トップページ > ドリンク・デザート > チャネル > コンシューマーレポートNo.191カップ式自販機の利用実態とニーズ―強み・弱みが明らかに!今後の強化ポイントを探る―

コンシューマーレポートNo.191カップ式自販機の利用実態とニーズ―強み・弱みが明らかに!今後の強化ポイントを探る―

コンシューマーレポートNo.191
カップ式自販機の利用実態とニーズ

―強み・弱みが明らかに!今後の強化ポイントを探る―

商品番号 cr610140242

価格360,000円(+税)

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨と結果】
◆これまで、カップ式自販機は“できたて”や“手作り感”などを売りに存在価値を高めてきた。しかし、「缶、PET飲料」や「カフェチェーン」などとの競合を背景に、設置台数や販売金額の低迷が続いている。さらに、近年は「CVSのカウンターコーヒー」との顧客獲得競争が加わり、カップ式自販機のテコ入れが急務となっている。

◆こうした背景のもと、今回はカップ式自販機の利用実態を探るべく、1年以内にカップ式自販機の飲料を購入した10〜60代の男女624人を対象にアンケート調査を実施した。

◆調査の結果、7割以上の人はカップ式自販機を「月に1回以下」のペースで利用しており、“日常的”というより“時々”利用する人が大半であることがわかった。また、利用機会はここ数年でほとんど変わらず、今後も大幅な需要増加は見込めない可能性が示された。このことから、カップ式自販機の弱みである「設置台数の少なさ」「利便性の低さ」「味覚面」の改良が求められる他、細かな要望にも目を向けて顧客満足度を高めていく必要がある。

◆この他、カップ式自販機と競合するチャネルや飲料との使い分け状況も分析し、今後カップ式自販機に有効なマーケティング施策を提示している。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:1年以内にカップ式自販機で飲料を購入した10〜60代の男女624人

【調査内容】
1.カップ式自販機の利用実態
 ・利用頻度
 ・利用した時間帯、ロケーション、シーン
 ・購入した飲料の種類
 ・購入ポイント など
2.カップ式自販機の評価
 ・満足点と不満点
 ・カップ式自販機を利用する理由
3.カップ式自販機の競合商品
 ・カップ式自販機と購入を迷った飲料
 ・購入を迷った時の使い分け状況
4.今後の利用意向
 ・利用機会の増減
 ・今後利用したいロケーション、飲料
 ・今後カップ式自販機に期待すること

目次
■調査概要
■調査票
■被験者特性
■分析編
1. カップ式自販機の利用実態
 1) 利用状況
 2) 利用先と購入した飲料
2. カップ式自販機の評価
3. カップ式自販機とその他チャネル・飲料との競合状況
4. 今後カップ式自販機に期待すること
 1) 全般的な要望
 2) 品揃え、設置場所に関する要望
 3) カップ式自販機のコーヒーの訴求ポイント

■集計編
1. カップ式自販機の利用頻度(SA)
2. 利用したカップ式自販機の設置場所(MA/SA)
3. カップ式自販機の利用シーン(MA)
4. カップ式自販機で購入した飲料の飲用場所(MA)
5. カップ式自販機の利用時間帯(SA)
6. カップ式自販機の季節別利用状況(SA)
7. カップ式自販機で購入した飲料(MA/SA)
8. カップ式自販機の飲料の購入価格(SA)
9. カップ式自販機の飲料の温度帯(SA)
10. コーヒー・紅茶の飲み方【普段との比較】(SA)
11. カフェオレの飲み方【普段との比較】(SA)
12. 普段使用するミルクのタイプ(MA)
13. コーヒー・紅茶にミルクを入れる理由(MA)
14. カップ式自販機で購入したコーヒーのタイプ(SA)
15. 購入商品決定のタイミング(SA)
16. カップ式自販機での購入ポイント(MA)
17. カップ式自販機の利用機会増減(SA)
18. カップ式自販機の利用機会が増えた理由(MA)
19. 利用機会が減った飲料(MA)
20. カップ式自販機の利用機会が減った理由(MA)
21. 利用機会が増えた飲料(MA)
22. カップ式自販機と購入を迷った飲料(MA)
23. 購入を迷った時の使い分け状況(MA)
24. カップ式自販機の満足点(MA)
25. カップ式自販機の不満点(MA)
26-1. コーヒーのタイプ別満足点(MA)
26-2. カップ式自販機のコーヒーの満足点(MA)
27-1. コーヒーのタイプ別不満点(MA)
27-2. カップ式自販機のコーヒーの不満点(MA)
28. 今後のカップ式自販機の利用機会増減(SA)
29. カップ式自販機の利用機会が増える理由(MA)
30. カップ式自販機の利用機会が減る理由(MA)
31. 今後カップ式自販機を増やしてほしい場所(MA)
32. カップ式自販機で充実させてほしい飲料(MA)
33. 今後のカップ式自販機の飲料の上限価格(FA)
34. カップ式自販機に期待すること【商品について】(MA)
35. カップ式自販機に期待すること【商品以外について】(MA)
36. カップ式自販機に期待すること(FA)
37. カップ式自販機に対する考え方(SA)

体裁:A4判カラーコピー製本132頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編
(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2014年1月31日
頒 価:360,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。