トップページ > ヘルス > 2020年 東南アジアの健康食品市場―高齢化の進行と運動人口の増加に対応した商品が需要を獲得―

2020年 東南アジアの健康食品市場―高齢化の進行と運動人口の増加に対応した商品が需要を獲得―

2020年 東南アジアの健康食品市場

―高齢化の進行と運動人口の増加に対応した商品が需要を獲得―

商品番号 mr220200490

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆2018年度の東南アジア5ヶ国(タイ・インドネシア・ベトナム・マレーシア・シンガポール)における健康食品の市場規模(円換算)は、前年度比3.8%増の5,441億円で推移している。同地域では、所得の向上やライフスタイルの変化、少子高齢化の進行などにより生活習慣病患者の増加が社会問題となっている。このため、各国政府が医療費削減や食生活改善などの取り組みを進めた結果、各国国民の間で健康やセルフメディケーションに対する意識が高まり、健康食品に対するニーズは拡大している。

◆商品としては、高齢化の進行に伴い、DHA/EPAやイチョウ葉エキスを配合した脳機能/記憶力改善を謳った商品の利用が増えている。また、日頃から運動を行う消費者も増加しており、タンパク質やアミノ酸などの筋力維持を謳った商品が人気を集めている。東南アジア各国では今後も高齢化の進行や運動人口の増加が進むとみられることから、これら消費者のニーズに対応した商品が需要を獲得することで市場拡大に寄与する見通し。

◆参入企業としては、各国ともMLM企業が多くなっている。東南アジアではMLMに対する規制が厳しくなく消費者の抵抗感も少ないことから、MLM企業は積極的に事業を展開している。また現地企業としては、ハーブや漢方を使用した医薬品を製造している製薬企業が自社の製造技術を活用して健康食品市場に参入するケースが多くなっている。なお日系企業では、サントリーホールディングスが「Brand’s」ブランドでチキンエキスや燕の巣飲料を展開しており、特にタイやシンガポールにおいて高いシェアを獲得している。

◆当資料では、近年の経済発展などにより消費国として注目されている東南アジア5ヶ国の健康商品市場を、参入企業や市場規模、商品トレンドなど多角的に調査・分析を行い、同地域に参入している主要各社の展開状況や各国市場における今後の展望などについてもレポートしている。

【調査対象国】
◆タイ
◆インドネシア
◆ベトナム
◆マレーシア
◆シンガポール

【調査期間】
2019年12月〜2020年3月


目次
【調査概要】
【総市場編】
1.調査概要
 1)調査目的
 2)調査対象地域
 3)調査対象範囲
 4)調査対象企業
 5)為替レート
2.東南アジア5ヶ国の健康食品における規格基準制度
3.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
4.東南アジア5ヶ国の市場分析
 1)国別市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
5.東南アジア5ヶ国の商品トレンド
6.東南アジア3ヶ国の品目分析
 1)国別×剤型別展開状況
 2)国別×成分別展開状況
 3)国別×効果・効能別展開状況
7.主な販売チャネル
8.今後の市場性

【国別編】
●タイ
1.調査範囲
2.健康食品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の健康意識
3.規格基準制度
4.健康食品市場の沿革
5.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
6.市場分析
 1)市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
 5)メーカー別シェア
7.商品トレンド
8.品目分析
9.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
10.今後の展開

<現地企業(タイ)>
◆Giffarine Skyline Unity
◆Ouayun Osoth
◆NBD HealthCare
◆MEGA Lifesciences
◆Sappe
◆Scotch Industrial
◆Biopharm Chemicals
◆Asian Phytoceuticals
◆Thai Herbal Products
◆Twinlotus
◆Charming World International
◆RS
◆The British Dispensary

―調査項目―
1.商品概要
2.売上高

●インドネシア
1.調査範囲
2.健康食品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の健康意識
3.規格基準制度
4.健康食品市場の沿革
5.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
6.市場分析
 1)市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
 5)メーカー別シェア
7.商品トレンド
8.品目分析
9.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
10.今後の展開

<現地企業(インドネシア)>
◆Industri Jamu Dan Farmasi Sido Muncul
◆Kalbe Farma
◆Citra Nusa Insan Cemerlang
◆Soho Global Health
◆Tempo Scan Pacific
◆Djojonegoro C-1000
◆Radiant Sentral Nutrindo
◆Jaya Sportindo
◆Natural Nutrindo
◆Darya-Varia Laboratoria

―調査項目―
1.商品概要
2.売上高

●ベトナム
1.調査範囲
2.健康食品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の健康意識
3.規格基準制度
4.健康食品市場の沿革
5.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
6.市場分析
 1)市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
 5)メーカー別シェア
7.商品トレンド
8.品目分析
9.販売ルートおよび販売方法
 1)主な販売ルート
 2)主要企業の販促活動
10.今後の展開

<現地企業(ベトナム)>
◆Vietnam Dairy Products
◆Nutifood Nutrition Food
◆DHG Pharmaceutical
◆OPC Pharmaceutical
◆Ich Nhan Pharmaceutical
◆Vinh Gia Pharmaceutical
◆Asia Euro Pharmaceutical
◆Nam Duoc
◆Domesco Medical Import Export
◆Traphaco
◆Bibica Corporation
◆ECO Pharma
◆Vietnam Flour Corporation
◆Phuc Vinh Pharmaceutical
◆Tam Binh Pharmaceutical Trading And Manufacturing Company
◆Dong A Pharmaceutical Trading Company

―調査項目―
1.商品概要
2.売上高

●マレーシア
1.調査範囲
2.健康食品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の健康意識
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
5.市場分析
 1)市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
 5)メーカー別シェア
6.商品トレンド

●シンガポール
1.調査範囲
2.健康食品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の健康意識
3.規格基準制度
4.主な参入企業
 1)現地企業
 2)日系企業
 3)外資系企業
5.市場分析
 1)市場規模
 2)剤型別市場規模
 3)チャネル別市場規模
 4)成分別市場規模
 5)メーカー別シェア
6.商品トレンド


資料体裁:A4判188頁
発刊日:2020年3月23日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。