トップページ > ドリンク・デザート > 2020年 東南アジアの乳製品市場―“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”により拡大する東南アジア市場―

2020年 東南アジアの乳製品市場―“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”により拡大する東南アジア市場―

2020年 東南アジアの乳製品市場

―“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”により拡大する東南アジア市場―

新刊

商品番号 mr120200486

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆東南アジア4ヵ国の乳製品市場(円換算)は、2018年度で前年比3.1%増の9,799億5,000万円となっている。国別でみると、ベトナムが9%台のプラス推移で最も伸長率が高い。同国では、機能性成分を豊富に含有した商品の需要拡大やフレーバーやサイズ・容器の多様化など、ラインアップの拡充も進んでいる。次いで、タイでは前年比6.9%増となった。同国では、主に牛乳類やヨーグルトが牽引役となって順調な推移を示した。

◆乳製品市場全体の拡大の背景としては、“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”が主な要因として挙げられる。“健康意識の高まり”については、東南アジア諸国で生活習慣病患者の増加や医療費の向上、政府の啓もう活動などにより、国民間でセルフメディケーションの概念が浸透。そのため、健康機能を有するヨーグルト・乳酸菌飲料や健康機能を付加した乳製品の需要が拡大している。

◆また、“食生活の多様化”について、東南アジア地域では近年、ファストフードや日本食レストランといった外資系・日系外食チェーンの参入が活発化。各チェーンが展開するチーズやバターを使用したメニューが各国において日常的に食べられるようになり、チーズやバターそのものについてもニーズが高まっている。

◆そのほか、東南アジア地域で事業を展開するメーカーでは近年、事業強化を図る動きが目立っている。具体的には新商品の上市や生産能力の強化により、需要の取り込みを図るケースが多くみられる。一例として、ヤクルト本社は2018年にタイで「Yakult Light」を上市。また、Nestleでは、2019年にインドネシアにおいて3工場の拡張を実施し、ブランド力の強化を進めている。

◆そのほか、新規参入の動きもみられる。日系企業の六甲バターは、新チーズブランド「Emina」によりマレーシアへ進出。また、Coca-Colaは「Nutriboost」ブランドより液状乳の販売を開始し、ベトナム市場への参入を果たしている。

◆当資料では、今後も成長が見込まれる東南アジア4ヵ国における乳製品市場をカテゴリー別、メーカー別で調査・分析。さらに、参入企業や商品トレンド、今後の市場性などから多角的に実査・分析を行い、東南アジア地域への進出の一助となるレポートとしている。

【調査対象国】
◆タイ
◆ベトナム
◆インドネシア
◆マレーシア

【調査期間】
2019年6月〜2019年11月


目次
【調査概要】
【総括編】
1.調査概要
 1)調査目的
 2)調査対象地域
 3)調査対象範囲
 4)調査対象企業
 5)為替レート
2.東南アジア4ヵ国における規格基準制度
3.主な参入企業
 1)現地企業
 2)外資系企業
 3)日系企業
4.調査対象4ヵ国の市場分析
 1)国別市場規模
 2)カテゴリー別市場規模
5.東南アジア4ヵ国の商品トレンド
6.主な販売チャネル
7.今後の市場性
 1)調査対象4ヵ国の市場規模予測
 2)今後の展開

【国別編】
◆タイ
1.タイの概況
 1)タイの基本情報
 2)タイの食生活
2.調査対象範囲
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)外資系企業
 3)日系企業
5.乳製品市場の沿革
6.市場分析
 1)市場規模
 2)カテゴリー別
 3)メーカー別
7.商品トレンド
8.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
9.今後の市場性
 1)市場規模予測
 2)今後の展開
<参考>アイテム展開状況

◆ベトナム
1.ベトナムの概況
 1)ベトナムの基本情報
 2)ベトナムの食生活
2.調査対象範囲
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)外資系企業
 3)日系企業
5.乳製品市場の沿革
6.市場分析
 1)市場規模
 2)カテゴリー別
 3)メーカー別
7.商品トレンド
8.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
9.今後の市場性
 1)市場規模予測
 2)今後の展開
<参考>アイテム展開状況

◆インドネシア
1.インドネシアの概況
 1)インドネシアの基本情報
 2)インドネシアの食生活
2.調査対象範囲
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)外資系企業
 3)日系企業
5.乳製品市場の沿革
6.市場分析
 1)市場規模
 2)カテゴリー別
 3)メーカー別
7.商品トレンド
8.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
9.今後の市場性
 1)市場規模予測
 2)今後の展開
<参考>アイテム展開状況

◆マレーシア
1.マレーシアの概況
 1)マレーシアの基本情報
 2)マレーシアの食生活
2.調査対象範囲
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)外資系企業
 3)日系企業
5.乳製品市場の沿革
6.市場分析
 1)市場規模
 2)カテゴリー別
 3)メーカー別
7.商品トレンド
8.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
9.今後の市場性
 1)市場規模予測
 2)今後の展開
<参考>アイテム展開状況


資料体裁:A4判141頁
発刊日:2019年11月25日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。