トップページ > ドリンク・デザート > 飲料 > 2016年 飲料トレンド・高付加価値アイテムの市場分析調査―フレーバーウォーター、ボトル缶コーヒー等、注目の飲料カテゴリーを徹底分析―

2016年 飲料トレンド・高付加価値アイテムの市場分析調査―フレーバーウォーター、ボトル缶コーヒー等、注目の飲料カテゴリーを徹底分析―

2016年 飲料トレンド・高付加価値アイテムの市場分析調査

―フレーバーウォーター、ボトル缶コーヒー等、注目の飲料カテゴリーを徹底分析―

商品番号 mr120160264

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆清涼飲料市場は今、革新を必要としている。その背景には、消費税増税や景気低迷、消費者ニーズの多様化など、ヒットが出にくい状況がある。しかし、このような状況下にあっても、社会背景や消費者ニーズに合致した革新的なコンセプトを提案することで急成長しているカテゴリーがある。

◆具体的には、炭酸の刺激を強めた「ストロング炭酸飲料」、海外トレンドから火がついた「スムージー」、これまでのニアウォーターとは一線を画す価値を提案する「フレーバーウォーター」、栄養価の高さで美容と健康に良いとされる「植物性ミルク」などが挙げられる。

◆さらには、コーヒー飲料から「ボトル缶コーヒー」を抽出。ボトル缶コーヒーは、利便性と高付加価値ニーズから注目されており、低迷する缶コーヒー飲料の需要喚起策として各社が注力している。また、参考としてRTDの枠を越え、「CVSカウンターコーヒー」にも考察・分析している。「CVSカウンターコーヒー」は2013年度に急成長し、現在も市場拡大し続けている。

◆当該資料では、こうした消費者のニーズを捉えた提案で成長する飲料8カテゴリーを抽出し、調査分析を行った。各カテゴリーの市場を明らかにするとともに、ブランド分析を行うことで、新たな飲料カテゴリーの商品開発の一助となるデータとして提案したい。

【調査対象】トレンド・高付加価値アイテム(8カテゴリー + 参考)
★ストロング炭酸飲料
★スムージー
★フレーバーウォーター
★国内産地指定ドリンク
★エナジードリンク
★熱中症対策飲料
★植物性ミルク
★ボトル缶コーヒー
 参考:CVSカウンターコーヒー

目次
【調査概要】
【集計編】
1.調査対象カテゴリー
2.商品開発経緯
3.参入企業特性
4.トレンド・高付加価値アイテムの市場規模
5.今後の市場規模予測

【市場編】
◎ストロング炭酸飲料
―刺激を高めて大人層の取り込みを図る―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)ストロング炭酸飲料市場と炭酸飲料市場の比較
 2)ストロング炭酸飲料の市場規模推移
 3)炭酸飲料市場とストロング炭酸飲料市場のメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎スムージー
―認知度が高まっているスムージーのRTDにおける需要拡大を狙う―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)スムージー市場と果汁/野菜系飲料市場の比較
 2)スムージーの市場規模推移
 3)スムージーのメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎フレーバーウォーター
―これまでにないフレーバーで需要を獲得。まだまだ伸び代のある市場に各社が注目!―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)フレーバーウォーター市場とミネラルウォーター市場の比較
 2)フレーバーウォーターの市場規模推移
 3)ミネラルウォーターとフレーバーウォーターのメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎国内産地指定ドリンク
―地域の特産品を使用し、飲料で季節を彩る―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)国内産地指定ドリンク市場と飲料総市場の比較
 2)国内産地指定ドリンクの市場規模推移
 3)飲料総市場と国内産地指定ドリンク市場のメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎エナジードリンク
―ターゲット、飲料シーン・目的において新価値を提案し、新規ユーザーの掘り起こしへ―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)エナジードリンク市場と健康系飲料市場の比較
 2)エナジードリンクの市場規模推移
 3)健康系飲料市場とエナジードリンク市場のメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎熱中症対策飲料
-カテゴリーの多様化で、市場は急成長-
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)熱中症対策飲料市場とスポーツ・機能性ドリンク市場の比較
 2)熱中症対策飲料の市場規模推移
 3)スポーツ・機能性ドリンク市場と熱中症対策飲料市場のメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎植物性ミルク
―欧米で人気!第3のミルクの国内需要の定着を狙う―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)植物性ミルク市場と豆乳飲料市場の比較
 2)植物性ミルクの市場規模推移
 3)豆乳飲料と植物性ミルクのメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎ボトル缶コーヒー
―低迷する缶コーヒー市場のカンフル剤となりうるか―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.ブランド分析
5.市場規模推移
 1)ボトル缶コーヒー市場とRTDコーヒー市場の比較
 2)ボトル缶コーヒーの市場規模推移
 3)RTDコーヒーとボトル缶コーヒーのメーカー別シェア比較
6.販促活動
7.今後の市場性

◎《参考》CVSカウンターコーヒー
―CVSのカフェ化が加速し、カウンターコーヒー市場は拡大―
1.市場概況
2.発売経緯
3.商品展開状況
 1)商品一覧
 2)アイテム集計
4.CVSカウンターコーヒーのコンセプト、商品特性
5.市場規模推移
6.今後の市場性

資料体裁:A4判 108頁
発 刊 日:2015年11月17日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。