トップページ > ヘルス > 戦略 > 機能性表示食品の市場動向・マーケティング戦略調査― 「内臓脂肪・体脂肪」、「中性脂肪」、「整腸」、「骨の健康維持」、「目・視覚改善」市場が成長!各社とも機能性表示を活かした「店頭販促・広告活動・チャネル戦略」に注力―

機能性表示食品の市場動向・マーケティング戦略調査― 「内臓脂肪・体脂肪」、「中性脂肪」、「整腸」、「骨の健康維持」、「目・視覚改善」市場が成長!各社とも機能性表示を活かした「店頭販促・広告活動・チャネル戦略」に注力―

機能性表示食品の市場動向・マーケティング戦略調査

― 「内臓脂肪・体脂肪」、「中性脂肪」、「整腸」、「骨の健康維持」、「目・視覚改善」市場が成長!各社とも機能性表示を活かした「店頭販促・広告活動・チャネル戦略」に注力―

商品番号 cr110150289

価格300,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
<調査方法>
関連企業への取材とオープンデータの収集

<初回調査>
2015年4月〜9月10日までに消費者庁が公表した機能性表示食品の届出受理品目を調査・分析
調査実査日:2015年8・9月
発刊日:2015年9月30日
体裁:A4判カラーコピー製本(47頁)+CD-ROM版


<最終調査>
2015年4月〜2016年2月29日までに消費者庁が公表した機能性表示食品の届出受理品目を調査・分析
実査日:2016年2・3月
発刊日:2016年3月31日
体裁:A4判カラーコピー製本(92頁)+CD-ROM版

<頒価>
300,000円+税(2回調査分)




▼ 最終調査(2016年3月) ▼
【調査主旨と結果】
◆今回(2016年3月)の調査では、2015年4月〜2016年2月29日までに消費者庁が公表した機能性表示食品の届出受理品目を調査・分析した。調査の結果、機能性表示食品市場は、トクホと比較して、@研究開発のコストや時間がかかりにくい、A企業の責任において科学的根拠に基づいた機能性表示ができる点から、参入企業が急速に拡大。そのため、市場は加速度的に成長している。

◆届出受理品目は、前回9月調査時から141品目増加し、226品目となった。分野別でみると、「健康食品」が123品目で最も多く、次いで、「飲料」が63品目となった。以下、「菓子・デザート」「加工食品」「生鮮食品」「調味料」と続く。新たな種類としては、「スムージー」「乳酸菌飲料」「ゼリー」「ハム・ソーセージ類」などが登場し、種類の多様化が進んでいる。

◆ヘルスクレームでは、「内臓脂肪・体脂肪関連」、「中性脂肪関連」、「整腸作用」、「骨の健康維持」、「目・視覚改善」の市場規模が大きい。さらに、トクホにはなかった「記憶力維持」「視覚改善」「血流体温維持」「筋肉維持」なども登場。各社は、商品に機能性が表示できるようになったことで、@店頭でOTC等との関連販売・売り場作り、A広告表示における機能性訴求、B特定ターゲット層やチャネルを狙った販促活動を強化し、売上拡大に繋げている。

◆本調査では、機能性表示食品の市場規模を分野別、ヘルスクレーム別、ブランド別に分析。合わせて、各社の商品展開や販売促進策などについてレポートしている。当レポートが今後の機能性表示食品におけるマーケティング活動の一助となれば幸いです。

【調査内容】
1.機能性表示食品の市場規模分析
2.機能性表示食品のアイテム分析
3.分野別の品目展開状況
4.機能性表示食品の発売状況
5.機能性表示食品の販売チャネル
6.機能性表示食品の広告宣伝・販売促進策
7.機能性の評価方法
8.機能性表示食品の申請ケーススタディ
9.機能性表示食品の今後の見通し
<機能性表示食品の届出受理品目一覧>
<届出受理品目の分野別商品概要>

目次
■調査概要
■分析編
1.機能性表示食品の市場規模分析
 1)機能性表示食品の市場規模推移
 2)分野別市場規模推移
 3)分野別市場成長予測
 4)分野別・種類別市場規模構成
 5)ヘルスクレーム別市場規模推移
 6)ヘルスクレーム別市場成長予測
 7)ブランド別売上高
2.機能性表示食品のアイテム分析
 1)機能性表示食品の届出受理品目数の推移
 2)分野別品目構成
 3)種類別品目構成
 4)ヘルスクレーム別品目構成
 5)機能性関与成分別品目構成
 6)企業別品目構成
3.分野別の品目展開状況
 1)健康食品(種類別・剤型別・ヘルスクレーム別・機能性関与成分
   別)
 2)飲料(種類別・容器別・ヘルスクレーム別・機能性関与成分別)
 3)その他
4.機能性表示食品の発売状況
5.機能性表示食品の販売チャネル
6.機能性表示食品の広告宣伝・販売促進策
7.機能性の評価方法
8.機能性表示食品の申請ケーススタディ
9.機能性表示食品の今後の見通し
 1)発売後の消費者の反響
 2)発売後の消費者の声
 3)トクホとの競合予測
 4)トクホとの市場規模比較
 5)今後の課題
 6)今後の届出申請について
 7)今後、成長を見込むヘルスクレーム
 8)今後の商品開発

■データ編
<機能性表示食品の届出受理品目一覧>
<届出受理品目の分野別商品概要>




▼ 初回調査(2015年9月) ▼

【調査主旨と結果】
◆今回、2015年4月〜9月10日までに消費者庁が公表した機能性表示食品の届出受理品目を調査・分析した。

◆全体では、85品目が受理されており、健康食品や飲料、菓子・デザート、加工食品、調味料、生鮮食品といった各分野から機能性表示食品が登場している。また、機能性表示食品では、トクホにはなかった「目」や「肌」、「疲労」など新たなヘルスクレームが相次いで受理されている。複数のヘルスクレームを表示している商品も少なくなかった。

◆市場規模は、2015年度で300億円規模を超える見通し。各社によると、「目の健康維持」「疲労・ストレス」「睡眠」「関節痛」などのヘルスクレームで潜在需要が大きいと見ており、こうしたヘルスクレームの市場拡大が期待される。

◆本調査では、機能性表示食品を分野別、ヘルスクレーム別、関与成分別、企業別に分析し、市場動向や各社の取り組み状況などをまとめている。今後の機能性表示食品のマーケティング戦略に役立てれば幸いである。

【調査内容】
1.機能性表示食品のアイテム分析
2.分野別の品目展開状況
3.機能性表示食品の発売状況
4.機能性表示食品の販売チャネル
5.機能性表示食品の広告宣伝・販売促進策
6.機能性の評価方法
7.機能性表示食品の申請ケーススタディ
8.機能性表示食品の市場規模予測
9.機能性表示食品の今後の見通し
<機能性表示食品の届出受理品目一覧>
<届出受理品目の分野別商品概要>

目次
■調査概要
■分析編
1.機能性表示食品のアイテム分析
 1)機能性表示食品の届出受理品目数の推移
 2)分野別品目構成
 3)種類別品目構成
 4)ヘルスクレーム別品目構成
 5)機能性関与成分別品目構成
 6)企業別品目構成
2.分野別の品目展開状況
 1)健康食品(種類別・剤型別・ヘルスクレーム別・機能性関与成分
   別)
 2)飲料(種類別・容器別・ヘルスクレーム別・機能性関与成分別)
 3)その他(種類別・ヘルスクレーム別・機能性関与成分別)
3.機能性表示食品の発売状況
4.機能性表示食品の販売チャネル
5.機能性表示食品の広告宣伝・販売促進策
 1)広告宣伝
 2)販売促進策
6.機能性の評価方法
7.機能性表示食品の申請ケーススタディ
8.機能性表示食品の市場規模予測
 1)分野別
 2)ヘルスクレーム別
9.機能性表示食品の今後の見通し
 1)トクホとの競合予測
 2)トクホとの市場規模比較
 3)機能性表示食品市場の成長性
 4)今後、成長を見込むヘルスクレーム
 5)今後の商品開発・販売戦略

■データ編
<機能性表示食品の届出受理品目一覧>
<届出受理品目の分野別商品概要 >
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。