トップページ > フード > 2019年 ベーカリーチェーン要覧―こだわりの素材や製法で独自性を打ち出した商品の開発が進む―

2019年 ベーカリーチェーン要覧―こだわりの素材や製法で独自性を打ち出した商品の開発が進む―

2019年 ベーカリーチェーン要覧

―こだわりの素材や製法で独自性を打ち出した商品の開発が進む―

新刊

商品番号 mr110190466

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆2017年度のベーカリー市場は、前年比2.1%減の4,756億円となった。近年、同市場は右肩下がりで推移しており、2010年度比では13.7%減と大きく縮小している。長引く不況の影響から、節約志向の強い消費者の需要が流通パンにシフトしていることに加え、人手不足の影響もあり、多くのベーカリーが苦戦している。

◆一方で、一部のベーカリーについては好調に推移している。ここ数年は、「高級食パン」専門店が注目を集め、店舗数が増加している。高級食パンは、日常に食すものとしては高級ながら、ご褒美需要などのプチ贅沢ニーズに対応しているほか、手土産・ギフト需要も取り込んでいる。

◆ベーカリー各社の強化策としては、地域性や店舗の立地条件にあったエリア商品や店舗オリジナルの商品を展開したり、素材や製法にこだわった商品を充実させたりして、店舗の独自性をアピールしている。こうした中で、昨今は「健康志向」の商品開発を推進する企業が多くなっている。具体的には、栄養価の高い粉やオーガニック食材を使用した商品や、ヴィーガンや低糖質の商品の展開がみられる。また、従来の店舗ブランドとは一線を画す新業態をオープンし、新規顧客の開拓を図る企業もみられる。

◆当該資料は、ベーカリーの市場を種類別・地域別に分析するとともに、原材料マーケットを調査。さらに、全国232社のベーカリーチェーンの売上高、店舗展開状況、商品構成、原材料の仕入れなどについてもレポートしている。

【調査期間】
2019年2月〜2019年5月


目次
【調査概要】
【集計・分析編】
1.調査範囲
 1)ベーカリーの調査範囲
 2)調査対象企業数
2.ベーカリーチェーンの店舗展開状況
 1)全国
 2)北海道
 3)東北
 4)関東
 5)甲信越
 6)北陸
 7)東海
 8)近畿
 9)中国
 10)四国
 11)九州・沖縄
3.ベーカリーのマーケット分析
 1)市場推移
 2)種類別市場規模推移
 3)地域別市場規模
 4)企業別シェア
  @全体
  A種類別
4.ベーカリーチェーン企業の地域別売上高ランキング
 1)北海道
 2)東北
 3)東京
 4)関東
 5)甲信越・北陸
 6)東海
 7)近畿
 8)中国
 9)四国
 10)九州
5.原材料マーケット分析
6.原材料供給メーカー
7.ベーカリー原材料の仕入先一覧
8.調査対象ベーカリー12社の店舗展開状況
9.調査対象ベーカリー12社の商品展開状況
10.調査対象ベーカリー12社の主要仕入先及び窓口
11.調査対象ベーカリー12社の今後の方向性

【個別企業編】
◆株式会社マーメイドベーカリーパートナーズ
◆フジパンストアー株式会社
◆株式会社ドンク
◆株式会社ヴィ・ド・フランス
◆株式会社アンデルセン
◆株式会社Crustホールディングス(乃が美)
◆株式会社ポンパドウル
◆株式会社オカノベーカリー
◆株式会社スイートスタイル
◆株式会社ブーランジェリーエリックカイザージャポン
◆株式会社サンメリー
◆株式会社アクア

―調査項目(各社共通)―
1.企業概要
2.店舗展開状況
3.主要商品一覧
4.ベーカリー売上高
 1)総売上高に占めるベーカリー売上の比率
 2)種類別/地域別売上高
5.原材料の主要仕入先及び窓口
6.ベーカリー事業の特色及び今後の方向性
 1)特色
 2)今後の方向性

[地域別ベーカリーチェーン]
◆北海道
◆東北
◆東京
◆関東
◆甲信越・北陸
◆東海
◆近畿
◆中国・四国
◆九州


資料体裁:A4判194頁
発刊日:2019年5月23日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。