トップページ > ヘルス > 戦略 > 2017年 OTC医薬品企業の成長戦略レポート―主力ブランドの育成により、事業規模拡大を図るOTC医薬品企業―

2017年 OTC医薬品企業の成長戦略レポート―主力ブランドの育成により、事業規模拡大を図るOTC医薬品企業―

2017年 OTC医薬品企業の成長戦略レポート

―主力ブランドの育成により、事業規模拡大を図るOTC医薬品企業―

商品番号 mr130170321

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆指定医薬部外品を含む、2015年度のOTC医薬品市場は前年度比5.2%増の9,500億円となった。近年、OTC医薬品は訪日客によるインバウンド需要の増加が寄与し、市場が活性化している。薬効としては、解熱鎮痛薬や総合感冒薬が訪日客に支持されている。

◆OTC事業戦略としては、主力ブランドの育成を進めている企業が多い。すなわち、各社は主要ブランドにおいて、ライン拡充を進めることで消費者の多様なニーズに対応し、顧客の囲い込みを進める傾向にある。

◆次に、販売チャネルでは、多くの企業が薬系ルートを中心とした店頭販売に注力している。店頭では、商品説明を具体的に行うなど、販売効率の向上を図っている。また、一部企業においては、CVSやスーパーマーケット、調剤薬局といった新たなチャネルの開拓を進めている。

◆当資料は、主要企業14社の商品分析や販促活動、事業体制、今後の事業計画などを調査・分析することで、OTC事業での成長ポイントを探っている。

【対象商品の主な薬効】
[薬効]ビタミン含有保健剤
  (代表商品)リポビタンD、ヘパリーゼプラスなど
[薬効]かぜ薬
  (代表商品)新ルルAゴールドDX、パブロンエースAXなど
[薬効]外用鎮痛消炎剤
  (代表商品)サロンパスAe、アンメルツヨコヨコなど
[薬効]ビタミン主製剤
  (代表商品)アリナミンA、ユンケルECなど
[薬効]胃腸薬
  (代表商品)ガスター10、大正漢方胃腸薬など
[薬効]目薬
  (代表商品)NewマイティアCL-a、スマイル40EXなど
[薬効]解熱鎮痛薬
  (代表商品)バファリンA、新セデス錠、ロキソニンSなど
[薬効]漢方製剤
  (代表商品)ナイシトール85a、ストレージタイプなど
[薬効]外用湿疹・皮膚炎用薬
  (代表商品)ラマストンリキッドN、フェミニーナ軟膏Sなど
[薬効]瀉下薬
  (代表商品)コーラック、タケダ漢方便秘薬など


目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査対象範囲
 1)調査対象区分
 2)OTC医薬品の薬効別区分
2.市場概況
 1)OTC医薬品の市場変遷
 2)主要各社の商品発売状況
3.OTC医薬品の市場規模推移
 1)区分別市場規模
 2)薬効別
 3)企業別
 4)ブランド別
4.アイテム展開分析
 1)薬効別アイテム数
 2)企業別アイテム数
5.ブランド特徴
6.主要ブランドにおける販売促進活動
7.主要各社の今後の展開

【個別企業編】
1.エーザイ
2.太田胃散
3.カイゲンファーマ
4.小林製薬
5.佐藤製薬
6.塩野義製薬
7.ゼリア新薬工業
8.大幸薬品
9.大正製薬
10.第一三共ヘルスケア
11.武田薬品工業
12.久光製薬
13.ライオン
14.湧永製薬

―個別企業編調査項目―
1.企業概要
2.対象商品の品揃え状況
 1)商品一覧
 2)品揃え分析
3.売上高分析
 1)薬効別
 2)ブランド別
4.販促活動
5.事業体制
 1)販売体制
 2)生産体制
6.今後の事業計画


資料体裁:A4判 126頁
発刊日:2016年11月24日
頒価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。