右肩上がりで成長を続けている。拡大の要因としては、@中間所得層の増加、A外食人口の拡大、Bライフスタイルや食の多様化などが挙げられる。今後の市場については、経済成長率の鈍化といった懸念材料もあるものの、引き続きプラス推移が見込まれる。

◆日本食はアジア各国において、外国料理の一つとして市場に定着している。日本食の浸透度が高い国では、料理ごとの専門店や日本の店舗と同じ味を求める傾向が強まっている。また、健康意識の向上に伴い、日本食はヘルシーな料理というイメージから、新たなユーザー層の獲得につながっている。

◆日本国内の外食企業は少子高齢化で市場が縮小するなか、海外事業を成長ドライバーとして位置づけ、アジア地域での展開に力を入れている。すなわち、アジアの外食需要を取り込むべく、既存国での店舗網拡大や新たな国への進出、ブランドの浸透及び定着、ブランドイメージの向上などに取り組む方向にある。

◆当資料では、中国(香港含む)、台湾、インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシアのアジア6カ国を取り上げ、各国の外食市場の動向や参入企業の事業展開状況などについて調査を実施。さらに、アジア地域で積極展開する日系企業主要18社を対象に、出店状況やメニュー展開状況、国別売上高、今後の方向性などについてレポートしている。

目次
【総市場編】
1.調査対象範囲
 1)対象国・対象企業
 2)為替レート
2.各国の外食産業分析
 1)国別外食産業の特徴
 2)外食産業の市場規模比較
 3)業態別比較
3.日系企業の国別参入状況
4.日系企業の店舗展開状況
 1)全体
 2)国別
5.日系企業のアジア売上高推移
 1)全体
 2)国別
6.日系企業の今後の方向性

【国別編】
1.中国
2.台湾
3.インドネシア
4.タイ
5.シンガポール
6.マレーシア

―調査項目(各国共通)―
1.国の概況
2.外食産業の概況
 1)外食産業の概要
 2)市場規模分析
3.外食産業への参入企業
 1)主な参入企業
 2)主な参入企業の動向
4.日系企業の参入状況
 1)参入時期
 2)対象企業の参入業態
 3)対象企業における店舗数推移
 4)メニュー展開と原材料の仕入れ状況
5.日系企業の売上高推移
6.外食産業の市場性と日系企業の成長性

【個別企業編】
◆株式会社吉野家ホールディングス
◆株式会社プレナス
◆株式会社大戸屋ホールディングス
◆サトレストランシステムズ株式会社
◆株式会社トリドール
◆株式会社壱番屋
◆株式会社ペッパーフードサービス
◆株式会社コロワイド
◆株式会社ドトール・日レスホールディングス
◆株式会社WDI
◆株式会社ハチバン
◆株式会社アブ・アウト
◆ワイエスフード株式会社
◆イートアンド株式会社
◆ワタミ株式会社
◆株式会社モンテローザ※
◆山崎製パン株式会社※
◆株式会社ドンク※

―調査項目―
1.アジアでの事業展開
2.年次別・国別出店状況
3.アジアでのメニュー展開状況
4.アジアにおける売上高
5.今後の方向性
※印の簡易企業は一部異なる

資料体裁:A4判 155頁
発 刊 日:2015年8月17日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。