トップページ > 医療用医薬品 > 2012年 世界の泌尿器・生殖器薬市場

2012年 世界の泌尿器・生殖器薬市場

β3受容体作動薬の登場でOAB市場は新たな拡大の兆し
2012年 世界の泌尿器・生殖器薬市場

商品番号 mr310120059

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
◆泌尿器・生殖器薬の日・米・欧3極における市場規模は、2011年度で 7,979億円となっている。
◆薬効別に見ると、前立腺肥大症(BPH)・排尿障害市場では「ハルナール」/「Flomax」の後発品によるシェア浸食が厳しくなる中、「ユリーフ」/「Rapaflo」/「Urorec」や「Avodart」群が伸長。さらに「Cialis」が米国で2011年10月にBPH適応を取得して、市場参入を果たした。これら薬剤が市場規模の落ち込みに歯止めをかけるかが注目される。
◆頻尿・尿失禁市場では、「ベシケア」が日・米・欧3極で大型製品へと成長を遂げている。また、世界初のβ3受容体作動薬となる「ベタニス」/「Myrbetriq」が日本で2011年9月に、米国で2012年7月に発売され、欧州でも2013年3月までに発売予定である。同剤が抗コリン薬と棲み分けながら普及して、市場に新たな成長をもたらすと期待される。
◆勃起不全市場では、「Cialis」がEDとBPHを併発する患者への適応拡大を米国で2011年10月に取得したことで、今後も市場の成長を牽引していくとみられる。また、2012年4月に米国で4番目のPDE5阻害剤となる「Stendra」が承認。同剤が先行品からシェアを獲得できるか注目される。
◆このほか、参入各社は泌尿器・生殖器疾患を新興国市場攻略のための重点領域と位置付けた成長戦略を推進している。この戦略の基、各社は新興国市場への製品投入および臨床開発や、製品導入、販売提携、企業買収を活発化している。
◆当資料では泌尿器・生殖器薬の市場および開発動向を日・米・欧3極を中心に調査・分析し、さらに参入各社の製品ラインアップ、展開地域、開発状況、今後の戦略をレポートしている。

目次
【世界市場編】
 1.調査範囲
 2.対象疾患の概要
   《頻尿・尿失禁(過活動膀胱)》
   《前立腺肥大症》
   《勃起不全》
 3.泌尿器・生殖器薬の主要製品
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《腹圧性尿失禁》
   《その他疾患》
 4.泌尿器・生殖器薬の市場分析(日・米・欧)
  1)地域別市場規模
  2) 薬効別市場規模
  3)メーカー別シェア
  4) ブランド別売上高ランキング
 5.開発中の泌尿器・生殖器薬
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全・性機能障害》
   《その他疾患》
 6.今後の市場予測

【日本市場編】
 1.日本における泌尿器・生殖器疾患の患者状況
   《前立腺肥大症》
 2.泌尿器・生殖器薬の主要製品
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《その他疾患》
 3.泌尿器・生殖器薬の市場分析
  1)薬効別市場規模
  2)メーカー別シェア
  3)ブランド別シェア
 4.泌尿器・生殖器薬の薬効別ブランド別シェア
  1) 前立腺肥大症・排尿障害改善薬
  2)頻尿・尿失禁治療薬
  3)勃起不全治療薬
 5.開発中の泌尿器・生殖器薬
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《その他疾患》
 6.今後の市場予測

【米国市場編】 
 1.泌尿器・生殖器薬の主要製品
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《その他疾患》
 2.泌尿器・生殖器薬の市場分析
  1)薬効別市場規模
  2)メーカー別シェア
  3)ブランド別シェア
 3.泌尿器・生殖器薬の薬効別ブランド別シェア
  1)前立腺肥大症・排尿障害治療薬
  2)頻尿・尿失禁治療薬
  3)勃起不全治療薬
 4.開発中の泌尿器・生殖器薬
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《その他疾患》
 5.今後の市場予測

【欧州市場編】
 1.泌尿器・生殖器薬の主要製品
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《腹圧性尿失禁》
   《その他疾患》
 2.泌尿器・生殖器薬の市場分析
  1)薬効別市場規模
  2)メーカー別シェア
  3)ブランド別シェア
 3.泌尿器・生殖器薬の薬効別ブランド別シェア
  1)前立腺肥大症・排尿障害治療薬
  2)頻尿・尿失禁治療薬
  3)勃起不全治療薬
 4.開発中の泌尿器・生殖器薬
   《前立腺肥大症・排尿障害》
   《頻尿・尿失禁》
   《勃起不全》
   《その他疾患》
 5.今後の市場予測


【個別企業編】
◆日本企業◆ 
 ◎アステラス製薬
 ◎大鵬薬品工業
 ◎日本新薬
 ◎旭化成ファーマ
 ◎あすか製薬
 ◎キッセイ薬品工業
 ◎杏林製薬
 ◎小野薬品工業
 ◎第一三共
 ◎エーザイ
 ◎武田薬品工業
 ◎大日本住友製薬
 ◎田辺三菱製薬
 ◎久光製薬
 ◎東レ

◆海外企業◆ 
 ◎Pfizer
 ◎Eli Lilly
 ◎GlaxoSmithKline
 ◎Bayer HealthCare
 ◎Recordati
 ◎Watson Pharmaceuticals
 ◎Allergan
 ◎Warner Chilcott
 ◎東亜製薬


《個別企業調査項目(各社共通)》
 1.製品展開
 2.販売状況
 3.開発状況
 4.販売高
  1)地域別販売高
  2)種類別販売高
 5.今後の市場見通しと展開


資料体裁:A4判 120頁
発 刊 日:2012年9月10日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。