トップページ > 医療用医薬品 > 患者調査 > 患者調査シリーズNo.50成人喘息の患者調査―喘息治療の実態と注射薬のニーズを探る―

成人喘息の患者調査―喘息治療の実態と注射薬のニーズを探る―

患者調査シリーズNo.50
成人喘息の患者調査

―喘息治療の実態と注射薬のニーズを探る―

商品番号 pr310160056

価格460,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆当調査では、喘息の治療で医療機関を受診し、コントローラーを使用している670人を対象に、医療機関の受診状況、コントローラーの使用状況、ICS・配合剤(ICS/LABA)の使用実態、現在の治療ステップ、治療下における喘息症状の程度、注射薬に対するニーズをポイントに集計・分析している。

◆調査結果から、治療のステップアップが考慮される“中等症持続型相当以上”の患者が、いずれの治療ステップでも1〜2割程度存在することが明らかになっている。


【調査方法】
Webアンケート調査
調査エリア:全国
調査対象:喘息治療で医療機関を受診し、かつ長期管理薬(コントローラー)を使用している20代以上の男女
サンプル数 : 670


【調査ポイント】
・医療機関の受診状況
・長期管理薬(コントローラー)の使用状況
・ICS・配合剤(ICS/LABA)の使用実態
・現在の治療ステップと喘息症状の程度
・現在の治療を考慮した重症度分類
・新しい注射薬のニーズ


目次
【調査概要】
【被験者特性】
【分析編】
1.医療機関の受診状況と助成の有無
2.現在の治療ステップ
3.ICS・配合剤(ICS/LABA)の使用ブランド・タイプ
4.治療下における現在の喘息症状
5.現在の治療を考慮した重症度の分類
6.新しい注射薬のニーズ

【集計編】
1.喘息と診断された年齢と罹病期間
 1) 喘息と診断された年齢
 2) 罹病期間
2.最初に受診した医療機関と現在受診している医療機関
 1) 最初に受診した医療機関
 2) 現在受診している医療機関
 3) 医療機関の変遷
3.最初に受診した診療科と現在受診している診療科
 1) 最初に受診した診療科
 2) 現在受診している診療科
 3) 診療科の変遷
4.現在の通院頻度と理想とする通院頻度
 1) 現在の通院頻度
 2) 理想とする通院頻度
5.喘息症状の頻度
6.喘息症状の強度
7.喘息の夜間症状
※ 頻度・強度・夜間症状から見た喘息症状の評価
8.リリーバーの使用状況
9.ピークフロー値
10.ピークフロー値の日内変動
11.治療に対する評価
12.成人後の救急・夜間外来受診の経験
13.成人後の入院経験
14.入院期間
15.1 ヶ月あたりの治療費(自己負担額)
16.ICS・配合剤(ICS/LABA)の使用状況
 1) 使用ブランド
 2) 使用タイプ
17.ICS・配合剤(ICS/LABA)を1 日何吸入・何回使用してい
   るか
※ ステロイドの1 日使用量
18.ICS・配合剤(ICS/LABA)の使用頻度
 1) 全体
 2) ブランド別
19.ICS・配合剤(ICS/LABA)を週1 日以上使用しないことが
   ある(あった)理由
20.ICS・配合剤(ICS/LABA)を医師の指示通りに使用してい
   るか
21.ICS・配合剤(ICS/LABA)で自覚したことのある副作用
 1) 全体
 2) ブランド別
22.ICS・配合剤(ICS/LABA)で自覚した副作用の程度
23.ICS・配合剤(ICS/LABA)を吸入できているかどうか
24.ICS・配合剤(ICS/LABA)の吸入器・吸入方法に対する不
   満点
 1) 全体
 2) ブランド別
25.吸入指導の経験
26.吸入指導を誰から受けたか
27.吸入指導を受けてみたいか
28.LABA の使用ブランド
29.テオフィリンの使用ブランド
30.LTRA の使用ブランド
31.経口ステロイド(OCS)の使用ブランド
32.経口ステロイド(OCS)をどのように感じているか
33.経口ステロイド(OCS)の副作用について医師から説明を
   受けたか
34.経口ステロイド(OCS)で自覚したことのある副作用
 1) 全体
 2) ブランド別
35.経口ステロイド(OCS)で自覚した副作用の程度
36.どのような特徴があれば新しい注射薬を使用したいと思う
   か
37.経口ステロイド(OCS)から新しい注射薬に切り替えたい
   か
38.月30,000 円の自己負担額でどのような効果があれば新しい
   注射薬を使用したいか
39.新しい注射薬を使用する際のポイント
40.ゾレアの使用状況
41.スピリーバの使用状況
※ コントローラーの使用状況
 1) 全体
 2) 重症度別
※ 治療ステップ
※ 現在の治療を考慮した喘息重症度の分類
42.現在使用している喘息治療薬の総合満足度
43.喘息治療薬に対する不満点
44.アレルギー・呼吸器疾患の併発状況
45.治療費の助成を受けているか

【調査票】


体裁:A4判カラーコピー製本131頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編(PDF・パワーポイント)・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2015年12月15日
頒 価:460,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。