トップページ > 医療用医薬品 > 尋常性白斑の患者調査―治療実態と満足度、新薬の受容性とニーズを探る―

尋常性白斑の患者調査―治療実態と満足度、新薬の受容性とニーズを探る―

患者調査シリーズNo.81
尋常性白斑の患者調査

―治療実態と満足度、新薬の受容性とニーズを探る―

新刊

商品番号 pr310200120

価格540,000円(+税)

◆購入商品を選択してください。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


>>>調査票サンプルデータ


概要
【調査趣旨】
◆当調査では、尋常性白斑の治療で医療機関を受診している370人を対象に、白斑症状の程度(大きさ)、治療の実態や評価(満足度)、白斑症状が生活に与える影響(QOL状況)、新しい治療薬(飲み薬、塗り薬、注射薬)に対するニーズ等を集計・分析している。

◆調査結果より、尋常性白斑の治療では全体の6〜7割が塗り薬、4割が飲み薬を使用し、2割が光線療法を行っているが、治療に対して十分に満足されているとはいえない。また、新しい治療薬(これまでの治療薬よりも改善効果が高い薬/現在の薬剤費よりも高くなる)のうち、塗り薬は8割、飲み薬と注射薬は6〜7割の人で使用意向が高いことが判明している。


【調査方法】
■Webアンケート調査
■調査エリア:全国
■調査対象:尋常性白斑の治療で医療機関を受診している20歳以上の男女
■サンプル数:370


【調査ポイント】
■医療機関を受診するまでの経緯
■医療機関の受診状況
■白斑症状の大きさ(体全体の白斑面積)
■現在行っている治療内容
■使用している治療薬(塗り薬・飲み薬)
■治療満足度(治療薬/治療全体)
■新しい治療薬(飲み薬・塗り薬・注射薬)のニーズ


【調査期間】
2020年11月


目次
【調査概要】
【被験者特性】
【分析編】
1.医療機関を受診するまでの経緯
2.白斑症状の大きさと医療機関の受診状況
3.治療実態@(全体)
4.治療実態A(塗り薬)
5.治療実態B(飲み薬)
6.治療薬(塗り薬・飲み薬)の満足度
7.治療薬(塗り薬・飲み薬)の不満点
8.治療全体の総合満足度
9.しい治療薬のニーズ@(毎日使用する塗り薬)
10.新しい治療薬のニーズA(毎日服用する飲み薬)
11.新しい治療薬のニーズB(1ヶ月に1回あるいは2ヶ月に1回投与する注射薬)

【集計編】
1.初めて白斑症状が出た年齢
 1)初めて白斑症状が出た年齢
 2)初めて白斑症状が出てから現在までの期間(平均値)
 3)初めて白斑症状が出てから現在までの期間(SA)
2.初めて白斑症状が出てから医療機関を受診するまでの期間
3.医療機関を受診したきっかけ
4.診断された尋常性白斑のタイプ(病型)
5.尋常性白斑が再発した経験
6.白斑症状が回復した後に再発するまでの期間
7-1.白斑症状の大きさ
 1)頭部(頭・顔・首)
 2)上肢(手・腕・ひじ)
 3)体幹(胸・腹部(下腹部を含む)・背中)
 4)体幹(おしり)
 5)下肢(脚・足・ひざ)
 6)体全体
7-2.各部位における白斑面積割合
 1)頭部(頭・顔・首)
 2)上肢(手・腕・ひじ)
 3)体幹(胸・腹部(下腹部を含む)・背中・おしり)
 4)下肢(脚・足・ひざ)
8.尋常性白斑の重症度
 1)最初に診断された重症度
 2)現在(直近に)診断されている重症度
9.これまでに受診したことがある/現在受診している医療機関
 1)これまでに受診したことがある医療機関(MA)
 2)現在受診している医療機関(SA)
10.医療機関の受診頻度
 1)医師から指示された受診頻度
 2)実際の受診頻度
 3)受診頻度の遵守状況
11.尋常性白斑と併発している疾患
12.尋常性白斑の治療を自ら中断した経験はあるか
13.尋常性白斑の治療を自ら中断した理由
14.尋常性白斑の治療法
 1)これまでに行ったことがある治療
 2)現在行っている治療
15.現在使用している塗り薬
16.塗り薬の連続使用期間
 1)全体
 2)ブランド別
17.現在服用している飲み薬
18.飲み薬の連続服用期間
 1)全体
 2)ブランド別
19.治療薬の使用(服用)遵守状況
 1)塗り薬
 2)飲み薬
20,医師の指示通りに塗り薬を使用していない理由
21.医師の指示通りに飲み薬を服用していない理由
22.尋常性白斑の治療薬における満足度
 1)効果
 2)使用しやすさ(塗りやすさ/飲みやすさ)
 3)使用(服用)頻度
 4)副作用
 5)(効果に対する)薬剤費
23.尋常性白斑の治療薬について不満に感じている点
 1)不満に感じている点(MA)
 2)最も不満に感じている点(SA)
24.光線療法の実施頻度
25.光線療法の連続実施期間
26.経過観察の実施期間
27.治療全体の総合満足度
28.治療方法や治療薬の決定状況
29.医師に相談したことがある内容
30.医師とのコミュニケーション満足度
31.尋常性白斑の治療による1ヶ月あたりの治療費(自己負担額)
32.新しい治療薬の使用意向
 1)(毎日使用する)塗り薬
 2)(毎日服用する)飲み薬
 3)(1ヶ月に1回あるいは2ヶ月に1回投与する)注射薬
33.新しい治療薬の使用意向が低い理由
 1)(毎日使用する)塗り薬
 2)(毎日服用する)飲み薬
 3)(1ヶ月に1回あるいは2ヶ月に1回投与する)注射薬
34.新しい塗り薬を使用する際に重要度が高い項目
35.新しい飲み薬を使用する際に重要度が高い項目
36.新しい注射薬を使用する際に重要度が高い項目
37.新しい治療薬における1ヶ月あたりの治療費(自己負担額)の上限
 1)(毎日使用する)塗り薬
 2)(毎日服用する)飲み薬
 3)(1ヶ月に1回あるいは2ヶ月に1回投与する)注射薬
38.尋常性白斑により直近1週間で生活にどの程度影響があったか
 1)尋常性白斑により直近1週間で生活にどの程度影響があったか
 2)DLQIスコア(平均値)
 3)DLQIスコア(SA)
39.尋常性白斑により日常生活で困っていること
 1)日常生活で困っていること(MA)
 2)最も困っていること(SA)
40.尋常性白斑の治療に関する情報の入手先
 1)情報の入手先(MA)
 2)最も参考になる情報の入手先(SA)
41.インターネットにおける尋常性白斑の治療に関する情報の入手先
 1)使用しているサイト(MA)
 2)最も参考にしているサイト(SA)

【調査票】


体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
発刊日:2020年12月23日
頒価:540,000円(税抜)


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。