トップページ > フード > 戦略 > 2012年 食系企業のR&D戦略調査

2012年 食系企業のR&D戦略調査

事業化へのスピードアップと海外向けR&Dの強化を進める食系企業
2012年 食系企業のR&D戦略調査

商品番号 mr130120026

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
◆食系企業を取り巻く国内市場は、少子高齢化や人口減少、金融危機以来の消費低迷などを背景に頭打ちとなっている。一方で、海外市場は新興国の経済発展に伴い需要が拡大している。こうした中、各社は国内市場の深耕、付加価値型商品への注力、海外展開の加速などの取り組みを強めている。

◆それに伴い研究開発面では、(1)研究開発部門の集約・統合によるR&D機能強化、(2)オープンイノベーションの積極活用、(3)国内市場向けの付加価値型商品の開発、(4)海外のニーズに即した商品の開発などを進めている。

◆R&Dの機能強化では、研究開発部門の集約・統合により、技術やノウハウを共有・融合することで付加価値商品の開発を進めるとともに、外部研究機関との連携を強化することで効率化を進め、事業化へのスピードを早めている。

◆付加価値型商品の開発に向けては、自社の素材や成分、技術を活かした健康・機能性製品の開発を推進。特に消費者の生活習慣病予防意識に対応した抗肥満・抗高血圧・血糖値抑制訴求型商品や女性の“アンチエイジング”や“内外美容”の浸透に対応した美容訴求型商品、高齢化に対応した介護食や流動食などの商品化が促進されている。

◆当資料では、食系企業28社の基礎・開発研究から商品開発動向をレポートしたものであり、(1)健康・機能性製品事業の推進状況、(2)R&D戦略の両面から調査・分析を行っている。

目次
調査概要

【集計・分析編】
 1.調査対象企業と健康・機能性製品の定義及び範囲
  1) 調査対象企業
  2) 健康・機能性製品の定義及び調査対象範囲
 2.食系企業28社のR&D分析
  1) 連結研究開発費及び対売上高R&D費比率
  2) 食品・飲料関連分野における研究開発費
  3) 連結における研究開発人員及びR&D人員比率
  4) 1人当たりの連結研究開発費
  5) 研究開発分野
  6) 最近の研究開発成果
  7) 健康・機能性製品の新商品の発売件数
 3.食系企業28社の特許分析
  1) 公開特許件数
  2) 分野別分析
 4.健康・機能性製品の市場分析
  1) 総市場規模分析
  2) 食系企業28社の健康・機能性製品の販売規模
 5.今後の方向性

【個別企業編】
《食品関連企業グループ》
 ・味の素株式会社
 ・キユーピー株式会社
 ・キッコーマン株式会社
 ・株式会社日清製粉グループ本社
 ・日本製粉株式会社
 ・株式会社マルハニチロホールディングス
 ・日清オイリオグループ株式会社
 ・株式会社J-オイルミルズ
 ・不二製油株式会社
 ・日本ハム株式会社
 ・株式会社ニチレイ
 ・日清食品ホールディングス株式会社
 ・日本水産株式会社
 ・ハウス食品株式会社
 ・江崎グリコ株式会社
 ・森永製菓株式会社

《飲料関連企業グループ》
 ・サントリーホールディングス株式会社
 ・キリンホールディングス株式会社
 ・アサヒグループホールディングス株式会社
 ・サッポロホールディングス株式会社
 ・宝ホールディングス株式会社
 ・株式会社ヤクルト本社
 ・大塚ホールディングス株式会社
 ・カゴメ株式会社
 ・株式会社伊藤園
 ・明治ホールディングス株式会社
 ・森永乳業株式会社
 ・雪印メグミルク株式会社

 調査項目(各社共通)
  1.研究開発体制
   1) R&Dに対する基本方針
   2) 体制図及び組織の概要
   3) 研究開発費及び陣容
   4) 主な特許の公開状況
  2.健康・機能性製品事業の展開動向
   1) R&D成果による事業展開動向
   2) 主な研究開発成果
   3) 健康・機能性製品の販売状況
   4) 健康・機能性製品の販売規模
  3.健康・機能性製品事業の方向性

資料体裁:A4判 226頁
発 刊 日:2012年3月30日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

おすすめ商品


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。