トップページ > ドリンク・デザート > 2017年 和・洋スイーツメーカーのアジア戦略調査―アジア7ヵ国のスイーツ専門店市場と日系企業の動向を探る―

2017年 和・洋スイーツメーカーのアジア戦略調査―アジア7ヵ国のスイーツ専門店市場と日系企業の動向を探る―

2017年 和・洋スイーツメーカーのアジア戦略調査

―アジア7ヵ国のスイーツ専門店市場と日系企業の動向を探る―

商品番号 mr120170366

価格87,000円(+税)

CD-ROM(レポートPDFを収録)を同時に購入する
レポートを購入いただいた方に限り販売しております。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆2016年度のアジア7か国のスイーツ専門店市場は、前年比9.7%減の1兆2,311億1,000万円となった。2016年度は、為替が円高になったことで減少しているが、現地通貨ベースでは増加している。アジア各国のスイーツ専門店市場は、伸長率に差はあるものの右肩上がりで成長を続けている。拡大している要因としては、中間所得層の増加や食の多様化などが挙げられる。

◆こうした中で、日系企業は、日本国内の市場が少子高齢化により頭打ちとなっていることから、海外の市場開拓を進めている。中でも、アジア地域は距離的に日本と近く、日本ブランドへの関心も高いことから、アジア地域を重点地域として注力している企業が増えている。展開地域も、東アジアや東南アジアからインドなどの南アジア、UAEやカタールなどの中東など進出国も多岐にわたっている。

◆当資料では、中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポール、マレーシアのアジア7ヵ国を取り上げ、各国のスイーツ専門店市場の動向について調査を実施。さらに、アジア地域に積極的に展開している日系企業9社を対象に、出店状況や商品展開状況、国別売上高、今後の方向性などについてレポートしている。

【調査期間】
2017年4月〜2017年7月


目次
【調査概要】
【総市場編】
1.調査対象範囲
 1)対象国・対象企業
 2)為替レート
2.各国のスイーツ専門店市場の分析
 1)国別のスイーツ専門店市場の特徴
 2)スイーツ専門店の市場規模比較
3.日系企業の国別参入状況
4.日系企業の店舗展開状況
 1)全体
 2)国別
5.日系企業のアジア売上高推移
 1)全体
 2)国別
6.日系企業の今後の方向性

【国別編】
■中国
■香港
■台湾
■韓国
■タイ
■シンガポール
■マレーシア

―調査項目―
1.国の概況
2.スイーツ専門店市場の概況
 1)スイーツ専門店市場の概要
 2)市場規模分析
3.スイーツ専門店市場への参入企業
 1)現地・外資系の参入企業
 2)日系企業の参入状況
 3)対象企業の店舗数推移
4.日系企業の売上高推移
5.スイーツ専門店の市場性と日系企業の成長性

【個別企業編】
■BAKE
■シャトレーゼ
■シュゼット
■モロゾフ
■モンシェール
■ユーハイム
■ヨックモック
■ロイズコンフェクト
■麦の穂

―調査項目―
1.アジアでの事業展開動向
2.国別店舗展開状況
3.アジアでの店舗運営状況
4.アジアにおける売上高
 1)全体に占める海外の売上高
 2)アジア地域の売上高
5.アジア地域における今後の方向性



資料体裁:A4判 91頁
発刊日:2017年7月7日
頒価:87,000円(税別)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。