トップページ > フード > 2017年 冷凍パン・スイーツの市場分析調査―時短・簡便ニーズを満たす商品として外食市場で需要拡大―

2017年 冷凍パン・スイーツの市場分析調査―時短・簡便ニーズを満たす商品として外食市場で需要拡大―

2017年 冷凍パン・スイーツの市場分析調査

―時短・簡便ニーズを満たす商品として外食市場で需要拡大―

商品番号 mr110170360

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆2016年度の冷凍パン・スイーツの市場規模は、前年比3.3%増の753億円となった。冷凍食品市場に占める割合は5.6%と小さいものの、その割合は年々増加傾向にある。同市場が伸長している要因としては、人手不足、熟練者不足の課題を抱えるサービス業界において、現場での時短・簡便ニーズを満たす商品として、外食市場を中心に需要が増加していることが挙げられる。特に、インバウンド需要の拡大からホテル業界が活況を呈しており、ビュッフェやバンケット等における商品ニーズが高まっている。

◆上記の外食チャネルの他、冷凍スイーツについては、病院・介護施設向け給食向けのニーズが拡大している。同チャネルでは、ユニバーサルデザインフードや、高齢者が好む和菓子の需要が高まっている。また、学校給食については、アレルギーに配慮したデザートのニーズが拡大している。また、冷凍パンについては、ベーカリー向けが堅調に推移。量販店内のインストアベーカリーが増加しており、売場が拡大していることから、商品ニーズが増加している。なお、家庭用商品についてのニーズは、パン・スイーツとも現状限定的であり、商品数も限られている。

◆当該資料では、拡大する冷凍パン・スイーツ市場を分野別・種類別・用途別などにより調査・分析。さらに、商品政策や販売促進策など参入企業の動向を明らかにし、冷凍パン・スイーツ市場のさらなる活性化に向けたマーケティング活動に役立つレポートとして提案している。

【調査期間】
2017年3月〜5月


目次
【調査概要】
【市場編】
1. 調査対象範囲
 1)市場概況
 2)調査対象範囲
2. 商品品揃え分析
 1)分野別・カテゴリー別品揃え
 2)分野別・種類別品揃え
 3)用途別品揃え
 4)メーカー別品揃え
  @1社あたりの品揃え
  Aメーカー別品揃えランキング
  Bメーカー別・冷凍パンの品揃え状況
  Cメーカー別・冷凍スイーツの品揃え状況
  Dメーカー別・用途別品揃え状況
3. 市場規模分析
 1)冷凍食品市場に占める冷凍パン・スイーツの市場規模推移
 2)冷凍パン・スイーツの分野別市場規模推移
 3)冷凍パンの市場規模推移
  @カテゴリー別市場規模推移
  A種類別市場規模推移
 4)冷凍スイーツの市場規模推移
  @カテゴリー別市場規模推移
  A種類別市場規模推移
 5)冷凍パン・スイーツの用途別市場規模推移
4. メーカー別シェア分析
 1)メーカー別シェア
 2)分野別・メーカー別シェア
  @冷凍パンのメーカー別シェア
  A冷凍スイーツのメーカー別シェア
5. 主要各社の商品政策
 1)冷凍パン
 2)冷凍スイーツ
6. 販売チャネルと販促活動
 1)主要各社の販売チャネル
 2)販促活動
7. 今後の市場性と主要各社の事業展開
 1)今後の市場予測
 2)主要各社の今後の事業展開


【個別企業編】
《主要企業》
◆テーブルマーク
◆味の素冷凍食品
◆日本製粉
◆日東ベスト
◆潟jチレイフーズ
◆潟сイサンフーズ
◆昭和冷凍食品
◆マルハニチロ
◆日清フーズ

―調査項目(各社共通)―
1.企業概要
2.商品一覧
3.品揃え分析
 1)用途別品揃え
 2)分野別品揃え
 3)種類別品揃え
4.売上高分析
 1)分野別売上高
 2)用途別売上高
 3)業務用チャネル別売上高
 4)ブランド別売上高(一部企業)
5.商品政策
6.販売方法と販促活動
7.今後の事業展開

◆その他参入企業一覧



資料体裁:A4判 110頁
発刊日:2017年5月31日
頒価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。