トップページ > ドリンク・デザート > 2020年 チルド飲料の市場分析調査―健康付加価値商品の投入が相次ぐチルド飲料市場―

2020年 チルド飲料の市場分析調査―健康付加価値商品の投入が相次ぐチルド飲料市場―

2020年 チルド飲料の市場分析調査

―健康付加価値商品の投入が相次ぐチルド飲料市場―

新刊

商品番号 mr120200504

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆2018年度のチルド飲料市場は、金額で前年比1.6%減の5,776億円となった。内訳はNBチルド飲料が4,908億5,000万円、PBチルド飲料が867億5,000万円となった。同市場においては、年々PB商品の割合が拡大。主にCVSチェーンのPBブランドが成長を続けている。一方、NBチルド飲料については、野菜系飲料、果汁飲料、紅茶飲料、茶系飲料が拡大したものの、コーヒー(乳)飲料、ミックス乳飲料、乳酸菌飲料が苦戦を強いられている。

◆こうしたなかで、NBチルド飲料の参入各社は健康付加価値商品の投入を推進。特に主力ブランドでの機能性表示食品の投入が相次いだ。具体的には、「ヤクルト」(ヤクルト本社)、「ラブレ」(カゴメ)でブランド初の機能性表示食品が上市。腸内環境改善について納得感を付与するとともに、「ヤクルト」ではヘルスクレームを増やすことで健康価値の向上を図った。

◆また、嗜好性機軸のブランドでも新たに健康訴求の商品を投入することで、顧客層の拡大を図る動きが活発化している。例えば、雪印メグミルクは「Dole」で目の不調の軽減、一時的な精神的ストレス・疲労感の緩和を訴求した商品を投入し、デスクワーカーの取り込みを図っている。

◆2019年度は2018年比4.0%減の5,542億5,000万円となる見込み。NBチルド飲料は同4.1%減の4,707億円、PBチルド飲料は同3.7%減の835億5,000万円となる見通し。NBチルド飲料は引き続き健康価値を訴求した商品が拡大するものの、前年度の反動や天候不順、ドライ商品との競合により苦戦が続くとみられる。

◆当資料では、チルド飲料市場について調査・分析。特に、機能性訴求で活性化を図るNBチルド飲料の市場動向を調査している。各カテゴリーの販売動向や商品開発ポイントに加え、主要12社の新製品展開状況や販売戦略などを明らかにすることで、今後のチルド飲料事業を展開する上で一助となるデータを提供する。

【調査期間】
2019年10月〜2020年3月


目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査概要
 1)調査目的
 2)チルド飲料の定義
 3)調査対象企業
 4)調査方法
 5)その他の留意点
2.市場の沿革
3.品目分析
 1)企業別
 2)ブランド別
 3)種類別
 4)容器別
 5)容量別
 6)フレーバー別
 7)保存期間別
4.商品政策分析
 1)企業別
 2)種類別
5.市場分析
 1)全体
 2)企業別
 3)ブランド別
 4)チャネル別
 5)種類別
 6)容器別
 7)容量別
 8)フレーバー別
 9)保存期間別
6.生産・流通動向
 1)メーカー別原料および生産状況
 2)チルド飲料の流通動向
 3)メーカー別流通動向
7.販促活動
8.今後の展開
 1)今後の市場性
 2)主要企業の今後の展開

【個別企業編】
◆森永乳業
◆ヤクルト本社
◆カゴメ
◆雪印メグミルク
◆キリンホールディングス
◆アサヒグループホールディングス
◆エルビー
◆明治
◆江崎グリコ
◆伊藤園
◆サントリーホールディングス
◆マルサンアイ

―調査項目 ※一部異なる―
1.企業概要
2.チルド飲料品目分析
 1)商品一覧
 2)アイテム分析
3.商品政策
4.チルド飲料の販売実績
 1)販売実績推移
 2)ブランド別販売実績
 3)チャネル別販売実績
 4)種類別販売実績
 5)その他販売構成
 6)種類別×容量別販売構成
5.生産・流通体制
 1)原料および生産状況
 2)流通体制
6.販促活動
7.今後の展開と見通し


資料体裁:A4判193頁
発刊日:2020年3月19日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。