トップページ > 医療用医薬品 > 患者調査 > 患者調査シリーズNo.51難治性掻痒の患者調査―“痒み”に対する治療薬の使用実態と評価、注射薬のニーズを探る―

難治性掻痒の患者調査―“痒み”に対する治療薬の使用実態と評価、注射薬のニーズを探る―

患者調査シリーズNo.51
難治性掻痒の患者調査

―“痒み”に対する治療薬の使用実態と評価、注射薬のニーズを探る―

商品番号 pr310160061

価格460,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
【調査主旨】
◆当調査では、アトピー性皮膚炎、肝疾患(B型肝炎/C型肝炎/肝癌)、腎疾患(慢性腎不全)、悪性リンパ腫のいずれかの疾患で医療機関を受診し、かつ痒みの症状を感じている470名を対象に、痒み症状の実態、日中・夜間の痒みの程度、痒みに処方されている外用薬・内服薬、処方薬に対する評価、痒みに対する注射薬のニーズ等をポイントに集計・分析している。

◆調査結果から、処方薬は痒みに対する“効果”や“塗りやすさ/使いやすさ”で比較的評価が高く、痒みに対する“速効性”や“持続性”、“薬剤費”で相対的に評価が低いことがわかった。


【調査方法】
Webアンケート調査
調査エリア:全国
調査対象:アトピー性皮膚炎、肝疾患、腎疾患、悪性リンパ腫のいずれかの疾患で医療機関を受診し、かつ痒みの症状を感じている20代以上の男女
サンプル数:470


【調査ポイント】
・対象患者の痒み症状の実態
・痒みがQOLに与える影響
・痒みの程度(日中(昼間)および夜間)
・痒みに対する治療薬の使用実態
・処方薬に対する評価
・痒みに対する注射薬のニーズ


目次
【調査概要】
【被験者特性】
【分析編】
1.痒みがQOLに与える影響
2.痒みの程度[日中(昼間)]
3.痒みの程度[夜間]
4.処方されている外用薬
5.処方されている内服薬
6.処方薬に対する評価・満足度[薬剤別]
7.処方薬に対する評価・満足度[原疾患別]
8.痒み治療に対する注射薬のニーズ

【集計編】
1.原疾患を初めて診断された年齢
2.現在の痒み症状が継続している期間
3.痒みのある部位
4.痒み症状がある部位に皮膚症状があるか
5.痒みと皮膚症状のどちらが先に出たか
6.結節性痒疹の部位別個数
7.痒みの感覚
8.1日に何回くらい痒みを感じているか
9.どのような時に痒みを感じることが多いか
10.痒みが日常生活上どのようなことに影響を与えているか
11.痒み症状を医師・看護師に相談したことがあるか
12.痒み症状がどの程度気になっているか
13.痒みの程度を評価する検査の実施状況
14.日中(昼間)の痒みの程度
 1) 一番ひどかった期間
 2) 現在
15.夜間の痒みの程度
 1) 一番ひどかった期間
 2) 現在
16.痒み症状に対する治療意向
17.透析治療の種類
18.血液透析もしくは血液濾過透析を行っている頻度
19.痒み症状が出たのは透析治療を開始する前か後か
20.痒み症状に処方されている外用薬(塗り薬)
 1) 種類別
 2) 原疾患/種類別
 3) ブランド別
 4) 原疾患/ブランド別
21.外用薬(塗り薬)の使用頻度[1週間あたりの使用日数]
22.外用薬(塗り薬)の使用頻度[1日あたりの使用回数]
23.外用薬(塗り薬)のコンプライアンス状況
24.外用薬(塗り薬)を医師の指示通りに使用していない理由
25.外用薬(塗り薬)の連続使用期間
26.外用薬(塗り薬)の副作用
27.痒み症状に処方されている内服薬(飲み薬)
 1) 種類別
 2) 原疾患/種類別
 3) ブランド別
 4) 原疾患/ブランド別
28.内服薬(飲み薬)を処方されている医療機関
29.内服薬(飲み薬)を処方されている診療科
30.内服薬(飲み薬)の服用頻度[1週間あたりの服用日数]
31.内服薬(飲み薬)の服用頻度[1日あたりの服用回数]
32.内服薬(飲み薬)のコンプライアンス状況
33.内服薬(飲み薬)を医師の指示通りに服用しなかった理由
34.内服薬(飲み薬)の連続服用期間
35.内服薬(飲み薬)の副作用
36.「レミッチ」/「ノピコール」の使用経験
37.「レミッチ」/「ノピコール」の使用(服用)に対する理解
38.「レミッチ」/「ノピコール」を医師から勧められた経験があるか
39.「レミッチ」/「ノピコール」を医師から勧められたがこれまで使用していない理由
40.痒みの治療で使用(服用)している薬の評価
41.痒みの治療に対する重要度
42.痒みの治療で使用(服用)している薬の不満点
43.痒みと炎症(皮膚症状)のどちらを優先的に改善したいか
44.痒みもしくは炎症(皮膚症状)を優先的に改善したい理由
 1) 痒み
 2) 炎症(皮膚症状)
45.同じくらいの効果があるときにどの薬を最も使用したいか
46.どのくらいの頻度であれば注射薬を使用したいか
47.1ヶ月の費用が上限いくらくらいまでなら注射薬を使用したいか

【調査票】


体裁:A4判カラーコピー製本140頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編(PDF・パワーポイント)・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2016年6月29日
頒 価:460,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。