トップページ > 医療用医薬品 > 2016年 国内における先発品/GE競合分析調査<糖尿病>―糖尿病治療薬におけるGE浸透度を金額ベース、量ベースで調査・分析―

2016年 国内における先発品/GE競合分析調査<糖尿病>―糖尿病治療薬におけるGE浸透度を金額ベース、量ベースで調査・分析―

2016年 国内における先発品/GE競合分析調査<糖尿病>

―糖尿病治療薬におけるGE浸透度を金額ベース、量ベースで調査・分析―

商品番号 mr310160324

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


>>>個別成分編:ピオグリタゾン サンプル



概要
【調査主旨】
◆日本における糖尿病治療薬の市場規模は、2015年度で前年度比6.6%増の約4,890億円と拡大推移している。先発品では、圧倒的なシェアを占めるDPP-4阻害剤が引き続き拡大しているほか、SGLT2阻害剤やGLP-1作動薬も好調に推移している。

◆国内の糖尿病治療薬のうち、2016年10月現在でGEが承認されているのは11成分となっている。これらの11成分の中で、最も参入企業数が多いのはグリメピリド(先発品名「アマリール」)。以下、ピオグリタゾン(同「アクトス」)、ボグリボース(同「ベイスン」)、エパルレスタット(同「キネダック」)と続く。

◆当資料では、国内で展開されている糖尿病治療薬の市場や開発状況を調査・分析。さらに、個別成分編として計32成分についての製品展開状況や販売高、及び独自に算出した販売量をレポートしている。

【調査対象】
◆DPP-4阻害剤
◆GLP-1作動薬
◆インスリン製剤
◆SGLT阻害剤
◆インスリン抵抗性改善薬
◆α-グルコシダーゼ阻害剤
◆速効型インスリン分泌促進剤
◆ビグアナイド系薬
◆アルドース還元酵素阻害剤
◆SU剤 など


目次
【調査概要】
【集計編】
1.日本の糖尿病の実態
2.糖尿病薬の主要製品一覧
 @先発品一覧
 AGEの企業展開状況
 B主要糖尿病薬の平均薬価推移(インスリンを除く)
3.糖尿病薬の市場規模
 1)種類別市場規模
 2)先発品の企業別シェア
 3)ブランド別シェア
 4)種類別・ブランド別シェア
  《SU剤》《ビグアナイド系薬》
  《インスリン抵抗性改善薬》《α-グルコシダーゼ阻害剤》
  《速効型インスリン分泌促進剤》
  《DPP-4阻害剤》
  《SGLT2阻害剤》
  《GLP-1作動薬》
  《インスリン製剤》
 5)成分別シェア(先発品/GE)
  《先発品/GEの販売高比較》
   @2009年度以降の販売高推移
   A2015年度の先発品/GE販売高比率
  《先発品/GEの販売量比較》(インスリンを除く)
   @2009年度以降の販売量推移
   A2015年度の先発品/GE販売量比率
4.開発中の糖尿病関連薬
 《DPP-4阻害剤》《GLP-1作動薬》
 《SGLT阻害剤》《速効型インスリン分泌促進剤》
 《インスリン製剤》《その他糖尿病薬》
 《糖尿病性合併症治療薬》
5.今後の市場予測

【個別成分編】
[GE展開あり]
 ◆グリベンクラミド
 ◆グリクラジド
 ◆グリメピリド
 ◆メトホルミン
 ◆ピオグリタゾン
 ◆アカルボース
 ◆ボグリボース
 ◆エパルレスタット
 ◆ナテグリニド
 ◆ミチグリニド
 ◆インスリン製剤(※バイオシミラー)
[GE展開なし]
 ◆ミグリトール
 ◆レパグリニド
 ◆シタグリプチン
 ◆ビルダグリプチン
 ◆アログリプチン
 ◆リナグリプチン
 ◆テネリグリプチン
 ◆アナグリプチン
 ◆サキサグリプチン
 ◆トレラグリプチン
 ◆オマリグリプチン
 ◆イプラグリフロジン
 ◆トホグリフロジン
 ◆ルセオグリフロジン
 ◆ダパグリフロジン
 ◆カナグリフロジン
 ◆エンパグリフロジン
 ◆リラグルチド
 ◆エキセナチド
 ◆リキシセナチド
 ◆デュラグルチド

―個別成分編調査項目―
☆成分概要
☆製品一覧
☆販売高と販売量
 (年度別推移、先発品/GE別割合)
 ※販売量算出は経口剤のみ


資料体裁:A4判 100頁
発刊日:2016年10月31日
頒価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。