トップページ > 海外関連 > ビューティー > 2012年 東南アジアの化粧品市場

2012年 東南アジアの化粧品市場

中間層の消費拡大がけん引する東南アジア市場
2012年 東南アジアの化粧品市場

商品番号 mr210120050

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
◆東南アジア5カ国(タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、ミャンマー)の化粧品市場は、2011年度で5.8%増の5,864.5億円となっている。同地区では近年、経済発展と所得の増加により中間層が拡大。また、潜在需要が大きい低所得者層向けのBOP(Base/Bottom Of Pyramid)ビジネスも活発化している。さらに、同地区では若年人口が非常に多く、中長期で消費市場の成長が期待できるほか、商業施設の近代化が進行し、消費者の利便性が向上している点も個人消費の拡大に寄与している。このため、今後も個人の旺盛な消費意欲を背景に、化粧品市場はいっそう拡大する見通しとなっている。

◆主要企業の動向としては、Unileverが「LUX」からボディケアの新シリーズを導入したほか、P&Gがヘアケアブランドの「Head & Shoulders」を刷新するとともに「パンテーン」の新シリーズを投入している。日系企業ではマンダムが「ギャツビー」の洗顔料やボディ洗浄料を刷新。さらに、資生堂が最高級ブランドの「クレ・ド・ポー ボーテ」のスキンケアシリーズを刷新するとともに、新しいメイクアップシリーズを導入するなど、各社が積極的に展開している。

◆分野では、アンチエイジングや美白、日焼け止めなどを訴求したスキンケア商品をはじめ、洗浄に加えて機能性を追求したシャンプーやヘアスタイリング剤などのヘアケア商品がけん引。このほか、現地のニーズに合わせた香りを配合した洗浄料やデオドラントなどのボディケア商品の需要が高くなっている。

◆当資料では、東南アジア5カ国の化粧品市場を調査・分析するとともに、主要企業の展開ブランドや売上規模、生産・販売状況や販売促進活動などについてレポートしている。

目次
【総市場編】
 1.対象地域の概況
  1)地域定義
  2)商品定義
  3)参入企業の特性
  4)為替レート
 2.化粧品市場の市場規模
  1)国別市場規模
  2)分野別市場規模
  3)企業別売上高
  4)ブランド別売上高
 3.事業拠点

【市場編・タイ】
 1.タイの化粧品市場概況
 2.化粧品市場の市場規模
  1)分野別市場規模
  2)企業別売上高
  3)ブランド別売上高
 3.各社の拠点
  1)参入経緯
  2)事業拠点地域および拠点内容
 4.展開ブランド
  1)ブランド一覧
  2)近年の動向
 5.販売方法
 6.今後の市場性

【市場編・インドネシア】
 1.インドネシアの化粧品市場概況
 2.化粧品市場の市場規模
  1)分野別市場規模
  2)企業別売上高
  3)ブランド別売上高
 3.各社の拠点
  1)参入経緯
  2)事業拠点地域および拠点内容
 4.展開ブランド
  1)ブランド一覧
  2)近年の動向
 5.販売方法
 6.今後の市場性

【市場編・ベトナム】
 1.ベトナムの化粧品市場概況
 2.化粧品市場の市場規模
  1)分野別市場規模
  2)企業別売上高
  3)ブランド別売上高
 3.各社の拠点
  1)参入経緯
  2)事業拠点地域および拠点内容
 4.展開ブランド
  1)ブランド一覧
  2)近年の動向
 5.販売方法
 6.今後の市場性

【市場編・マレーシア】
 1.マレーシアの化粧品市場概況
 2.化粧品市場の市場規模
  1)分野別市場規模
  2)企業別売上高
  3)ブランド別売上高
 3.各社の拠点
  1)参入経緯
  2)事業拠点地域および拠点内容
 4.展開ブランド
  1)ブランド一覧
  2)近年の動向
 5.販売方法
 6.今後の市場性

【市場編・ミャンマー】
 1.ミャンマーの化粧品市場概況
 2.化粧品市場の市場規模
  1)分野別市場規模
  2)企業別売上高
 3.各社の参入経緯
 4.展開ブランド
 5.販売方法
 6.今後の市場性

【個別企業編】
 ●株式会社資生堂
 ●株式会社コーセー
 ●花王株式会社
 ●株式会社カネボウ化粧品
 ●株式会社ライオン
 ●株式会社マンダム
 ●ロート製薬株式会社
 ●L‘Oreal
 ●The Procter & Gamble Company
 ●Unilever N.V.
 ●株式会社ミルボン
 ●株式会社ポーラ
 ●日本メナード化粧品株式会社
 ●株式会社ディーエイチシー
 ●その他の注目企業
     (株式会社ウテナ、株式会社ハーバー研究所、
      クラシエホームプロダクツ株式会社、株式会社ノエビアホールディングス)

 《調査項目〈各社共通〉※一部異なる》
 1.事業展開
  1)進出国と拠点
  2)参入経緯
 2.展開ブランド
 3.売上高
  1)国別売上高
  2)分野別売上高
  3)ブランド別売上高
 4.販売方法
 5.今後の方向性

資料体裁:A4判 118頁
発 刊 日:2012月8月21日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら

おすすめ商品

2016年 東南アジアの化粧品市場

―ニーズが多様化し、消費圏として注目が高まる東南アジア市場―

価格 87,000円(+税)

この資料は、製本版完売のためPDF版となります。


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。