トップページ > フード > 戦略 > 2010年 食品メーカーの通販事業戦略調査

2010年 食品メーカーの通販事業戦略調査

今後の拡大が期待される一般食品通販
2010年 食品メーカーの通販事業戦略調査

商品番号 mr0100009

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

概要
食品通販市場は、インターネットやテレビ媒体などの電子媒体を介して、毎年過去最高売上高を更新し続けている。2009年度は、対前年比4.2%増の4,420億円規模に達する状況にある。
食品通販は、消費低迷のなかでも順調に拡大を続けており、顧客のライフスタイルの変化を捉えたものといえる。価格にシビアになっている消費者にとっては価格比較のできる通販のメリットは大きい。最近は、中小・零細企業の参入も増え、競争激化は免れず、顧客の奪い合いになっている状況にある。食品メーカーの動きとしては、独自性が打ち出せ、さらに顧客フォローを効率よくできる自社通販展開が増えてきている。
当資料では、自社で通販事業を展開している主要食品メーカー25社に焦点を当て、「一般食品」及び「健康食品」の通販実態を明らかにしている。各社の通販での売上規模、商品展開状況や売れ筋商品、受発注システム、販売促進策、顧客サービスなどについての詳細レポートとなっている。

目次
調査概要

集計・分析編
1.調査対象範囲
1)調査対象媒体
2)調査対象商品
3)調査対象企業
2.通販市場の概況
3.食品通販市場の概況
4.食品通販市場規模分析
1)食品通販の市場規模推移
2)食品通販市場のシェア動向
5.調査対象メーカーの売上規模推移
1)食品メーカー25社の通販売上高
2)食品メーカー25社の分野別通販売上高
6.食品メーカー25社の通販構成比
(1)全体
(2)健康食品
(3)一般食品
(4)その他
7.個別対象企業25社の通販展開分析
1)通販参入時期と参入背景・目的
(1)参入時期
(2)通販市場参入の背景・目的
2)使用媒体分析
3)カテゴリー別アイテム構成
(1)カテゴリー別アイテム構成
(2)1社あたりのカテゴリー別平均アイテム数
(3)食品カテゴリーの企業別アイテム数
4)食品の分野別アイテム数分析
(1)分野別アイテム構成
(2)種類別アイテム構成
5)運営システム分析
6)販売促進策・顧客サービス分析
8.食品通販市場の今後の方向性

調査対象25社の通販事業編
味の素
アサヒビール
伊藤園
江崎グリコ
カゴメ
カルピス
キッコーマン
キリンホールディングス
キユーピー
サッポロホールディングス
サントリーホールディングス
宝ホールディングス
永谷園
ニチレイ
日清オイリオグループ
日清製粉グループ本社
日本ハム
ハウス食品
マルコメ
マルハニチロホールディングス
明治乳業
明治製菓
森永乳業
森永製菓
ヤクルト本社

<調査項目>(各社共通)
1.企業概要
2.通販の事業展開状況
1)通販展開
2)取扱いアイテム分類
3.商品展開分析
1)主要商品一覧
2)分野別アイテム数
4.ネット通販販売訴求ポイント
5.売上分析
6.通販の運営システムと販促
1)運営システム
2)販促内容
7.今後の方向性

資料体裁:A4判 128頁
発刊日:2010年03月01日
頒 価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。