トップページ > ケミカル > 2019年 ケミカルメーカーの再生医療事業戦略調査―再生医療市場の拡大を支えるケミカルメーカーの事業戦略とは?―

2019年 ケミカルメーカーの再生医療事業戦略調査―再生医療市場の拡大を支えるケミカルメーカーの事業戦略とは?―

2019年 ケミカルメーカーの再生医療事業戦略調査

―再生医療市場の拡大を支えるケミカルメーカーの事業戦略とは?―

新刊

商品番号 mr410180438

価格97,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査趣旨】
◆2013年以降、ケミカルメーカーによる再生医療事業への本格参入が活発化している。この背景には、再生医療・細胞医薬品市場が拡大していること、国・地方自治体が再生医療の研究開発や早期事業化に向けたバックアップを強めていることが挙げられる。

◆再生医療関連製品・サービス事業の2017年度における市場規模は、前年度比20.0%増の390億円となった。拡大要因としては、再生医療製品において、新薬開発や既存薬の適応拡大を背景に、関連する消耗品や製造機器、輸送サービスなど周辺産業の需要が拡大していることが挙げられる。

◆2018年以降も市場の拡大が期待され、2020年には660億円、2030年には3,600億円の規模が予測される。特に、臓器移植分野や慢性疾患分野を中心に細胞製品の上市が加速するとみられる。これに伴い、製造・研究用機器や受託製造・開発サービス等の周辺産業の需要が加速的に増大すると予測される。

◆本資料では、@細胞、足場材などの製品・消耗品類、A再生医療用機器・施設類、B再生医療用製造・開発受託などその他サービスの3事業を対象に、その市場を分析・予測、さらにケミカルメーカーを中心にした事例研究を行っている。具体的には、事業展開、製品展開、売上高、推進体制、技術開発動向についてレポートしている。当資料が、今後の事業戦略の策定に資するものになれば幸いである。

【調査期間】
2018年7月〜2018年11月


目次
【調査概要】
【集計編】
1.調査概要
 1)定義
 2)調査対象範囲
 3)調査対象企業
 4)市場概況
2.再生医療関連の法・制度
3.主要参入企業一覧
4.再生医療関連企業の参入経緯
5.主要企業の再生医療事業展開
6.再生医療・細胞医薬品の市場規模
 1)日・米における市場規模
 2)種類別
 3)今後の市場性
7.再生医療関連製品・サービス事業の市場規模
 1)総市場
 2)種類別
 3)企業別シェア
8.調査対象企業の主要提携状況(2017/4〜2018/7)
9.主要企業の研究開発動向
10.今後の市場性
 1)今後の市場予測
 2)主要企業の今後の展開

【個別企業編】
◆富士フイルムHD
◆三菱ケミカルHD
◆タカラバイオ
◆日産化学
◆住友化学
◆住友ベークライト
◆新田ゼラチン
◆味の素
◆日立化成
◆カネカ
◆東ソー
◆旭化成
◆大日本印刷
◆ニッピ
◆横河電機
◆AGC
◆Athersys
◆Vericel
◆Organogenesis
◆Fibrocell
◆Mesoblast
◆Pluristem

―個別企業編調査項目―
1.企業概要
2.主要製品の展開状況
3.売上高
4.再生医療事業の推進体制
5.主要提携状況(2017/4〜2018/7)
6.研究開発動向
7.今後の展開


資料体裁:A4判130頁
発刊日:2018年11月30日
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。